皐月賞2018_結果回顧 エポカドーロ・戸崎圭太騎手がペースを握って圧勝

 緩急が小さい流れからの上がり勝負(4番手基準の推定)+中伸び~やや外伸びの標準的な芝で、前・内に付けた総合力上位馬が非常に有利。皐月賞2018の回顧をしていきます。

回顧記事 目次


芝の馬場傾向 回顧

馬場傾向 回顧よりコピペ)

中山競馬場 : 開催8/8週目、Bコース使用3/3週目。土日南風(≒正面追風)強い?日雨?

 中伸び~やや外伸びで、時計レベルは土曜:早い??日曜:かなり掛かる↓↓→掛かる↑?? 好走している血統は(日曜12Rまで、計9レース)、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×18、Northern Dancer系×4、Mr. Prospector系×3、Hail to Reason系(非SS系。Roberto系など)×1、その他×1で、推測される芝質は「標準的な芝(前週比:変わらず)」

 最終週・8週目の中山芝をまとめると、「中伸び~やや外伸びの標準的な芝で、時計レベルは土曜:早い??日曜:かなり掛かる↓↓→掛かる↑??」


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ

 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


ラップタイムの評価


2018 35.5-48.0-37.3 =2'00"8
4番手 36.8-48.9-35.1 =2'00"8稍重・掛~かなり掛↑?

平均 34.8-48.2-34.9 =1'58"0かなり早?(2015~17、皐月賞、良馬場、計3レース)

※「3F-4F-3F =10F」で表記


 ラップタイムを例年や平均と比べて評価すると、テン非常に緩く(額面は極めて緩い)、中盤少し早く、上がりがかなり早い。緩急が小さい流れからの上がり勝負で、前・内に付けた総合力上位馬が非常に有利。 レースレベルは例年よりやや上と思われます(=時計レベルとペースを考えると走破時計が例年よりやや優秀)。

レース後のコメント(ラジオNIKKEI)


エポカドーロ

挙動:
 ゲートわずかに早い、ダッシュ良好も抑えて番手→先行(4番手、実質先頭)。 1・2角4番手集団先頭(実質逃げ)、3頭分?? 3・4角4番手集団先頭(実質逃げ)、内から4・5頭分?? 直線、馬場の真ん中から終いまでしぶとく伸びて押し切る。
短評:
 前後非常に有利、馬場+展開と適性(馬場+能力)が一致? 緩急が小さい流れからの上がり勝負(4番手推定)で実質逃げかつ前3頭を慌てずに追いかけなかったことで、位置取りの利を最大にした戸崎圭太騎手の好騎乗でした。スローペース(4番手推定)の割に走破時計が良好で、エポカドーロ自身の実力の高さもあってこそです。
 エポカドーロの大まかなイメージは母:ダイワパッション(=2~3歳時に芝1200m~1400mで4連勝・重賞2勝)譲りの全体的なスピードを、父:オルフェーヴルで道悪不問+芝1800m前後向きに補正しているといったところで、良馬場やマイル~中距離向きのキレ(=トップスピードと急加速力)の裏付けは弱いまま。日本ダービーでは距離にもキレにも不安が出そうですが、どう乗ってくるのかが楽しみです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:18'皐月賞 57.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通~少し短い、やや太い、角度普通(蹄はやや寝る)。直飛節気味。 重めの芝のマイル~中距離向き、血統はマイル前後向き(??)で、重めの芝の1800m前後◎?? 荒れ馬場・道悪○??(血統+レース内容から馬場適性にプラス修正) 先行力:F?? 底力(=ハイペース耐性):E-(甘め)?? キレ:F-?? 持続力:F?? 総合力でE-??相当


