大阪杯2018 プレ予想 スワーヴリチャードやサトノダイヤモンドの不安は?

 大阪杯はコース形状などからロングスパート勝負になりやすく、G2時代は実績上位馬(≒上位人気馬)が崩れにくかったレース。
 大阪杯の傾向と対策、出走予定登録馬を見ていきたいと思います。


プレ予想 目次


1. 結果から考える狙い方(傾向と対策)
2. 各馬の短評(出走予定登録馬)
【!】 スワーヴリチャード、アルアイン、サトノダイヤモンド、シュヴァルグラン、ミッキースワロー、ペルシアンナイトまで追加済み(3/26 20:56)

PR)「大阪杯」~春古馬三冠への道~

競馬大好き!
競馬歴5年のマナミです。

G2からG1に昇格して2度目の大阪杯が阪神競馬場で行われますね♬

マナミが大好きな毛色は芦毛ちゃん❤
ウインブライトとスマートレイアーの2頭がとっても気になるの~(*´▽`*)

でもやっぱり強いのは、金鯱賞でも活躍してくれたあの2頭の最強馬だと思うの。
接戦のレースが目に浮かぶ~!!

マナミが普段使っているお気に入りの指数サイトがあって、大阪杯の過去の指数結果が見れますよ!
こんな感じでとっても見やすいの~!

【2017年大阪杯 指数結果】

    払戻金 指数順位
単勝  240円 2位
複勝  110円 2位
複勝  280円 2位
複勝  280円 6位
馬連  2,320円 2位-2位
ワイド 540円 2位-2位
ワイド 480円 2位-6位
ワイド 1,800円 2位-6位
馬単  3,390円 2位⇒2位
三連複 4,830円 2位-2位-6位
三連単 23,910円 2位⇒2位⇒6位

今すぐ見たい方はコチラ⇒
https://www.collabo-n.com/lp/ahead/?ad_id=3295

血統はサンデー系の好走率が非常に高いので要チェックですよ~☆
連対率間違いなし!!
うまコラボでは競走馬のデータも細かく載せているので是非チェックしてみて下さいね。

1R~6Rまでの指数は無料で見れちゃいます。お得~!
しかもサイト運営者の北条氏のブログで日曜日のお昼頃に大阪杯の無料指数予想が出ますよ。
マナミは必ず毎週チェックしてます!⇒ココから見れるよ!
https://www.collabo-n.com/lp/ahead/?ad_id=3295

そしてそして!
『うまコラボ チャンネル』では動画でわかりやすく予想配信もしてて実際に競馬場で検証したら172%の回収率ですって。凄い~☆


先々週の阪神大賞典の3連単を的中したので、この勢いで大阪杯もGETしちゃいます!
的中率高めの『指数サイト』是非チェックしてみて下さいね(`・ω・´)ノ

大阪杯の予想はコチラ⇒
https://www.collabo-n.com/lp/ahead/?ad_id=3295

結果から考える狙い方「大阪杯」

[期待値:E~E-?]=12頭基準/フルゲート16頭・ABコース

 ○:底力・持続力を中心とした総合力上位馬
   → 先行力:E~E-? 底力(=ハイペース耐性):D~D-? キレ:E-~F↑? 持続力:D~D-?(2.5個以上?)
   (期待値は「持続力優位≧先行力優位>キレ優位」?
     → キレ優位の馬の期待値がG2時代よりダウン。負担斤量の増加のため。
     → 芝2000m以上の重賞好走歴のある馬が有利で、芝1800m以下がベストの馬は期待値ダウン。
    先行力:F-~G+?以下の場合、期待値ダウン。
     → 展開に左右されやすくなり、前後・内外の不利もやや大きくなりやすい
       もともとテン>上がりになりやすいコース形状+馬場の耐久性向上で影響度アップ)

 注:枠順の影響=フラット?
   (影響度が「実力+適性>枠順」?
    内枠=コースロスを抑えやすい、外枠=仕掛けどころで動きやすい)
 注:斤量差の影響=±小さい?
   (底力・持続力が重要なため影響度小さい)
少注:小回りが苦手な馬、非力な馬
   (いずれもマイナス要素。長い直線向きの馬、平坦巧者など)

 ×:底力・持続力を中心とした総合力で劣る馬
   → 先行力:E-~F? 底力:D-~E? キレ:F~F-? 持続力:D-~E?
   (≒重賞実績で劣る馬。展開による要求度の変化に注意)


