東京新聞杯2018_結果回顧 リスグラシューが東京芝1600m重賞を2勝目


 後傾の中弛みラップ(=この条件としては緩急の大きい展開)+少し前有利かつ内外フラットの重めの芝で、前・内に付けたキレ(=トップスピードと急加速力)上位馬が有利。 ただ、馬場の影響で軽いキレがやや削がれていた印象あり。  東京新聞杯2018の回顧をしていきます。
回顧記事 目次



芝の馬場傾向 回顧馬場傾向 回顧よりコピペ)

東京競馬場 : 開催2/4週目、Dコース使用2/4週目。木午後~金雪

 少し前有利+内外フラットで、時計レベルは少し掛かる↓?? 好走している血統は(日曜12Rまで、計10レース)、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×16、Mr. Prospector系×6、Hail to Reason系(非SS系。Roberto系など)×4、Northern Dancer系×3、その他×1で、推測される芝質は「重めの芝(前週比:少し重くなる)」

 2週目の東京芝をまとめると、「少し前有利+内外フラットの重めの芝、時計レベルは少し掛かる↓??」


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?



ラップタイムの評価

2018 35.4-24.6-34.1 =1'34"1良↑・少掛?
G3+OP 35.3-23.7-34.1 =1'33"2標準?(2012~16、古馬G3+OP、良馬場、計13レース)


※「3F-2F-3F =8F」で表記


 ラップタイムを例年や平均と比べて評価すると、テン少し早く、中盤かなり緩く、上がりが早い。後傾の中弛みラップ=この条件としては緩急の大きい展開で、展開上は前・内に付けたキレ(=トップスピードと急加速力)上位馬が有利。 ただ、馬場の影響で軽いキレがやや削がれていた印象あり。

レース後のコメント(ラジオNIKKEI)



リスグラシュー(55.0kg・前走比+1.0kg/小柄↑)

挙動:
 ゲート普通~わずかに遅い、はじめだけ押して好位~中団前目。 3・4角中団、内から3頭分?? 直線、馬場の真ん中(~内目)を終いまでしぶとく伸びて差し切る。
短評:
 馬場-展開と能力適性がやや一致? 心配していたキレ不足を時計のやや掛かる馬場でフォローできたとはいえ、心配していた先行力をはじめ総合力に成長を見せて優勝。ヴィクトリアマイル当週の高速馬場向きではなさそうですが、今後の走りも楽しみです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:18'東京新聞杯 55.0kg)
 ツナギは長さ普通(胴の長さ普通、後脚やや長い)、やや細い、角度普通(蹄はやや寝る)。直飛節? 軽めの芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝のマイル~1800m◎??(2000m▲??) 荒れ馬場▲??道悪▲-??(馬場適性をレース振りから重めに寄せる) ゲート:▲~▲-↑?? 先行力:F-底力(=ハイペース耐性)E-(甘め)? キレE-(甘め)? 持続力E(甘め)? 総合力でE(甘め)?相当 斤量注(小柄↑)



サトノアレス(57.0kg・前走比+2.0kg/キレ優位)

挙動:
 ゲート少し遅い、はじめだけ押すも後方から。 3・4角後方(→最後方)、内から1・2頭分? 直線、最内→内をキレる脚で伸びて2着。
短評:
 前後不利、内外やや有利(展開)、展開と能力適性が完全に一致? 後傾の中弛みラップになったことで、持ち味のキレ(=トップスピードと急加速力)を全開にできたと思われます。マイルのOP特別~重賞で安定した走りを期待できそうですが、大幅な先行力不足や持続力不足による詰めの甘さ、展開の影響の受けやすさに注意したいです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:18'東京新聞杯 57.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通、太さ普通、立ち。標準飛節? 標準的な芝のマイル~1800m向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝のマイル◎??(1800m○?? 2000m▲??) 荒れ馬場・道悪▲+?? 先行力:F-(甘め)? 底力(=ハイペース耐性)E-キレE(甘め)? 持続力:F(甘め)? 総合力でEE(甘め)?相当 斤量少注(キレ優位)



グレーターロンドン(56.0kg・前走比-1.0kg/ややキレ優位)

短評:
 これまでより大幅に前付けしたことで、大幅な先行力不足が前面に出てしまったと思われます。しっかり控えられる騎手で再度。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:18'東京新聞杯 56.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通?太さ普通?角度普通?標準飛節? 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の1800m◎??(マイル○??) 荒れ馬場・道悪▲?? 先行力:G+(甘め)? 底力(=ハイペース耐性)E(甘め)? キレE(甘め)? 持続力E-(甘め)? 総合力でE?相当 斤量少注(ややキレ優位) 半姉:ダイワエルシエーロ



