オークス2018_結果回顧 アーモンドアイが圧勝

 若干中弛みからの上がり勝負(=例年より前半はややスローも、後半はやや仕掛け早い)+中伸びの軽め~標準的な芝で、前・内目に付けた末脚上位馬が有利。 オークス2018の回顧をしていきます。

回顧記事 目次


芝の馬場傾向 回顧

馬場傾向 回顧よりコピペ)

東京競馬場 : 開催5/8週目(=A6+B4+C6+D4日)、Bコース使用2/2週目。

 土日で馬場傾向が異なる。
 土 : やや内有利(~内有利)で、時計レベルは土曜:標準↓↓?? 好走している血統は(土曜12Rまで、計5レース)、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×9、Mr. Prospector系×3、Hail to Reason系(非SS系。Roberto系など)×2、Nasrullah系(Grey Sovereign系含む)×1で、推測される芝質は「軽め~標準的な芝(前週比:変わらず)」
 日 : 少し内有利→中伸びで、時計レベルは日曜:かなり早い↑↑?? 好走している血統は(日曜12Rまで、計6レース)、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×11、Mr. Prospector系×4、Northern Dancer系×1、Nasrullah系(Grey Sovereign系含む)×2で、推測される芝質は「軽め~標準的な芝(前週比:変わらず)」

 5週目の東京芝をまとめると、「土日で馬場傾向が異なる。
 土 : やや内有利(~内有利)の軽め~標準的な芝で、時計レベルは土曜:標準↓↓??
 日 : 少し内有利→中伸びの軽め~標準的な芝で、時計レベルは日曜:かなり早い↑↑??」


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ

 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


ラップタイムの評価


2018 35.7-36.1-37.1-34.9 =2'23"8
2番手 36.2-37.2-36.2-34.2 =2'23"8かなり早↑↑?

平均 37.0-37.4-36.7-35.0 =2'26"1少早?(2014~16、1000万下、良馬場、含:大逃げ・番手、計19レース)

※「3F-3F-3F-3F =12F」で表記


 ラップタイムを例年や平均と比べて評価すると、若干中弛みからの上がり勝負(=例年より前半はややスローも後半はやや仕掛け早い)で、展開上は前・内に付けた末脚上位馬が有利。 時計レベルとペースを考えるとアーモンドアイは例年のレベルより少し優秀なのでは。

レース後のコメント(ラジオNIKKEI)


7-13 アーモンドアイ

挙動:
 ゲート普通、やや内へ動きながら&行きたがるのを抑えつつ好位へ。 1・2角好位~中団前目、内から3・4頭分? 3・4角(2番手基準で)好位、内から2・3頭分? 直線、大外→外をキレる脚で差し切る。完勝。
短評:
 展開と能力適性がやや一致?? 強い内容で完勝。事前評価が低すぎたようです <(_ _ )> アーモンドアイはマイル~中距離くらいが向きそうな足回り+レース内容を示していて、ローズステークス(≒大回りかつ適距離)は圧勝しそう。秋華賞での不安を強いて挙げるなら、小回り・高速決着への適性が低いと推測されること(=大回りのマイル以上での強さと新潟芝1400mでの新馬戦の敗戦から)。適性が高い馬が他にいれば、逆転される~差を詰められるシーンに注意したいです。(ただ、春までの活躍馬に該当する馬がいないような...)
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:18'オークス 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(胴・後脚はやや長い?)、太さ普通、やや立ち(蹄はやや寝る)。直飛節気味。 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統はマイル以下向き(?)で、標準的な芝のマイル~中距離◎?? 荒れ馬場・道悪▲+?? ゲート:▲↑?? 先行力:G+(甘め)?? 底力:F(推定値) キレ:E(甘め)? 持続力:F(推定値) 総合力でE-↑??相当 斤量少注(キレ優位?)


