金鯱賞2018_結果回顧 スワーヴリチャードが中長距離向きの持続力で完勝

 極端な後傾ラップ=超スローペース+やや内有利の軽めの芝で、前・内に付けた中長距離指向の持続力上位馬が極めて有利。 金鯱賞2018の回顧をしていきます。

回顧記事 目次


芝の馬場傾向 回顧

馬場傾向 回顧よりコピペ)

中京競馬場 : 開催1/3週目、B→Aコース変更・使用1/2週目。月大雨、木~金豪雨

 やや内有利で、時計レベルは土曜:標準???(レースレベルのバラつきが激しく、判断難しい) 日曜:標準~少早?? 好走している血統は(日曜12Rまで、計9レース)、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×21、Mr. Prospector系×3、Northern Dancer系×2、Hail to Reason系(非SS系。Roberto系など)×1で、推測される芝質は「標準→軽めの芝(前週比:-)」

 開幕週の中京芝をまとめると、「やや内有利の標準→軽めの芝で、時計レベルは土曜:標準???(レースレベルのバラつきが激しく、判断難しい) 日曜:標準~少早??」


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ

 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


ラップタイムの評価


2018 38.3-49.1-34.2 =2'01"6稍重・標準~少早??
平均 36.3-48.0-35.0 =1'59"2かなり早?(2013~17、金鯱賞、良馬場、計5レース)

※「3F-4F-3F =10F」で表記


 ラップタイムを例年や平均と比べて評価すると、テン非常に緩く、中盤わずかに緩く、上がりがかなり非常に早い。テン→上がりへと加速する極端な後傾ラップ=超スローペースで、前・内に付けた中長距離指向の持続力上位馬が極めて有利。 時計レベルとペースを考えると、走破時計は遅くともレースレベルは例年並みだと思われます。

レース後のコメント(ラジオNIKKEI)


スワーヴリチャード

挙動:
 ゲート普通、やや頭の高い+抑えつつ先行(9頭立て)。 1・2角先行、内から3・4頭分? 向正面、先行→番手。 3・4角番手~先行、内から1・2頭分? 直線、内目から終いまでしぶとく伸びて押し切る。
短評:
 前後かなり有利、展開と適性(距離+能力)が一致? テン→上がりへと加速する極端な後傾ラップになったことで、持ち味の中長距離指向の持続力を発揮できたと思われます。大阪杯でも上位を争えそうですが、阪神芝2000mはキレ(=トップスピードと急加速力)の要求度が中京芝2000mより高くなりやすいため(注:阪神芝2000mの直角に近い3角進入時にペースが緩みやすい+急坂前の直線の助走区間が中京より長くなる...などから)、期待値が伸び悩むかも。逆転されるシーンに注意したいです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:18'金鯱賞 57.0kg)
(誤差注)ツナギはやや長い(後脚は長い)、太さ普通(蹄はやや小さい)、角度普通。標準飛節。 標準的な芝の中長距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の中長距離◎??(中距離○~▲??) 荒れ馬場・道悪▲?? 先行力:F-? 底力(=ハイペース耐性):D? キレ:E-(甘め)? 持続力:D-? 総合力でD?相当 急坂▲+??(やや頭高い) 半兄:バンドワゴン


サトノダイヤモンド

短評:
 前後かなり不利、展開と適性(距離+能力)がやや一致? 前後が不利だった上、上位2頭より持続力に偏っていない末脚も今回のコース形状+展開にあまり合っていなかったような。大阪杯では巻き返しに期待...したいところですが、芝2000m以下では中距離指向のスピードを問われない条件(≒時計の掛かる馬場やスローペースなど)の方が相対的に高いパフォーマンスを示していて(そもそも、菊花賞、有馬記念などG2以上での4勝は芝2400m~3000m。 唯一の中距離重賞勝ち=16'きさらぎ賞も「時計の掛かる馬場+やや後傾の中弛みラップ」で、中距離指向のスピードを問われにくい条件でした)、単純に距離の短さによるパフォーマンスの伸び悩みに注意したいです。
チェック:(最終更新:18'金鯱賞 57.0kg)
 ツナギはやや長い(後脚長い)、太さ普通、角度普通。標準飛節? 標準的な芝の中距離~中長距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の中長距離◎??(中距離○??) 荒れ馬場・道悪▲+??(レース振りによるプラス修正含む) ゲート:▲~▲+? 先行力:F-(甘め)? 底力(=ハイペース耐性):D? キレ:D-(甘め)? 持続力:C-? 総合力でC~C-?相当


結果から考える狙い方「中京芝2000m・古馬G2~G3(除:愛知杯)」


[期待値:E-~E-(甘め)?]=展開の幅広さに注意。
古馬G3ハンデでは少し中弛みやすく、展開の幅広さや馬券の券種により注意。
平均的な展開=額面の上がりが掛かる後傾ラップ(≒重い芝の後傾ラップ・上がり勝負)


 ○:底力・持続力を中心とした総合力上位の中距離~中長距離馬
   → 先行力:F~F-? 底力(=ハイペース耐性):D~E? キレ:F~F-↑? 持続力:D~E?
   (先行力が最上位クラスの場合、底力・キレ・持続力を甘く評価可。
     → 中長距離馬は、先行力(≒距離短縮への適性)の兼備が必須。
    末脚の期待値は「持続力>キレ」になりやすい
     → 距離適性や馬場・展開によって変化。
    先行力:G+?以下の馬など中団後方以降に構えた場合、期待値ダウン。
     → 前後・内外の不利が大きくなりやすい。
       先行力の重要度アップ。 馬場の耐久性向上などで追い込み難くなる)


