菊花賞2018 プレ予想 ブラストワンピースやエタリオウの評価は?

 菊花賞はコース形状+初の芝3000mなどから、中弛みからのロングスパート勝負になりやすいレース。
 菊花賞の傾向と対策、出走予定登録馬を見ていきたいと思います。


プレ予想 目次

1. 結果から考える狙い方(傾向と対策)
2. 各馬の短評(出走予定登録馬)
ブラストワンピース、エタリオウ、エポカドーロ、ジェネラーレウーノ、グレイル、フィエールマンまで追加(10/14 21:36)


□■□■□■□■□■□■□■□■□

    第79回 菊花賞(G1)

     万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

    →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

神戸新聞杯を制し、秋緒戦で好スタートを切ったワグネリアンは、距離適性を考慮して天皇賞・秋へ向かうことに。となれば、皐月賞馬エポカドーロが主役と言える存在だが、スタートで躓くアクシデントはあったものの、前走の神戸新聞杯は4着と初めて馬券圏外に終わっただけでなく、自身の死角を露呈した格好。そもそも、全馬にとって初めてとなる京都3000mの舞台だけに、虎視眈々と最後の1冠を狙う陣営は少なくない。

その他にも、新潟記念から異例のローテーションでGI獲りを狙うブラストワンピース、前哨戦のセントライト記念を制したジェネラーレウーノ、1勝馬ではあるが、これまでの走りを見れば実力は確かな神戸新聞杯2着馬エタリオウなど、多士済々なメンバーが揃っている。

そんな"混戦"ムードの時こそ、モノを言うのが情報力。競馬界の大物OBを筆頭に、業界最高峰の情報網を有するシンクタンクは、騎手、厩舎、馬主、生産者、外厩、エージェントなど、あらゆる関係者から情報を入手し、どの馬が"買い"で、どの馬が"危ない"のかを把握することができる。

昨年は55万馬券と大波乱決着になったレースだが「今年も10万馬券以上の決着は十分にある」というのが、事情通の関係者たちの大半の意見。しかし、新聞やネットなど、一般マスコミを介して流れる情報だけを頼りに馬券を買うのは、極めて心許ないと言わざるを得ない。

そこで、今週は競馬総合情報社シンクタンクがお届けする菊花賞の【3連単勝負馬券】を特別に無料公開させて頂く。菊花賞の馬券を購入される方は、是非このチャンスをお見逃しのないようご注意頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    第79回 菊花賞(G1)

     万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

    →ココをクリック!


結果から考える狙い方「菊花賞」

[期待値:E-~F?]=2017年は極端に酷い道悪馬場だったため、あまり反映せず。
展開の幅広さに注意。緩急の大きい展開などでは中距離馬が距離をこなしてくる場合も。


 ○:底力・持続力上位の中長距離~長距離馬
   → 先行力:E-~F? 底力(=ハイペース耐性):E-~F? キレ:F~F-? 持続力:E-~F?(2つ以上)
   (≒1600万下~1000万下以上の総合力を示している馬。
    期待値は「持続力 > 先行力 > キレ」。
     → 中弛みからの中低速ロングスパートになりやすいため。
       → 持続力は、道中で押し上げて好走していれば甘く評価可。
        距離延長や淀の坂・下りで前進の可能性があるため。
    先行力:G?以下かつ後方に控えそうな人馬は、期待値ダウン
     → 後方から差すには、前後・内外の不利がやや大きくなりやすい)


特注:枠順の影響=内枠有利・外枠不利?
   (スタートから1周目3角までが短い、コーナー数が多い、時計レベルの早さ...などから)
 注:斤量差の影響=なし
   (斤量差がまず発生せず+キレ・先行力とも要求度が低いため)
 注:人馬の長距離適性や道悪の影響
   (初の芝3000mなので、長距離適性や道悪適性が大きく影響。
    馬の脚の長さ、人馬の折り合いの良し悪し、道悪馬場での消耗度アップなど)
 注:平坦巧者の巻き返し
   (トライアルが東西とも急坂なので、急坂→平坦替わりの影響に注意)



 コース形状(スタート地点が上り坂&すぐに1周目の3角、淀の坂・1回目、平坦、淀の坂・2回目、直線平坦)+初の芝3000mなどから、中弛みからのロングスパート勝負になりやすいレース。
 枠順の有利・不利が大きいこと(三冠唯一の非根幹距離+コース形状+良好な馬場などから)、中長距離で実績があれば距離不安が小さいこと(高速馬場+古馬の長距離戦より前半のペース早くなりやすいため?)...などに注意。

現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週・月曜以降に更新)


各馬の短評・適性チェック

 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)


