高松宮記念2018 プレ予想 レッドファルクスの評価は?

 高松宮記念はコース形状から芝1400m寄りの総合力勝負になりやすいレース。
 高松宮記念の傾向と対策、出走予定登録馬を見ていきたいと思います。


プレ予想 目次


1. 結果から考える狙い方(傾向と対策)
2. 各馬の短評(出走予定登録馬)
【!】 レッドファルクス、レッツゴードンキ、ファインニードル、セイウンコウセイ、ダンスディレクターまで追加済み(3/19 21:22)

 ここでひとつ新しい馬券の買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

 最近登場した「うまコラボ」というサイトの指数がかなりよく当たっていて利用者急増中とのことで仲間内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想をするよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。


で、うまコラボの何が凄いの?

↑無料登録できたので、私自身も使って試してみました。

使ってみて感じたのは、走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬ほど強い馬ということなので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓



↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。


ちなみに昨秋のセントウルステークスは憶えていますか?

その際のうまコラボ運営者・北条直人の予想がこちらです↓

「1番人気の勝率こそ悪いものの、3着内率は80%と極めて優秀です。
1番人気を複勝で買っておけば8割は的中します。
勝率を見るなら前走1・3着に注目です。
そして今年のセントウルステークスで該当するのが、、

06番 ラインミーティア(前走1着)
13番 ダンスディレクター(前走1着)」

※北条のブログ「北条のセントウルステークス予想」より抜粋※
重賞予想解説者:北条直人

↓↓

【結果】
--------------------------------
1着:ファインニードル(1番人気)
2着:ラインミーティア(6番人気)
3着:ダンスディレクター(4番人気)
3連単配当:36,810円
--------------------------------

この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分サンプルを取って的中率を調べてみましたところ、、↓↓

うまコラボ:12月28日(木)的中率結果
==================================
単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7%
ワイド:91.3% 三連複:54.2%
三連単54.2%
==================================

うまコラボ:12月24日(日)的中率結果
==================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 三連複:41.7%
三連単41.7%
==================================

うまコラボ:12月23日(土)的中率結果
==================================
単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5%
ワイド:83.3% 三連複:25.0%
三連単25.0%
==================================

 一般的に三連単は平均10%と言われているので、
 平均の約3~4倍、、
 3回に1回は三連単が当たっていました!

 この精度は、ぐーの音も出ない、、。

http://www.collabo-n.com/
【3連単が3回に1回当たるうまコラボ】


 競馬ユーザーなら誰しもが思うこんなことに答える為に、土日の全レース72レース分、すべての予想を提供している!

 確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 TVでも新聞でも他競馬サイトでもこの量の予想はできないです。

 週末全レース72レース分の予想を見れた上に、買い目付きの予想と考察・その根拠」が提供されるので、購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方を知ることができます。
 プロの予想に数万円かけて購入するより、だいぶ割がよいと思います。

 毎週1~6レースと、メインレースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
http://www.collabo-n.com/
今なら登録無料で情報が見られます!
(7R~12Rの情報が見たい方のみ別途有料変更を行うことができます。)


結果から考える狙い方「高松宮記念」

[期待値:E-??]=馬場傾向の変化(2016年以降)に注意
2016年夏開催前に3・4角近辺に排水溝が設置され、排水性が向上したことが影響?
馬場の摩擦低減、高速化、耐久性向上などで先行力の要求度アップ?


 ○:総合力上位馬
   → 先行力:D~D-? 底力(=ハイペース耐性):D~D-↑? キレ:E-~F↑? 持続力:D~D-↑?(2つ以上)
   (期待値は「先行力≧持続力 > キレ」も、能力バランスの良さが重要?
     → コース形状+負担斤量の重さから、キレ・急加速力をやや生かしづらい。
       → 馬場傾向の変化でキレの重要度アップ。
    先行力:F-~G+?以下なら、期待値ダウン。
     → 後方から差すには前後・内外の不利が大きくなる。馬場の耐久性向上などのため)


