函館記念2018 予想 トリコロールブルーなど人気上位馬の適性が低そうなメンバー

予想のポイント

 コース形状などから額面の上がりが掛かる前傾ラップ~前掛かりの一貫ラップになりやすく、底力(=ハイペース耐性)・持続力の要求度が高くなりやすいレース。
 近年は内枠有利の傾向が強まっていること(馬場の耐久性向上、高速化などが影響)、日曜午前に雨の予報があること...などに注意。(土曜現在の予想)


 ◎ 人気ブログランキングへ
 ○ 人気ブログランキングへ
 ▲ なし

 △↓ マイネルハニー(枠順悪く、買い目から削除)


買い目はなるべくシンプルに。
単勝:◎○
ワイド・馬連:◎○


予想記事 目次

0. 函館記念2018 プレ予想 他場ではキレ不足のスタミナタイプを探したい
1. 予想のポイント
2. 馬場傾向
3. 印馬の短評・適性チェック
3+. 控えめ~厳しい評価の馬


 予想オッズからは、馬券をどこから買おうか迷いそう。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

 最近登場した「うまとみらいと」というサイトの指数がかなり当たっていて利用者が急増していると話題になっています。
 自分の力だけで予想するよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。

で、「うまとみらいと」の何が凄いの?

↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。

使ってみて感じたのは、とにかく「指数コンテンツ」が豊富だということ。
以前から3連単がよく当たると話題の「コラボ指数」に加えて、「的中率90%の鉄板系指数」と、「爆発力がある穴馬指数」までも。競馬指数コンテンツがいろいろ詰め込まれて取り放題といった感じです。

3つの指数とも使ってみましたが、個人的なお気に入りはやはり「コラボ指数」。

走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬=強い馬なので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓


↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。
因みにこの時、フェブラリーSの結果は憶えていますか?

コラボ指数順に並べると
15 インカンテーション
16 ノンコノユメ
18 サンライズノヴァ
19 ゴールドドリーム
21 テイエムジンソク

この5頭で勝負したわけですが、、

結果
15 インカンテーション 3着
16 ノンコノユメ    1着
18 サンライズノヴァ  4着
19 ゴールドドリーム  2着
21 テイエムジンソク  12着

どうですか?いとも簡単に3連単41,560円GET!

この時のコラボ指数考案者・北条直人の予想根拠がこちらです↓

「6番インカンテーションは前走地方の7着と過去データ的には対象ではなく人気も低いですが、直近3年全てで指数1位が絡んでいることから今回候補として入れました。前走データでも絞りましたが、指数的に見ても上手く上位でまとまっていますし、過去のデータからも指数上位が入りやすいのでこの5頭でイケるはず」

※「北条直人の競馬ブログ」より抜粋

重賞予想解説者:北条直人

6番人気→1番人気→4番人気の決着ですからね
こんなにサラリと当ててくるとは、、

この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分遡ってサンプルを取って的中率を調べてみたところ、、↓↓


コラボ指数:12月28日(木)的中率結果
==================================
単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7%
ワイド:91.3% 3連複:54.2% 3連単54.2%
==================================

コラボ指数:12月24日(日)的中率結果
==================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 3連複:41.7% 3連単41.7%
==================================

コラボ指数:12月23日(土)的中率結果
==================================
単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5%
ワイド:83.3% 3連複:25.0% 3連単25.0%
==================================

一般的に3連単の的中率は10%程度なので、
平均の約3~4倍、、
3回に1回は三連単が当たっていました!

この精度は、ぐーの音も出ない、、。

https://miraito.collabo-n.com
3連単が3回に1回当たるコラボ指数


 そして競馬ファンなら誰しもが願うきょう「週末全72レース全ての予想買い目提供」を実現している!

 TVでも新聞でも他の競馬サイトでもこの量の予想はできないです。これはまさに競馬ヲタク北条直人でなければできないサービスですね。
 確かにこんなサイトは今までありませんでした。

 週末全72レース分の「買い目付きの予想と考察・その根拠」が提供されるので、購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方まで知ることができます。
 プロ(さほど当たらないプロ)の予想に数万円かけて購入するより、格段に割がよいと思います。

 毎週のメインレースと1~6レースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
https://miraito.collabo-n.com
今「うまとみらいと」に登録すると無料でコラボ指数が見られます!



馬場傾向

函館競馬場 : 開催5/6週目(=A8+B4日)、A→Bコース変更・使用1/2週目。月雨、火大雨、金雨、日午前雨?