ブラストワンピース

短評:
 末脚のバランスに優れる中距離~中長距離馬??
 ここでの不安は、距離の長さ。
 新潟記念2018で古馬を相手に完勝するなど、総合力の単純比較では例年の菊花賞の優勝馬のレベルを超えています。しかし、毎日杯(芝1800m)と新潟記念(芝2000mのハイペース)で好走したこと(=距離適性の下限が中距離にありそうなこと)、ブラストワンピース自身の馬体重の重さ×母系のパワー色の強さ...などが高速馬場の京都芝3000mではマイナスになりそうで、これまでよりパフォーマンスを落としてしまうのでは。1人気なら逆転されるシーンに寄せて馬券を考えたいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:18'新潟記念 54.0kg)
(誤差注)ツナギはやや長い、太い、やや寝る(蹄は寝る)。直飛節。 重い芝の中距離~中長距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、重い芝の2000m~中長距離◎??(1800m▲+??) 荒れ馬場○??道悪△?? 先行力:F-?? 底力(=ハイペース耐性):E(甘め)?? キレ:E(甘め)? 持続力:E-(甘め)?? 総合力でE(甘め)??相当 平坦○??急坂▲+??(やや頭高い×父から)


エタリオウ

短評:
 持続力・底力に優れる中長距離馬??
 ここで狙いたい理由は、持続力(≒距離延長への適性)の高さ。
 日本ダービー2018(=中弛みスローからのロングスパート勝負。動き出しが古馬OP特別並みに早い)では二桁番手から善戦していて、持続力に高い素質を見せていました。前走の神戸新聞杯2018(=「中弛みロングスパート」風味の上がり勝負)でも前後が不利な中で追い込んで2着と、成長したキレ(=トップスピードと急加速力)と高い持続力を示していて、距離延長かつ仕掛けどころが下り坂の菊花賞はベストに近い条件だと思われます。内外のコースロスを考えても上位に評価したいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:18'神戸新聞杯 56.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(脚・胴はやや長い~長い)、太さ普通、角度普通(蹄はやや寝る)。標準飛節? 標準的な芝の中長距離~長距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の中長距離◎??(長距離○??) 荒れ馬場・道悪▲+??(父ステイゴールドからプラス修正) 先行力:G+?? 底力(=ハイペース耐性):F?? キレ:F-?? 持続力:E-?? 総合力でE-(甘め)??相当 斤量少注↓(やや小柄↑)


エポカドーロ

短評:
 全体的なスピードに優れる千八巧者??
 ここで見直したい理由は、ロングスパート戦での強さ。
 日本ダービー2018(=中弛みスローからのロングスパート勝負。3ブロックの動き出しが古馬OP特別並みに早く、多くの馬が終いの脚をなくしていたと推測されます)では逃げて2着に好走。キレ(=トップスピードと急加速力)の要求度が低い条件になれば高い実力を示しています。神戸新聞杯は出遅れなどでキレの要求度が高くなったための敗戦だと思われ、同世代相手の菊花賞であれば距離の不安より簡単にはバテない強みが上回るのでは。母系のスピード色の強さを不安に思いつつも、上位候補の1頭として評価したいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:18'日本ダービー 57.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通~少し短い、やや太い、角度普通(蹄はやや寝る)。直飛節気味。 重めの芝のマイル~中距離向き、血統はマイル前後向き(??)で、重めの芝の中距離◎?? 荒れ馬場・道悪○??(血統+レース内容から馬場適性にプラス修正) 先行力:F?? 底力(=ハイペース耐性):E(甘め)?? キレ:F(甘め)~F-?? 持続力:E-?? 総合力でE(甘め)~E-↑??相当


ジェネラーレウーノ

短評:
 全体的なスピードに優れる中距離馬??
 ここでの不安は、実力不足。
 セントライト記念2018では中弛みからの極端なロングスパート勝負で逃げ切り。全体的なスピードに良さを示していますが、同じく全体的なスピードに良さがあるエポカドーロ相手では実力で大きく劣ります。母系のパワー色の強さ(母父ロックオブジブラルタル、母母父Storm Cat、母母母父Alydar、母母母母父Nijinsky)も平坦替わりや距離延長も不安要素(~マイナス要素にもなる可能性あり)で、期待値は低くなっているのでは。厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:18'セントライト記念 56.0kg)
(誤差注)ツナギはやや長い、太さ普通、角度普通。直飛節気味? 標準的な芝の中距離向き、血統は中距離向き(??)で、標準的な芝の2000m~2200m◎??(1800m▲??) 荒れ馬場・道悪▲?? 先行力:F-?? 底力(=ハイペース耐性):F(甘め)~F-?? キレ:G+(甘め)?? 持続力:F-(甘め)?? 総合力でF-↑??相当


グレイル

短評:
 持続力・底力に優れる中長距離馬??
 ここで狙いたい理由は、ギアチェンジできてからの持続力の高さ。
 先行力やトップスピードの高さには成長が感じられませんが、セントライト記念2018(=2番手推定では中弛みからの極端なロングスパート勝負)を直線での進路変更に時間が掛かりながら3着に好走するなどギアチェンジできてからの持続力(≒距離延長への適性)は高く、ステイヤーに似た特徴を示しています。デビューから京都芝2000mで2連勝(いずれも極端な「後傾の中弛み」ラップ)したように淀の坂・下りでギアチェンジの遅さを補い、直線平坦でバテない末脚を発揮できる菊花賞は能力を発揮しやすい条件だと思われ、実績上位馬との実力差を縮めることができるのでは。相手候補の1頭として評価したいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:18'セントライト記念 56.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(後脚やや長い)、太さ普通、角度普通(蹄はやや寝る)。標準飛節? 標準的な芝の中長距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の中長距離◎?? 荒れ馬場・道悪▲?? 先行力:G?? 底力(=ハイペース耐性):F(甘め)?? キレ:F-(甘め)?? 持続力:F? 総合力でF~F(甘め)??相当 急坂▲+??(やや頭高い-前脚叩きつける走り) 半兄:ロジチャリス


