宝塚記念2018_結果回顧 ミッキーロケット・和田竜二騎手が内から抜け出す

 前傾かつ緩急の激しい消耗戦+やや内有利~内外フラットの標準的な芝で、内で脚を溜めた&底力(=ハイペース耐性)上位の差し馬が有利。 宝塚記念2018の回顧をしていきます。

回顧記事 目次


芝の馬場傾向 回顧

馬場傾向 回顧よりコピペ)

阪神競馬場 : 開催4/4週目(=A4+B4日)、Bコース使用2/2週目。水豪雨、土昼前後大雨?

 やや内有利~内外フラットで、時計レベルは土曜:非常に掛かる↓↓??日曜:少し掛かる↑↑?? 好走している血統は(日曜12Rまで、計12レース)、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×21、Northern Dancer系×6、Mr. Prospector系×5、Hail to Reason系(非SS系。Roberto系など)×1、Nasrullah系(Grey Sovereign系含む)×1、その他×2で、推測される芝質は「標準的な芝(前週比:変わらず)」

 最終週・4週目の阪神芝をまとめると、「やや内有利~内外フラットの標準的な芝で、時計レベルは土曜:非常に掛かる↓↓??日曜:少し掛かる↑↑??」


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ

 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


ラップタイムの評価


2018 34.4-37.0-23.9-36.3 =2'11"6稍重・少掛↑↑?
平均 36.2-37.5-24.1-35.4 =2'13"1少掛~掛?(2012~17、宝塚記念、良馬場、含:番手、計4レース)

※「3F-3F-2F-3F =11F」で表記


 ラップタイムを例年や平均と比べて評価すると、前傾かつ緩急の激しい消耗戦で、内で脚を溜めた&底力(=ハイペース耐性)上位の差し馬が有利。 阪神芝2200mでは公式ラップのテン3Fと2ブロック3Fの誤差が大きくなりやすい点に注意。

レース後のコメント(ラジオNIKKEI)


ミッキーロケット

挙動:
 ゲート少し早い、ダッシュ少し早く&少し控えて好位。 1・2角好位、最内? 3・4角好位→番手、最内→内から2頭分? 直線、内をキレる脚で伸びて押し切る。
短評:
 内外有利(馬場×展開)、展開と能力適性が一致? 前傾かつ緩急の激しい消耗戦を内で脚を溜めたことで、底力(=ハイペース耐性)優位の末脚を発揮できたと思われます。ミッキーロケット自身は力の要る芝でのパフォーマンスが高く、中距離~中長距離の東京や京都ではパフォーマンス低下するシーンに注意したいです。(※ サンスポの次走報によると、京都大賞典→ジャパンカップとのこと)
適性チェック:(最終更新:18'宝塚記念 58.0kg)
 ツナギは長さ普通(脚は長い、胴は長さ普通)、やや太い(蹄は大きい)、角度普通(蹄は寝る)。直飛節。 重めの芝の中長距離向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、重めの芝の2300m前後◎??(中距離○??) 荒れ馬場○?道悪▲-? ゲート:▲↑?? 先行力:F? 底力(=ハイペース耐性):D? キレ:D-? 持続力:E-? 総合力でD↑?相当 斤量フラット↑(パワータイプ-キレ優位)


結果から考える狙い方「宝塚記念」

[期待値:E?]=14頭基準/フルゲート18頭・A+Bコース
=スローペース時の持続力の要求度アップに注意


 ○:底力・持続力上位馬
   → 底力(=ハイペース耐性):C-~D? キレ:E~E-? 持続力:C-~D?
   (≒古馬G2以上の重賞実績上位馬。
    期待値は「持続力優位 > 先行力優位≧キレ優位」?
     → 大阪杯より前半の緩急が少し大きくなりやすく、逃げ・先行馬の勝率・期待値がダウン
       ただし、公式ラップタイムではテン3Fを早く、2ブロック2Fを遅く計時してしまう傾向あり。
     → 芝2200m以上の重賞実績馬が有利で、芝2000m以下がベストの馬は期待値ダウン)


 注:枠順の影響=フラット~外枠やや有利?内枠やや不利?
   (多頭数のときだけ要検討。 馬場傾向の影響が大きく、当日の伸びどころに注意)
 注:斤量差の影響=やや小さい?
   (底力・持続力の重要度が高い ≒ 負担斤量が重いため?
    前走比で斤量増になりやすいため、影響に注意。
     → キレ優位の馬の期待値ダウン、大型馬・パワータイプの期待値少しアップ)
 注:小回りが苦手な馬、非力な馬
   (いずれもマイナス要素。長い直線向きの馬、平坦巧者など。
    雨の影響が出やすい時期の最終週のため、平均より時計の掛かる馬場になりやすい)



 コース形状(スタートが下り坂、直後に急坂、小回りの1・2角、やや急な3角、3~4角中間は疑似直線で残り800mから下り坂が急になる、直線は150mほどの下りの助走区間をへて急坂)などから少し中弛みからの超ロングスパート勝負になりやすく、持続力優位かつ上がり上位の重賞実績上位馬の期待値が高いレース。
 キレ優位の馬≒根幹距離に好走が偏っている馬は期待値が低くなりやすいこと(負担斤量が重い、長く良い脚を問われるコース形状、最終週の荒れ馬場...などから)...などに注意。


芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


 能力適性の用語解説(底力・キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

 

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△