 やや前・内有利で、時計レベルは土曜:標準↑↑?? 好走している血統は(土曜12Rまで、計7レース)、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×13、Mr. Prospector系×3、Northern Dancer系×3、Hail to Reason系(非SS系。Roberto系など)×1、Nasrullah系(Grey Sovereign系含む)×1で、推測される芝質は「標準的な芝(前週比:軽くなる~少し軽くなる)」

 5週目土曜現在の函館芝をまとめると、「やや前・内有利の標準的な芝で、時計レベルは土曜:標準↑↑??」

 明日にかけての天気は、日曜の朝~昼過ぎまで雨の予報。土曜より芝質や時計レベルが低下しそうで、SS系の好走割合が減るのでは。



馬場観察レース : netkeiba.com レース一覧


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ

 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


印馬の短評・適性チェック

 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)


人気ブログランキングへ

短評:
 底力・持続力に偏った中距離馬?
 ここで狙いたい理由は、函館芝2000mへの適性の高さ。
 17'五稜郭ステークス(=テンだけが緩い一貫ラップ、この条件としては少し早いペース)を7頭立てとはいえ後方からマクって差し切ったように、底力(=ハイペース耐性)や持続力に偏った能力を持ち、洋芝向きのパワーも兼備。他場ではキレ(=トップスピードと急加速力)不足や急坂でのパフォーマンス低下が起こっているように感じますが、函館芝2000mならそれらの不安が消えます。血統も父バゴ(欧州型Nasrullah系)×母父ステイゴールド×母母父ホリスキー(菊花賞馬。その父マルゼンスキー)とスタミナ色が非常に強くなっていて、重賞初制覇の可能性が抜けて高いのは函館記念なのでは。最上位に評価したいです。
適性チェック:(最終更新:17'アンドロメダS 54.0kg)
 ツナギは長さ普通(脚はやや長い)、やや太い、やや立ち(蹄はやや寝る)。直飛節。 重めの芝の中距離向き、血統は中距離向き(??)+気性難で、重めの芝の2000m◎?(1800m○??) 荒れ馬場・道悪○? 先行力:G+(甘め)?? :E-? キレ:F-? :E-(甘め)? 総合力でE-~E-(甘め)?相当 急坂:▲??(やや頭高い走り+前脚の捌きから)


人気ブログランキングへ

短評:
 底力・持続力に偏った中距離馬??
 ここで狙いたい理由は、底力・持続力に偏った条件での強さ。
 昨年の函館記念を優勝したルミナスウォリアー。この馬と17'AJCC(=ほぼ一貫ラップで、このレースとしてはかなりのハイペース)では0.1秒差の6着、17'金鯱賞(=額面の上がりが掛かる&後傾の一貫ラップ)ではハナ差先着の4着...と、芝2000m~2200mではルミナスウォリアーに近い能力や適性を示しているのが本馬・人気ブログランキングへです。スタミナ指向の能力に偏るのは血統(父ハーツクライ×母父ホワイトマズル×母母父タイトスポット)のイメージ通りで、函館記念はその能力を発揮しやすい数少ないレースと推測されます。人気がないなら積極的に評価したいです。
適性チェック:(誤差+プラス修正に注意。 最終更新:16'ウェルカムS)
(誤差注)ツナギは長さ普通、太さ普通、角度普通(蹄は寝る)。直飛節気味? 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、標準的な芝の中距離◎?? 荒れ馬場▲?道悪▲-?? 先行力:G-? :E-? キレ:F-? :E-(甘め)? 総合力でE-?相当


▲ なし


△↓ 6-11 マイネルハニー

短評:
 全体的なスピードに優れる中距離馬??
 ここで見直したい理由は、状態の向上や斤量減。
 前走の巴賞(=中弛み風味の後傾ラップ)は+12kgの馬体重増や、メンバー最重量の58.0kg、内が有利になる「馬場傾向×展開」で最内を回れなかったこともあって敗戦。そこから馬体のスリムアップが望め、斤量減、枠順次第では内外の利も見込める今回は巻き返しを期待できるのでは。近走のレース内容から芝1800mより芝2000mでパフォーマンスを上げてきた印象もあり、自身が全体的なスピードを生かして前後・内外の利を得つつ、後続の末脚を削ぐ展開(函館芝2000mのコース形状なら実現しやすい)に持ち込めればクラブの先輩マイネルミラノに続いて函館記念で好走しても。枠順次第では印を回しておきたいです。
適性チェック:(最終更新:18'白富士S 57.0kg)
 ツナギは長さ普通、太い、角度普通。直飛節気味。 重い芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、重い芝の1900m前後◎↑?(軽い芝▲?? マイル▲-↓??) 荒れ馬場・道悪○?(レース振りから) :▲+?? :E(甘め)? :E? キレ:F(甘め)? :E-? 総合力でE?相当 斤量注(逃げ・番手馬)