 注:枠順の影響=不定
   (コース形状からは強い傾向がない? 内枠=コースロス小さい、外枠=マクリやすい)
 注:斤量差の影響=±やや小さい?
   (キレを相対的に増減。展開次第で増減も影響小さめ)
 注:準OP以上の「同コース or 他場の芝1800m」での好走歴の有無
   (≒追走スピードの衰えの有無。好走歴があれば、底力を甘く評価可。
    函館芝1800mなど追走スピードを問われ難い馬場での実績は好走歴に含まない)


 ×:底力で劣る馬
   → 底力:E~E-?
   (≒重賞~OP特別実績で劣る馬。
    芝1800m・準OP以上での好走歴があれば、甘く評価可)


 コース形状(前半がずっと上り、残り1100m付近から長い下り坂、小回りの4角、やや長い直線)などから前半スローからの後半ロングスパートになりやすく、前目で長く良い脚を使える馬=先行力を兼備した底力・持続力タイプの期待値が高い条件。
 後方待機馬とキレ優位の馬の期待値が低いこと、阪神芝2000mよりキレ(=トップスピードと急加速力)の要求度が低いこと(阪神と比べて3角進入時に減速しにくく、急坂の負荷が高いため。 芝1800m実績馬の好走に関連?)...に、それぞれ注意。

馬場傾向などの付記:(重賞改編の影響を検証中)
 中日新聞杯・3月開幕週=やや内有利~内外フラット(偏り小さい。ただし、逃げ有利でない)
 金鯱賞・12月開幕週=同上
 17'金鯱賞・3月開幕週=内外フラット(~やや外伸び)? 時計レベル:早い?
 17'中日新聞杯・12月2週目=(少し内有利~)内外フラット 時計レベル:非常に早い↓?
 18'金鯱賞・3月開幕週=やや内有利の標準→軽めの芝。日曜:標準~少早??

珍しい展開:
17'中日新聞杯 勝ち馬:メートルダール
 後傾の中弛みラップ=この条件としてはスローペースかつ緩急の大きい展開。勝ち馬こそ重めの芝向きのSS系パワー・スタミナタイプも、2着馬にトップハンデかつ底力>キレタイプの中長距離馬が好走。
18'金鯱賞 勝ち馬:スワーヴリチャード
 極端な後傾ラップ=超スローペース。長距離重賞より緩い超どスローで、1角5番手以内で決着。中距離指向の逃げ・先行馬の不在+9頭立ての少頭数が影響?


PR【重賞4レース予想】3連単を狙いやすいのは「スプリングS」と「阪神大賞典」

的中に特化した予想。
3月10日(土)三連単・三連複50%、単勝91.7%という高水準の的中率を叩き出しました。
このデータを使って、今週の重賞「フラワーC」「ファルコンS」「スプリングS」「阪神大賞典」をひも解いて行きたいと思います。
無料会員になれば誰でも今週から見れるデータなので、チェックしてみてください。
こちら⇒ https://www.collabo-n.com/lp/ahead/?ad_id=3295  

各レースの過去4年分をまとめてみました。
このデータで狙いやすいと分かるレースは「スプリングS」「阪神大賞典」です。
過去4年指数上位馬が馬券に絡んでいます。
そして、最も取りたいのは3連単ですよね。
週末までにじっくり研究したいと思いますが、現時点でわかっていることは「スプリングS」「阪神大賞典」共に過去4年1着から3着までスプリングSの2015年1着を除いて【赤文字の指数で馬券決着】している点。ここに注目です。

また、週末4重賞のうち「スプリングS」の予想は、サイト運営者「北条氏のブログ」にて日曜日お昼頃に無料公開されますので楽しみにしてみてください。
こちら⇒ https://www.collabo-n.com/lp/ahead/?ad_id=3295
 
ーーーーーーーーー
■フラワーC
ーーーーーーーーー
1着 2着 3着 3連単配当
2014年 4位 1位 2位 ¥20,200
¥23,570
2015年 1位 14位 3位 ¥83,850
2016年 3位 1位 9位 ¥82,600
2017年 3位 8位 5位 ¥36,520
ーーーーーーーーー
■ファルコンS
ーーーーーーーーー
1着 2着 3着 3連単配当
2014年 1位 3位 11位 ¥47,980
2015年 16位 11位 2位 ¥638,950
2016年 1位 4位 10位 ¥42,480
2017年 11位 1位 7位 ¥60,680
ーーーーーーーーー
■スプリングS
ーーーーーーーーー
1着 2着 3着 3連単配当
2014年 2位 3位 4位 ¥10,010
2015年 10位 4位 1位 ¥10,310
2016年 1位 4位 2位 ¥19,380
2017年 4位 4位 7位 ¥34,730
ーーーーーーーーー
■阪神大賞典
ーーーーーーーーー
1着 2着 3着 3連単配当
2014年 1位 3位 3位 ¥4,060
2015年 2位 9位 3位 ¥8,090
2016年 2位 3位 1位 ¥3,310
2017年 1位 2位 4位 ¥740

10日(土)から情報公開となった「超北条ブログ」の詳細、もう見ましたか!?
16日(金)までの限定募集コンテンツです。
内容を見たんですが...本当に凄そうです!
豊富なデータ量を使った予想に北条氏自身が寄り添ってくれるサービスとなるとのこと。
今週チェックしないと次の募集はいつになるか...急ぎましょう!

見やすく、豊富なデータを誇る指数サイトはこちら ↓↓↓
こちら⇒ https://www.collabo-n.com/lp/ahead/?ad_id=3295


芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


 能力適性の用語解説(底力・キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

 

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△