結果から考える狙い方「オークス」

[期待値:F(甘め)?]=展開の幅広さに注意


 ▲+:キレを中心とした末脚の総合力上位馬
   → 底力(=ハイペース耐性)キレ:F? 持続力:F~F-?(1.5~2つ以上)
   (次のタイプは該当しづらい。
     → 非SS系、逃げ・先行馬、マイル未満がベストの馬など。
    期待値は「キレ優位 > 持続力優位 > 先行力優位」。
     → 仕掛けどころが上り坂...などの理由から。 桜花賞・阪神外回りは下り坂。
       小柄な馬・キレ優位の馬の期待値少しアップ、大型馬・持続力優位の馬の期待値少しダウン。
    先行力:G?以下の場合、期待値ややダウン。
     → 後方から差すには、前後・内外の不利がやや大きくなりやすい)


 注:枠順の影響=内枠やや有利・外枠やや不利?
   (コース形状、起こりやすい「展開・馬場傾向」がいずれもわずかに内有利)
 注:斤量差の影響=なし(全馬55.0kg)
   (460kg以下の馬は馬体重の12%(=55.2kg以下)を超える斤量になるため、
    パフォーマンスの低下に繋がりやすい。前哨戦+1.0kg増による評価の調整を推奨)
少注:距離適性は「終いの直線が長いマイル以上を早い上がりで好走」していれば問題なし


 コース形状(小刻みなアップダウン、仕掛けどころが上り、直線に上り坂がある競馬場では最長の直線)などからキレを中心とした末脚の総合力勝負になりやすいレース。
 桜花賞で好走した持続力優位の馬の期待値が下がること(仕掛けどころが上り坂に替わるなど、急加速力の要求度が増すため)、近年は緩急の小さい流れになりやすく=中距離~中長距離指向がやや高まっていること...などに注意。


PR 高速展開を先読み@してる指数があった!
実は、高速展開、短距離レースと相性がいい競馬指数提供サイトです。
安田記念に通じるこの↓↓↓短距離レースで
波乱を乗り越え指数1位、2位でFINISHしてる指数!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第27回アーリントンカップ 2018年4月14日
阪神 1600m タワーオブロンドン 牡3 1:33.4
指数1位タワーオブロンドン⇒1着タワーオブロンドン
=====================
第49回マイラーズカップ 2018年4月22日
京都 1600m サングレーザー 牡4 1:31.3
指数2位サングレーザー⇒1着サングレーザー

直近うまコラボが提供している『コラボ@指数』。
実は、いずれも安田記念に通じるレースで指数序列6番以内の馬だけで当てています。
しかもこの2レースは
指数1位2位がしっかり1着2着


だからこそ、安田記念の的中へ近づくために、
うまコラボを試す価値は十分にあります。
安田記念は無料での指数データ公開
この数字の低い馬がくる確率が高く、安田記念に通じるレースもお見事!!
≫≫お申し込みはこちらから
http://collabo-n.com/lp/ahead/?ad_id=3295

■うまコラボの無料会員特典
『安田記念予想』 (毎週の注目重賞予想が見れます。)
毎週全競馬場の1R~6Rまでの予想
他の予想サイトからすると、無料会員特典が少ないかもしれません。
だけど、当てることが競馬情報を提供するサイトの最大の使命。
的中に結びつかない不要な情報は必要ないんです。

■『月額1,980円』有料会員で各会場全レース見放題
無料予想以外のレース全部の予想 (全競馬場全レース指数解放)
うまコラボ厳選レースの少点数買い目提供 (評判が高いのはこの部分)
『あなたが思っている以上の成績を、毎週毎週叩き出しています。』
間違いなく、1,980円なら有料会員になってもいいかなと思っていただける指数システムを構築できていると思います。

高速&波乱展開の安田記念はうまコラボ指数でまず無料で見ませんか?!
≫≫お申し込みはこちらから

http://collabo-n.com/lp/ahead/?ad_id=3295


芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


 能力適性の用語解説(底力・キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

 

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログドアイが圧勝

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△