※ 外めの枠を引いたため、評価を下げます。


PR-4頭に絞れてさらに2頭くる夏競馬


いつも使用してるHitMake
穴馬1頭+他有力馬4頭公開
先週はその有力馬4頭のうち2頭ないし3頭入賞決着


せっかくなので一緒に見ていきましょう。


2018年7/7(土)函館11R 五稜郭ステークス
マイスタイル 1番人気ー1着
スティッフェリオ 2番人気ー2着

ドレッドノータス 4番人気ー3着

アクート3番人気ー7着







2018年7/7(土)中京11R 豊明ステークス
エイシンティンクル 4番人気ー1着
レインボーフラッグ 1番人気ー2着

オールポッシブル2番人気ー13着
エスティタート3番人気ー5着






2018年7/8(日)函館11R マリーンステークス
ユラノト 1番人気ー1着
ハイランドピーク 2番人気ー2着

ストロングバローズ5番人気ー12着
メイショウスミトモ10番人気ー9着






2018年7/8(日)中京11R プロキオンステークス(G3)
マテラスカイ 5番人気ー1着

インカーテーション 1番人気ー2着

ドリームキラリ4番人気ー6着
キングズガード3番人気ー7着







先週ここの有力馬4頭の50%は入賞してたんです。

HitMakeの有力馬4頭を軸馬にするのもあり!な週でした。

ーーこれが毎週無料公開されてますーー

全メインレース穴馬1頭+有力馬4頭無料公開・・・本当です。


週末全メインレース5頭ずつ公開~合計約30頭前後提供



HitMake
※同時に利用者10万人のコラボ指数データも確認できます。
※メアド登録のみ、迷惑メールフォルダに入る場合もございます。
※アドレス入力間違えますとリターンメールはきませんのでご注意を



控えめ~厳しい評価の馬(枠番順)


2-3 サクラアンプルール

短評:
 キレを中心とした末脚のバランスに優れる中距離馬??
 ここでの不安は、高いレベルでの持続力(+底力)不足。
 函館記念は持続力(≒距離延長への適性)に偏った末脚を要求されやすいレースのため、好走が芝1800m~2000mに集中している & 中長距離でのパフォーマンスが低い & キレ優位の末脚を持ったサクラアンプルールでは持続力不足によるパフォーマンスの低下が心配されます。G2勝ちの分 ハンデも重く、人気なら期待値が低くなっているのでは。厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(マイナス修正に注意。 最終更新:17'札幌記念 57.0kg+α)
(ツナギチェックなし) 血統はマイル~中距離向きで、標準的な芝の中距離◎?? 荒れ馬場・道悪?? 先行力:G+? :E-? :E? :E-?? 総合力でE(甘め)?相当 斤量少注(キレ優位) 半兄:サクラメガワンダー


3-5 スズカデヴィアス

短評:
 持続力・底力に優れる中距離~中長距離馬?
 ここでの不安は、洋芝向きのパワー不足。
 芝2000m~2200mの重賞で連対するなど函館記念向きの持続力・底力(=ハイペース耐性)を備えていて、スムーズに末脚を伸ばせれば上位を狙えると思われます。...ただ、馬体重のイメージに反して重い芝・時計の掛かる馬場ではパフォーマンスが低下している印象があり、雨の影響を受けた函館芝ではパフォーマンスが低下する心配があります。重いハンデも不安を強くする要素で、人気なら期待値が低くなっているのでは。控えめな評価から考えたいです。
適性チェック:(マイナス修正に注意。 最終更新:18'新潟大賞典 56.5kg)
(誤差注)ツナギはやや長い(胴は長さ普通)、やや細い、角度普通?曲飛節気味? 血統は中距離向き(??)で、軽めの芝の2200m◎??(重い芝▲-? 2400m○?? 2000m▲??) 荒れ馬場・道悪▲-? 先行力:G+?(差しに変化) :E(甘め)? キレ:F? :E? 総合力でE~E(甘め)?相当 平坦○?急坂▲-?(首使い不安定)


