大阪杯2018_結果回顧 スワーヴリチャードがM.デムーロ騎手の完璧な騎乗でG1初制覇

 テン≫上がりの後傾ラップ・上がり勝負+やや内有利~内外フラットの標準的な芝で、前・内に付けた末脚上位馬が非常に有利。 大阪杯2018の回顧をしていきます。

回顧記事 目次


芝の馬場傾向 回顧

馬場傾向 回顧よりコピペ)

阪神競馬場 : 開催6/8週目、A→Bコース変更・使用1/3週目。日南西の風(≒4角向風)少し強い?

 やや内有利~内外フラットで、時計レベルは土曜:かなり早い??日曜:早い~かなり早い?? 好走している血統は(日曜12Rまで、計10レース)、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×18、Mr. Prospector系×8、Northern Dancer系×4で、推測される芝質は「標準的な芝(前週比:変わらず)」

 6週目の阪神芝をまとめると、「やや内有利~内外フラットの標準的な芝で、時計レベルは土曜:かなり早い??日曜:早い~かなり早い??」


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ

 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


ラップタイムの評価


2018 36.5-47.6-34.1 =1'58"2早~かなり早?
平均 36.9-48.4-34.1 =1'59"4標準?(2013~17、大阪杯、良馬場、計4レース)

※「3F-4F-3F =10F」で表記


 ラップタイムを例年や平均と比べて評価すると、テン平均的、中盤少し早く、上がりが少し掛かる。テン≫上がりの後傾ラップ・上がり勝負で、前・内に付けた末脚上位馬が非常に有利。 レースレベル自体は近年の平均に見劣るも、非常に不利な位置取りからマクリ勝ったスワーヴリチャードは他馬とは別次元の実力を見せています。

レース後のコメント(ラジオNIKKEI)


スワーヴリチャード

挙動:
 ゲートわずかに遅い、ダッシュを付けず(??)後方から。 1・2角後方、内から?頭分? 向正面、ポジションを上げる。 3・4角先頭横並び→先頭、内から2頭分? 直線、内を終いまでしぶとく伸びて押し切る。
短評:
 前後非常に不利、内外不利、挙動と適性(距離+能力)が完全に一致? スワーヴリチャードに「前半スロー→後半ロングスパート」のペースを刻ませて、能力の全開を叶えさせたM.デムーロ騎手の完璧な騎乗。脱帽です。スワーヴリチャードもそれに応えるだけの秀でたロングスパート能力(≒距離延長への適性)を見せていて、天皇賞(春)での優勝はもう確定していると言って良いのでは。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:18'大阪杯 57.0kg)
(誤差注)ツナギはやや長い(後脚は長い)、太さ普通(蹄はやや小さい)、角度普通。標準飛節。 標準的な芝の中長距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の中長距離◎??(中距離○~▲??) 荒れ馬場・道悪▲?? 先行力:F-? 底力(=ハイペース耐性):C-? キレ:E-? 持続力:C-? 総合力でC?相当 急坂▲+??(やや頭高い) 半兄:バンドワゴン


結果から考える狙い方「大阪杯」


[期待値:E~E-?]=12頭基準/フルゲート16頭・A+Bコース


 ○:底力・持続力を中心とした総合力上位馬
   → 先行力:E~E-? 底力(=ハイペース耐性):D~D-? キレ:E-~F↑? 持続力:D~D-?(2.5個以上?)
   (期待値は「持続力優位≧先行力優位>キレ優位」?
     → キレ優位の馬の期待値がG2時代よりダウン。負担斤量の増加のため。
     → 芝2000m以上の重賞好走歴のある馬が有利で、芝1800m以下がベストの馬は勝率ダウン。
       → 時計レベル・走破時計の高速化で、マイル重賞実績馬の複勝率(≠勝率)アップ?
    先行力:F-~G+?以下の場合、期待値ダウン。
     → 展開に左右されやすくなり、前後・内外の不利もやや大きくなりやすい
       もともとテン>上がりになりやすいコース形状+馬場の耐久性向上で影響度アップ)


 注:枠順の影響=フラット?
   (影響度が「実力+適性>枠順」?
    内枠=コースロスを抑えやすい、外枠=仕掛けどころで動きやすい)
 注:斤量差の影響=±小さい?
   (底力・持続力が重要なため影響度小さい)
少注:小回りが苦手な馬、非力な馬
   (いずれもマイナス要素。長い直線向きの馬、平坦巧者など)


 ×:底力・持続力を中心とした総合力で劣る馬
   → 先行力:E-~F? 底力:D-~E? キレ:F~F-? 持続力:D-~E?
   (≒重賞実績で劣る馬。展開による要求度の変化に注意)



 コース形状(スタート直後に急坂、小回りの1・2角、やや急な3角、3~4角中間は疑似直線で残り800mから下り坂が急になる、直線は150mほどの下りの助走区間をへて急坂)などからロングスパート勝負になりやすく、G2時代は実績上位馬(≒上位人気馬)が崩れにくかったレース。
 キレ(=トップスピードと急加速力)の要求度が「金鯱賞より高く(3角進入時にブレーキが掛かりやすい+中京に比べて「急坂の負荷が低い+終いの直線が短い」ため...などから)&天皇賞(秋)より低い(3~4角の上り下りが逆で、直線の坂が東京よりキツイため...など)」と推測されること、キレ優位の馬はG2時代より期待値が低くなっていると推測されること(G1昇格に伴う負担斤量増のため)...などに注意。


田端正照ー桜花賞無料情報公開(AD)

皐月賞ダービー2冠「カツトップエース」育ての親
田端正照氏を筆頭に総勢43名の専門家が情報精査「シンジケート」
http://syndicate.tokyo/?r=knn34

今週も引き続き重賞無料公開中
-----------------------------------
◆桜花賞(GI)
4月8日(日)15:40発走 3歳以上OP 1,600(芝)
メインレース無料情報配信!万馬券続出無料推奨馬公開

◆[川崎]クラウンC(SⅢ)含む2鞍
4月4日(水)3歳 ダ1,600m(外)
人気の地方重賞も完全網羅


3月31日的中速報一部抜粋
-----------------------------------
■3/31(土)中山1R
3連単 7570.6倍
2,271,180円獲得!
-----------------------------------

会員登録後以下無料コンテンツにお進みください。

■鉄板&穴馬ジャーナル
■田端正照 SPECIAL FEATURE

馬体診断を得意とする田端正照氏を筆頭にたくさんの人材を抱える「シンジケート」
その数なんと「43名」!
各情報を集め、精査されているからこそ信頼の提供につながっているんです。
地方重賞も網羅するシンジケートの優良情報見たくないですか!?

桜花賞ー田端正照無料メルマガ予想はコチラ
http://syndicate.tokyo/?r=knn34


芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


 能力適性の用語解説(底力・キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

 

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△