関門橋ステークス2018 結果回顧(速報・好レベル) レトロロックが早めの仕掛けから押し切る

ラップタイムの評価

関門橋ステークス2018(35.1-35.1-35.0 =1'45"2小雨↓、早~かなり早??) テン早く、中盤かなり緩く、上がりが少し~わずかに早い。ほぼ完全な一貫ラップで、全体的なスピード上位馬が有利。 時計レベルとペースを考えると走破時計が優秀。
レース後のコメント(ラジオNIKKEI)


レトロロック

挙動:
 ゲート少し遅れるも、ダッシュそこそこで中団から(11頭立て)。 1・2角中団(縦長)、内から2・3頭分? 3・4角中団→好位・先行、内から4頭分? 直線、外目を終いまでしぶとく伸びて押し切る。
短評:
 展開+挙動と能力適性が完全に一致?? 母父シンボリクリスエス×母母父Caerleonという母系のイメージ通り、緩急の小さいペースを刻むと高いパフォーマンスを示していて、今回の展開+早めの仕掛けは能力の全開を叶えるものだったと思われます。足回りはややパワフルですが、フットワークから急坂はあまり得意でないかも。実績のある小倉や函館、札幌あたりでのパフォーマンス上昇に期待したいです。
チェック:(未知数の大きさに注意。 最終更新:18'関門橋S 57.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通、太さ普通(蹄は大きい)、寝る。 重めの芝のマイル~中距離向き、血統は中距離向き(??)で、重めの芝の1800m◎?? 荒れ馬場○??道悪△?? 先行力:F-(甘め)?? 底力(=ハイペース耐性):E-(甘め)?? キレ:F-?? 持続力:E(甘め)?? 総合力でE(甘め)??相当 平坦○??(フットワークから) 祖母:シンコウラブリイ


当該週の馬場傾向は「カテゴリ:馬場傾向 回顧」にて。


PR【重賞3レース予想】3連単を狙いやすいのは弥生賞


的中に特化した予想。

2月24日(土)三連単・三連複41.7%、単勝88.9%という高水準の的中率を叩き出しました。

このデータを使って、3月最初の重賞「オーシャンS」「チューリップ賞」「弥生賞」をひも解いて行きたいと思います。

無料会員になれば誰でも今週から見れるデータなので、チェックしてみてください。

⇒ こちら



それでは、各レースをこのデータ予想の過去結果から分析していきます。


弥生賞


今週末の的中率に期待できるレースです。

過去4年1着から3着までのほとんどに指数上位4頭が馬券に絡んでいます。

最も取りたいのは3連単。

週末までにじっくり研究したいと思いますが、現時点でわかっていることは過去4年1着から3着まで【すべて指数値30以下で馬券決着】しています。ここに注目です。


また、弥生賞の予想は、サイト運営者「北条氏のブログ」にて日曜日お昼頃に無料公開されますので楽しみにしてみてください。

⇒ こちら


チューリップ賞


弥生賞同様、今週末の的中率に期待できるレースです。

同じように指数1位~3位の馬がほぼ来ています。

指数1位から3位で馬券を組み立てるだけで安定的に勝てますね。



オーシャンS


オーシャンSの予想は難しいですね。

弥生賞の予想で言った通り注目は【指数値30以下】ですが、様々な指数の良い所を合わせて弾き出された数値をオーシャンSでは逆に裏切ってくる馬が来るのではないかと予想します。その法則を週末までに見つけたいですね。


データを見ているだけで楽しいのでぜひ隅々までチェックしてみてください。


今週末は重賞3鞍。
3月一発目もぜひこの指数を参考にして「最少点」で獲りに行きましょう。

⇒ こちら


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


 能力適性の用語解説(底力・キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例


 
予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ


 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△