 注:枠順の影響=内枠有利↑、外枠不利↓?
   (馬場傾向の変化(2016年以降)のため、内枠有利に変化?
    先行力が上位グループなら、軽減可)
 注:斤量差の影響=小さい?
   (先行力・キレを相対的に増減。展開で若干増減も、コース形状から影響小さい)
少注↓:平坦巧者、急坂コースでの好走歴が少ない馬
   (コース形状+負担斤量が前哨戦より重いことなどから、
    大型馬・パワータイプの期待値がやや高く、小柄な馬の期待値やや低い。
    馬場の耐久性向上で、影響度が小さくなっている可能性あり)


 ×:底力不足の馬
   → 底力:E~E-?
   (≒急坂の重賞実績で劣る馬。展開による要求度の変化に注意)


 コース形状(道中が700mほど下り坂、直線での助走区間が短い急坂、芝1200mで最長の直線)から、芝1400m寄りの総合力勝負になりやすいレース。
 芝の耐久性向上(2016年以降)などで好走馬のタイプが改装直後とはやや変化していること...などに注意。

現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週・月曜以降に更新)


各馬の短評・適性チェック


 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)


レッドファルクス

短評:
 底力・持続力に優れる千三巧者?
 ここでの不安を強いて挙げるなら、先行力不足とその衰え。
 もともと差しで好走している馬ですが近走は二桁番手からの競馬が続いていて、先行力不足とその衰えが心配されます。外伸び馬場になりにくい近年の馬場傾向もこの不安を強くしていて、人気に見合う勝率は期待しづらいのでは。とはいえ、実力は最上位で、前走から斤量が好転、芝1200mで最長の直線は先行力不足の不安を軽減する要素...と、複勝系馬券の軸としてなら期待しやすそうです。
チェック:(マイナス修正に注意、甘めに評価? 最終更新:18'阪急杯 58.0kg)
 ツナギは短い(後脚の長さ普通)、やや太い、角度普通~やや立ち(蹄は寝る)。直飛節気味。 重い芝のマイル以下向き、血統は短~マイル向きで、重い芝・軽いダートの1300m◎?(芝1200m○-?) 荒れ馬場○?道悪▲? 先行力:F(甘め)? 底力(=ハイペース耐性):C-(甘め)? キレ:E-(甘め)? 持続力:D? 総合力でC-(甘め)?相当 おば:スティンガーほか


レッツゴードンキ

短評:
 全体的なスピードに優れる千四巧者~短距離馬?
 ここでの不安を強いて挙げるなら、極端にスピードを問う「時計レベルや展開」。
 芝1400m寄りの「時計レベルや展開」になった芝1200m戦では安定したパフォーマンスを発揮していて、中京芝1200m(=ほぼ一貫ラップ・前傾度の低い展開になりやすいコース形状)かつ負担斤量の重い高松宮記念はその能力を発揮しやすい好条件です。極端な「高速馬場やハイペース」になるとパフォーマンス低下の心配もありますが、その心配を考えても上位に評価したいです。
チェック:(評価の誤差&マイナス修正に注意。 最終更新:17'高松宮記念 55.0kg)
 ツナギはやや短い(脚の長さ普通)、太さ普通、やや立ち(蹄はやや寝る)。直飛節気味。 標準的な芝のマイル~1800m向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、重めの芝の1400m◎↑??(軽いダート○?? 軽い芝▲↓? 1200m▲+↑? マイル▲-↓?) 荒れ馬場・道悪○? ゲート:▲↑? 先行力:F(甘め)? 底力(=ハイペース耐性):E? キレ:F-(甘め)? 持続力:F? 総合力でE(甘め)?相当


ファインニードル

短評:
 底力・キレに優れる短距離馬?
 ここでの不安は、外枠の可能性≒持続力不足。
 アドマイヤムーン産駒のイメージ通りインで脚を溜めれば直線でキレる脚を発揮しますが、外を回るなど持続力の要求度が高くなるとパフォーマンスが大きく低下していて、仕掛けを待てる枠番や展開かどうかが重要になると思われます。近走の充実ぶりから総合力は最上位クラスですが、枠順や馬場傾向次第では評価を控えめにしても。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:18'シルクロードS 57.0kg)
(誤差注)ツナギは短い、太さ普通、角度普通(蹄は寝る)。曲飛節気味? 標準的な芝の短距離向き、血統はマイル前後向き(??)で、標準的な芝の1200m◎??(1000m○??) 荒れ馬場▲??道悪▲-?? 先行力:E? 底力(=ハイペース耐性):D-? キレ:E? 持続力:-(不明) 総合力でD?相当 斤量少注(キレ優位)