結果から考える狙い方「東京芝1600m・古馬G3~OP」
[期待値:F-G+?]
前提:休養明けの馬が多く能力の変動幅が大きい+展開の幅も広いため、狙いを絞り難い

 ▲+:末脚を中心とした総合力上位馬
   → 先行力:FF-? 底力:E-FキレEE-? 持続力:E-F
   (末脚の勝率(≠連対率)は、「キレ優位>持続力優位」。
     → 連対率の差は小さい。 時計の掛かる馬場・道悪馬場では逆転する場合も。
    先行力:F-G+?以下の場合、期待値ダウン。
     → 後方から差すには、前後・内外の不利が大きくなりやすい
       スローペースの増加や馬場の耐久性向上などが影響?
    底力の兼備で信頼性アップ?
     → キレ優位で千四・マイル兼用なら、底力不要&勝率ダウン&複勝の回収率高い)

 注:枠順の影響=-(不明)
   (開催時の馬場傾向を重視すること。簡単に後述)
 注:斤量差の影響=±やや大きい~普通?
   (キレなどを相対的に増減。展開・馬場次第で影響度が変化)

 ×:末脚を中心とした総合力で劣る馬
   → 先行力:F-G+? 底力:FF-? キレ:E-F? 持続力:FF-
   (前後・内外の利が展開+馬場などで大きければ軽減可)


 コース形状(テンが下り坂、向正面に小さな丘、大回り、仕掛けどころが上り坂、上り坂がある長い直線)などから、好位に付けたキレ優位の差し馬の勝率(≠連対率)が高い条件。
 連対率はキレ優位と持続力優位の馬の差が小さいこと、内外の差が大きくなりやすいこと(大回り+馬場の耐久性向上などから)...などに注意。

馬場傾向について:
 東京新聞杯 = やや内有利(開催序盤で馬場の傷みが少ないため)
 富士S = 内外フラット?(極端な傾向は出にくい印象も、開幕週からの天候次第)
 キャピタルS = ??? (調査不足+調査予定なし。 過去はやや内有利?)
 (ジャパンカップ週の馬場整備が影響したと思われます)


□■□■□■□■□■□■□■□■□

   第111回 京都記念(G2)

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
     を特別無料公開!

    →ココをクリック!
 シンクタンク:京都記念200_200.gif

━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年はドバイ遠征の前哨戦として重要な位置を持ち、一線級の参戦が多くなっていたが、昨年から大阪杯がGIに昇格したことにより、春の古馬中距離路線を占うレースとして一層重要度が増すことになった。今年もダービー馬レイデオロ、皐月賞馬アルアイン、秋華賞馬ディアドラに、エリザベス女王杯を勝ったモズカッチャンと、ハイレベルな4歳世代のGI馬が多数参戦を予定している。

では、馬券もそういった実績上位馬から買えばいいかといえば、一概にそうとは言えないのが、このレースの落とし穴。現在1番人気は6連敗中、連対したのも2012年のダークシャドウまで遡らねばならぬほど不振傾向にあるのだ。しかも、マカヒキ、ハープスター、ジェンティルドンナ、ジャスタウェイと、そうそうたるレベルの馬たちですから人気を裏切ってしまっている。それは、実績上位馬にとってはあくまで"前哨戦"に過ぎないケースがほとんどということを意味している。

とはいえ、別定戦のG2である以上、条件上がりのポッと出の馬が通用するほど甘くはない。つまり、買うべきは本気でココを勝ちに来ている実績馬。今年も「強い馬が揃うことはもちろん知っているけど、そこまで力差はないはず。向こうが叩き台なら全然勝負になると思っている。今後を考えたらとにかく賞金を加算しておきたいしね」と、虎視眈々と一発を狙う馬がいるとの情報も掴んでいる。

そこで、今週は京都記念の【3連単勝負馬券】を特別無料公開。当社シンクタンクがマークしている"人気の盲点"になる激走穴馬と共に、今年の京都記念は是非この情報を見てから馬券を買って頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

   第111回 京都記念(G2)

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
     を特別無料公開!

    →ココをクリック!
 シンクタンク:京都記念200_200.gif



芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)



関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説底力(=ハイペース耐性)キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力F底力(=ハイペース耐性)E? キレ:G+持続力D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△