フィエールマン

短評:
 キレを中心とした末脚の総合力に優れる中距離馬??
 ここでの不安は、距離の長さ+実力不足。
 足回りや血統、末脚の特徴から「中距離がベストかつ距離適性は狭いタイプ」と推測され、大幅な距離延長でパフォーマンスを向上させるのは難しいと思われます。また、ラジオNIKKEI賞2018までに示した実力は500万下相当で、春に準OPレベルの能力を示したG1実績馬相手では実力で大きく劣ります。キレ(=トップスピードと急加速力)優位の末脚から負担斤量の増加も大きなマイナスで、厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:18'ラジオNIKKEI賞 54.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通~少し長い、太さ普通、やや立ち。直飛節。 標準的な芝の中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の中距離◎?? 荒れ馬場▲??道悪▲+?? ゲート:▲-?? 先行力:G? 底力(=ハイペース耐性):F-(甘め)?? キレ:F-? 持続力:F-(甘め)?? 総合力でF-↑~F-??相当 斤量少注(キレ優位)


現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週・月曜以降に更新)

 予想オッズからは、馬券をどこから買おうか迷いそう。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

 最近登場した「うまとみらいと」というサイトの指数がかなり当たっていて利用者が急増していると話題になっています。
 自分の力だけで予想するよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。

で、「うまとみらいと」の何が凄いの?

↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。

使ってみて感じたのは、とにかく「指数コンテンツ」が豊富だということ。
以前から3連単がよく当たると話題の「コラボ指数」に加えて、「的中率90%の鉄板系指数」と、「爆発力がある穴馬指数」までも。競馬指数コンテンツがいろいろ詰め込まれて取り放題といった感じです。

3つの指数とも使ってみましたが、個人的なお気に入りはやはり「コラボ指数」。

走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬=強い馬なので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓


↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。
因みにこの時、フェブラリーSの結果は憶えていますか?

コラボ指数順に並べると
15 インカンテーション
16 ノンコノユメ
18 サンライズノヴァ
19 ゴールドドリーム
21 テイエムジンソク

この5頭で勝負したわけですが、、

結果
15 インカンテーション 3着
16 ノンコノユメ    1着
18 サンライズノヴァ  4着
19 ゴールドドリーム  2着
21 テイエムジンソク  12着

どうですか?いとも簡単に3連単41,560円GET!

この時のコラボ指数考案者・北条直人の予想根拠がこちらです↓

「6番インカンテーションは前走地方の7着と過去データ的には対象ではなく人気も低いですが、直近3年全てで指数1位が絡んでいることから今回候補として入れました。前走データでも絞りましたが、指数的に見ても上手く上位でまとまっていますし、過去のデータからも指数上位が入りやすいのでこの5頭でイケるはず」

※「北条直人の競馬ブログ」より抜粋

重賞予想解説者:北条直人

6番人気→1番人気→4番人気の決着ですからね
こんなにサラリと当ててくるとは、、

この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分遡ってサンプルを取って的中率を調べてみたところ、、↓↓


コラボ指数:12月28日(木)的中率結果
==================================
単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7%
ワイド:91.3% 3連複:54.2% 3連単54.2%
==================================

コラボ指数:12月24日(日)的中率結果
==================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 3連複:41.7% 3連単41.7%
==================================

コラボ指数:12月23日(土)的中率結果
==================================
単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5%
ワイド:83.3% 3連複:25.0% 3連単25.0%
==================================

一般的に3連単の的中率は10%程度なので、
平均の約3~4倍、、
3回に1回は三連単が当たっていました!

この精度は、ぐーの音も出ない、、。

https://miraito.collabo-n.com
3連単が3回に1回当たるコラボ指数


 そして競馬ファンなら誰しもが願うきょう「週末全72レース全ての予想買い目提供」を実現している!

 TVでも新聞でも他の競馬サイトでもこの量の予想はできないです。これはまさに競馬ヲタク北条直人でなければできないサービスですね。
 確かにこんなサイトは今までありませんでした。

 週末全72レース分の「買い目付きの予想と考察・その根拠」が提供されるので、購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方まで知ることができます。
 プロ(さほど当たらないプロ)の予想に数万円かけて購入するより、格段に割がよいと思います。

 毎週のメインレースと1~6レースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
https://miraito.collabo-n.com
今「うまとみらいと」に登録すると無料でコラボ指数が見られます!



芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ

 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


競馬ブログ トラコミュ

 菊花賞みんなの予想
 菊花賞(GI)
 菊花賞 (G1)
 菊花賞(G1)分析
 重賞レース予想(GI・JpnI編)

 

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△