4-6 エアアンセム

短評:
 ワンペース気味の全体的なスピードに優れる中距離馬??
 ここでの不安は、末脚不足(による好走できる挙動の狭さ)。
 父シンボリクリスエスのイメージ通り、ワンペース気味の末脚・全体的なスピードを生かす挙動が合いますが、それ以外の挙動への適性・能力の裏付けが低く、好走できる展開×挙動が非常に狭いと思われます。馬群が密集しやすい函館記念では不利の受けやすさや仕掛け遅れのリスクなども高まる思われ、そこそこ人気なら厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(誤差の大きさ&マイナス修正に注意。 最終更新:18'スピカS 57.0kg)
(誤差大きい)ツナギはやや長い?太さ普通、角度普通?標準飛節?? 標準的な芝の中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の中距離◎?? 荒れ馬場・道悪▲? :F(甘め)? :E-(甘め)? キレ:F-?? :F?? 総合力でE-(甘め)??相当 おじ:エアシェイディほか


4-7 トリコロールブルー

短評:
 持続力優位の末脚のバランスに優れる中距離馬??
 ここでの不安は、高いレベルでの持続力(+底力)不足。
 函館記念は持続力(≒距離延長への適性)に偏った末脚を要求されやすいレースのため、好走が芝1800m~2000mに集中している & 中長距離でのパフォーマンスが相対的に低い & キレ(=トップスピードと急加速力)のバランスが取れているトリコロールブルーでは持続力不足によるパフォーマンスの低下が心配されます。総合力の高さから大敗の可能性は低そうですが、人気に見合う勝率や連対率を疑ってみても。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:18'鳴尾記念 56.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(後脚やや長い)、やや太い、角度普通。直飛節気味? 重めの芝の中距離向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、重めの芝の2000m前後◎?? 荒れ馬場○?道悪▲?? 先行力:F-?? :E-~E-(甘め)? :E-(甘め)? :E-? 総合力でE(甘め)?相当 平坦○??急坂▲??(走法+レース内容から) 半兄:ワールドインパクト


6-10 ブレスジャーニー

短評:
 キレに優れる千八巧者~マイラー??
 ここでの不安は、持続力不足。
 やや小柄な馬体+母父タニノギムレットという血統のイメージ通り優れたキレ(=トップスピードと急加速力)を持っていますが、持続力の裏付けは弱いまま。函館芝2000m(=持続力の要求度が高く、キレの要求度が低い。 向正面が上り→小回り→全10場でもっとも短い直線などから)では持続力不足によるパフォーマンス低下が強く心配されます。出走予定登録馬の平均よりやや重いハンデもキレを削ぐ要素で、そこそこ人気なら厳しい評価から考えたいです。
チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:17'チャレンジC 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(前脚やや短い?)、やや細い、やや寝る。直飛節。 軽めの芝のマイル前後向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、軽めの芝のマイル~1800m◎?? 荒れ馬場▲-??道悪△+?? ゲート:▲↑?? 先行力:G? :E-(甘め)? :E-? 持続力:F(甘め)? 総合力でE-?相当 斤量注(やや小柄+キレ優位)


7-13 ナイトオブナイツ

短評:(18'巴賞 回顧)
 内外やや有利、展開と能力適性がやや一致?? ハービンジャー産駒としては珍しくキレ(=トップスピードと急加速力)と持続力のバランスが良い&ややキレ優位の馬で、今回の展開は能力を発揮しやすいものだったと思われます。タフな条件での好走例は少なく、マクリ・持続力(≒距離延長への適性)優位の末脚を要求される条件ではパフォーマンスの低下に注意したいです。例えば、函館記念あたりでは苦戦しやすそう。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:18'巴賞 56.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(胴は少し短い)、太さ普通、角度普通(蹄はやや寝る?)。標準飛節? 標準的な芝のマイル~中距離以下向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の1800m◎??(マイル○-?? 2000m▲+??) 荒れ馬場▲??道悪▲-?? 先行力:G+? :F? :E-(甘め)? :F?? 総合力でE-(甘め)??相当 斤量注(やや小柄↑+ややキレ優位) 急坂▲??(小柄+フットワークから) おば:シャイニンルビー


芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


競馬ブログ トラコミュ

 函館記念(2018)
 函館記念みんなの予想
 函館記念 データ分析
 重賞レース予想(GIII・JpnIII編)

 

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ


函館記念 2018 予想の詳細を見る

最新記事一覧

もっとみる >