セイウンコウセイ

短評:
 総合力に優れる短距離馬??
 ここでの不安は、高速決着やスローペース。
 昨年の高松宮記念(=中距離で平均より1.0秒ほど時計の掛かる馬場)がハイペースにもかかわらず時計の遅い決着だったように、芝では時計の掛かる決着の方が合っている印象があり、週末の時計レベルが好走の分かれ目になると思われます。天気予報を見ると月~水は3日連続で雨ですが、その後は良好な天気。昨年の高松宮記念(=火曜に豪雨、日曜に雨)より馬場の乾燥が進んでしまいそうで、昨年より期待しづらいのでは。逆転の可能性が低い、相手候補の1頭として評価したいです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:17'函館スプリントS 56.0kg +α)
(誤差注)ツナギはやや短い?太さ普通?角度普通?標準飛節? 標準的な芝のマイル以下向き、血統は短~マイル向き(?)で、標準的な芝の1300m◎??(1200m○↑?? 1400m▲↓??) 荒れ馬場・道悪○-↑??(レース振りからプラス修正) 先行力:D-? 底力(=ハイペース耐性):D(甘め)? キレ:E-(甘め)? 持続力:-(不明)? 総合力でD相当?


ダンスディレクター

短評:
 キレ・底力に優れる千三巧者??
 ここでの不安は、芝1200mでのパワー不足。
 小柄な馬体のイメージ通り芝1200mでの優勝はすべて直線平坦の京都芝1200mで、急坂の芝1200mでは6戦して未勝利。前走の阪神カップでもレコードと同タイムでの2着など能力の衰えはあまり感じませんが、これまでに克服できていないことを8歳になった今年に突然克服できるとは考えづらいです。控えめな評価から考えたいです。
適性チェック:(マイナス修正に注意。 最終更新:17'阪神カップ 57.0kg)
 ツナギは短い、太さ普通、角度普通~やや寝る(蹄も寝る?)。標準飛節。 標準的な芝の短距離~マイル向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、標準的な芝の1300m前後◎?(マイル△↓??) 荒れ馬場▲?道悪▲??(レース振りからの補正含む) 先行力:F-? 底力(=ハイペース耐性):E? キレ:D? 持続力:F? 総合力でD-?相当 斤量特注(小柄+キレ優位) 平坦○?急坂▲+?


現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週・月曜以降に更新)

PR【美人youtuberも検証!】あなたにフィットする指数

競馬予想にはデータ収集が不可欠です。
様々なデータや情報がある中でどれを信じたらいいのか...

僕が気になっているのは「うまコラボ」
データも豊富で、「あらゆる指数の良い所を集めて弾き出された数値」を見ていると「なるほど」とうなずいている自分がいます。
的中精度の高い指数サイトはこちら

ただ、一番気になるのは「実績」ですよね。
指数は使い方が豊富でそれぞれの予想にフィットしてくれますが、どのように使うのがいいかな~と思っていたら、見つけちゃいました!
美人で人気の競馬予想youtuberが「コラボ@指数は一体どれ位的中できるか!?」を検証してくれてるじゃないですか!?

動画内では使い方も丁寧に解説してくれていて、またまた「なるほど」とうなずきます。
そして、実際に競馬場へ行って検証した結果は
12レース中8レース的中」す・すごい。的中精度高っ!


使い方も難しくないし、サイトも綺麗で見やすいですよ。
豊富なデータ全てを網羅したければ月額¥1,980。
それでも、競馬新聞を毎週買うより断然安くてスマホからいつでもチェックできます。
ぼくは毎日暇があれば、サイトを覗いて自分の予想にプラスαがないか探してます。
まずは週末までに指数について隅々まで調べてみてください。
あなたの指数の上手な使い方が見つかったら是非教えてほしいです。
的中精度の高い指数サイトはこちら


芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 芝1200m限定
 中京(412.5m)>新潟内(359m)>阪神内(356.5m)
>京都内(328m)>中山(310m)>小倉(293.0m)
>福島(292.0m)>札幌(266.1m)>函館(262m)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ

 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


競馬ブログ トラコミュ


 高松宮記念(2018)
 高松宮記念みんなの予想
 高松宮記念 データ分析
 高松宮記念(GI)


 
予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ


 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△