 コース形状(スタート直後に急坂、小回りの1・2角、やや急な3角、3~4角中間は疑似直線で残り800mから下り坂が急になる、直線は150mほどの下りの助走区間をへて急坂)などからロングスパート勝負になりやすく、G2時代は実績上位馬(≒上位人気馬)が崩れにくかったレース。
 キレ(=トップスピードと急加速力)の要求度が「金鯱賞より高く(3角進入時にブレーキが掛かりやすい+急坂が中京より穏やかなため...など)&天皇賞(秋)より低い(3~4角の上り下りが逆で、直線の坂が東京よりキツイため...など)」と推測されること、キレ優位の馬はG2時代より期待値が低くなっていると推測されること(G1昇格に伴う負担斤量増のため)...などに注意。

現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週・月曜以降に更新)


各馬の短評・適性チェック


 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)


スワーヴリチャード

短評:
 底力・持続力に優れる中長距離馬??
 ここでの不安は、距離の短さ。
 高いパフォーマンスを示したレースは中長距離が多く(18'金鯱賞は極端な後傾ラップ=超スローペースで、中長距離向きの能力を問われた)、明確な逃げ馬がいる中距離では距離の短さからパフォーマンスが伸び悩む~低下する心配があります。距離の短さに起因する先行力やキレ(=トップスピードと急加速力)の低下も心配で、人気なら期待値が低くなっているのでは。逆転候補を探したいです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:18'金鯱賞 57.0kg)
(誤差注)ツナギはやや長い(後脚は長い)、太さ普通(蹄はやや小さい)、角度普通。標準飛節。 標準的な芝の中長距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の中長距離◎??(中距離○~▲??) 荒れ馬場・道悪▲?? 先行力:F-? 底力(=ハイペース耐性):D? キレ:E-(甘め)? 持続力:D-? 総合力でD?相当 急坂▲+??(やや頭高い) 半兄:バンドワゴン


アルアイン

短評:
 持続力を中心とした末脚のバランスに優れる千八巧者??
 ここでの不安は、実力不足(特に持続力不足)。
 これまでに示した実力はG3での連続好走が叶うレベル止まりで、古馬G1では実力不足の心配があります。また、ベストの距離は芝1800m前後だと思われ、阪神芝2000m(=芝2000m以上向きの持続力を要求されやすい)では持続力(≒距離延長への適性)不足からパフォーマンスが伸び悩む心配まであります。人気なら期待値が低くなっていそうで、厳しい評価から考えたいです。
チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:18'京都記念 57.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通~やや長い、やや太い、角度普通~やや寝る。標準飛節? 重めの芝のマイル~中距離向き、血統はマイル前後向き(??)で、重めの芝の1800m◎??(マイル・2000m○↑??) 荒れ馬場○-??道悪▲?? ゲート:▲~▲-?? 先行力:F-(甘め)? 底力(=ハイペース耐性):E(甘め)?? キレ:E-(甘め)?? 持続力:E? 総合力でE?相当 17'シンザン記念は直線で大きな不利


サトノダイヤモンド

短評:
 持続力を中心とした末脚のバランスに優れる中長距離馬??
 ここでの不安を強いて挙げるなら、距離の短さ。
 芝2000m以下では中距離指向のスピードを問われない条件(≒時計の掛かる馬場やスローペースなど)の方が相対的に高いパフォーマンスを示していて(そもそも、菊花賞、有馬記念などG2以上での4勝は芝2400m~3000m。 唯一の中距離重賞勝ち=16'きさらぎ賞も「時計の掛かる馬場+やや後傾の中弛みラップ」で、中距離指向のスピードを問われにくい条件でした)、単純に距離の短さによるパフォーマンスの伸び悩み~低下が心配です。
 ...とはいえ、キレ(=トップスピードと急加速力)と持続力のバランスから中京→阪神替わりはスワーヴリチャードよりプラスに働く(阪神芝2000mは3角進入時にペースが緩みやすい+急坂前の直線の助走区間が中京より長くなる...などからキレの重要度が高まりやすい)と思われ、上位候補の1頭として評価が必要では。
適性チェック:(最終更新:18'金鯱賞 57.0kg)
 ツナギはやや長い(後脚長い)、太さ普通、角度普通。標準飛節? 標準的な芝の中距離~中長距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の中長距離◎??(中距離○??) 荒れ馬場・道悪▲+??(レース振りによるプラス修正含む) ゲート:▲~▲+? 先行力:F-(甘め)? 底力(=ハイペース耐性):D? キレ:D-(甘め)? 持続力:C-? 総合力でC~C-?相当