結果から考える狙い方「皐月賞」


[期待値:F~F(甘め)?]=検証少ない。展開の幅広さに注意。


 ▲+:底力・持続力上位の千八巧者
   → 先行力底力(=ハイペース耐性)キレ持続力:F?(2つ以上)
   (期待値は「千八巧者 > 芝2000m以上向きの馬」
     → テンや走破時計の超高速さから。 前走芝1800mの馬が7年連続で優勝中(2012~18)
       注:2018年は上記理由ではなく位置取りの利+勝ち馬の実力だったと推測。
    期待値は「持続力≧キレ≧先行力」も、展開によるブレに注意。
     → 超高速中弛みラップになりやすいため?
    先行力:G+~G?以下の場合、期待値ダウン
     → 後方から差すには、前後・内外の不利が大きくなりやすい。
       強い南風=正面追風などフォローする要素が必須?)


 注:枠順の影響=少し内枠有利・少し外枠不利?
   (馬場関連技術の向上+超高速中弛みラップの影響から)
 注:斤量差の影響=ない(~小さい)
   (キレ・先行力とも重要度がやや低いため+斤量差がまず発生しない)
 注:路盤改修で、排水性が大幅に改善
   (雨中の競馬でないかぎり、雨の影響は限定的?)


 ×:底力・持続力などの総合力で劣る馬
   → 先行力・底力・キレ・持続力:F-?
   (≒重賞実績で劣る馬、古馬1000万下以上の実力を示していない馬)



 路盤改修の影響+コース形状(小回り、激しいアップダウン、2角から向正面にかけての一気に下る)などから超高速中弛みラップになりやすく、底力・持続力上位の千八巧者の期待値が高いレース。
 芝2000m以上での実績馬の期待値が大きく低下したこと(極端な道悪馬場では相殺される?)...などに注意。


PR )【 京都競馬場はマイラーズC! ~8枠に注目~】

競馬女子のマナミです。
今週はG1レースが無いですが...マイラーズCがありますよ~。

マナミは、気になるお馬さん3頭見っけ(*^^)v
◆エアスピネル
◆モズアスコット
◆ガリバルディ

ガリバルディ本命にしようかな~。
絶好調な厩舎で、調整も順調で騎手もバッチリ。
あとは私が使ってる指数サイトでデータチェックして更に絞り込みます。

この指数サイトは4つのデータの良い所を掛け合わせた数値。
しかも、データが積み重なるとより精度が上がるので、私は週末まで過去4年分のデータといつもにらめっこしてます。だって、見てるだけで楽しいんだもん(^-^)

初心者でも見やすい指数サイト
https://www.collabo-n.com/lp/ahead/?ad_id=3295

マイラーズCの過去5年の配当金はこんな感じでした!
結構荒れていて楽しめるレースになりそうですよねヾ(≧▽≦)ノ

   三連複配当 三連単配当
2017年 2910円 12430円
2016年 50390円 281010円
2015年 10350円 98650円
2014年  1310円 7930円
2013年 17400円 137990円

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
マナミが気になるマイラーズCのデータ。
・5,7歳馬に注目
・8枠から勝馬が5頭出ている
・関東馬より関西馬が優勢
・後方馬はキツイ
・中枠はほぼ絡まない
・東京新聞杯組が強い
・馬体重が増えている馬が好走
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

上位人気馬が圧倒的に強いレースになっているので、
断トツ一番人気のエアスピネルは外せません!!
軸馬は人気薄にして、2着3着にエアスピネルを絡めて遊んでみます☆★

私の考察をこれから指数で埋めていきますよ。
それが週末までの楽しみ!
合間に運営の方のブログを読んで笑ってます!

*星川ゆいが今日も言いたい放題 ♪
*北条直人の競馬ブログ

北条さんのブログでは毎週日曜日に重賞1レース分の指数予想が公開!
絶対チェックです!
皆さんも登録して読んでみてくださいね。

的中への近道はコチラ
マイラーズCの予想を見る
https://www.collabo-n.com/lp/ahead/?ad_id=3295


芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


 能力適性の用語解説(底力・キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

 

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△