シュヴァルグラン

短評:
 底力・持続力に優れる長距離馬?
 ここでの不安は、距離の短さ。
 17'ジャパンカップではこれまでより前の位置を取っての優勝でしたが、小回りかつ中距離向きの機動力(≒先行力、キレ≒急加速力)の裏付けは弱いまま。大阪杯(=1・2角が小回りの中距離)で能力を発揮するのは難しそうで、追走の忙しさや急加速力不足が前面に出てしまいそうです。ある程度対応できるようなら天皇賞(春)での期待値が高まりそうですが、大阪杯では厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(最終更新:17'有馬記念 57.0kg)
 ツナギは長さ普通(脚は長い?)、太さ普通(蹄はやや大きい)、角度普通。標準飛節? 標準的な芝の長距離向き、血統は中距離向き(??)で、重めの芝の3000m以上◎? 荒れ馬場○-??道悪▲?? 先行力:F-↑? 底力(=ハイペース耐性):C-? キレ:E-(甘め)? 持続力:D? 総合力でC-(甘め)?相当 半姉:ヴィルシーナ


ミッキースワロー

短評:
 持続力優位の末脚のバランスに優れる中距離馬??
 ここでの不安は、実力不足×急坂。
 能力の特徴は大阪杯向きですが、肝心の実力は古馬G1の優勝馬に大きく劣ります。また、やや頭の高い走りや父×母父の血統から急坂コースもややマイナスになる心配があります。時計レベルの回復を望めそうなこと(=中間の好天・暖かさやA→Bコース変更などで)は急坂への不安を軽減する要素ですが、実力については急成長が必要になる=期待しづらいのでは。厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:18'AJCC 56.0kg)
 ツナギはやや長い、太さ普通、角度普通~やや立ち。直飛節気味。 標準的な芝の中長距離向き、血統は中距離向き(?)で、標準的な芝の2200m前後◎?? 荒れ馬場・道悪▲?? 先行力:F-(甘め)? 底力(=ハイペース耐性):E-? キレ:E-(甘め)? 持続力:E(甘め)? 総合力でE(甘め)?相当 急坂:▲+??(やや頭高い) おじ:ペールギュント


ペルシアンナイト

短評:
 底力・持続力など末脚のバランスに優れる千八巧者??
 ここでの不安は、実力不足(特に持続力不足)。
 これまでに示した実力は古馬G3での連続好走が叶うレベル止まりで、古馬G1の優勝馬相手では実力不足の心配があります。さらに、ベストの距離は芝1800m~マイルだと思われ、阪神芝2000m(=芝2000m以上向きの持続力を要求されやすい)では持続力(≒距離延長への適性)不足からパフォーマンスが伸び悩む心配まであります。厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:17'マイルCS 56.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(後脚長さ普通~やや長い)、やや太い、角度普通。標準飛節? 重めの芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、重めの芝の1800m◎??(マイル○??) 荒れ馬場○?道悪▲-?(レース振りから道悪にマイナス修正) ゲート:▲↑?? 先行力:F-(甘め)? 底力(=ハイペース耐性):E(甘め)? キレ:F? 持続力:E-? 総合力でE(甘め)?相当 おじ:ゴールドアリュールほか

現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週・月曜以降に更新)

PR【美人youtuberも検証!】あなたにフィットする指数

競馬予想にはデータ収集が不可欠です。
様々なデータや情報がある中でどれを信じたらいいのか...

僕が気になっているのは「うまコラボ」
データも豊富で、「あらゆる指数の良い所を集めて弾き出された数値」を見ていると「なるほど」とうなずいている自分がいます。
的中精度の高い指数サイトはこちら

ただ、一番気になるのは「実績」ですよね。
指数は使い方が豊富でそれぞれの予想にフィットしてくれますが、どのように使うのがいいかな~と思っていたら、見つけちゃいました!
美人で人気の競馬予想youtuberが「コラボ@指数は一体どれ位的中できるか!?」を検証してくれてるじゃないですか!?

動画内では使い方も丁寧に解説してくれていて、またまた「なるほど」とうなずきます。
そして、実際に競馬場へ行って検証した結果は
12レース中8レース的中」す・すごい。的中精度高っ!


使い方も難しくないし、サイトも綺麗で見やすいですよ。
豊富なデータ全てを網羅したければ月額¥1,980。
それでも、競馬新聞を毎週買うより断然安くてスマホからいつでもチェックできます。
ぼくは毎日暇があれば、サイトを覗いて自分の予想にプラスαがないか探してます。
まずは週末までに指数について隅々まで調べてみてください。
あなたの指数の上手な使い方が見つかったら是非教えてほしいです。
的中精度の高い指数サイトはこちら


芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ

 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


競馬ブログ トラコミュ

 大阪杯(2018)
 大阪杯みんなの予想
 大阪杯 データ分析

 

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△