エリザベス女王杯2018 結果回顧(速報・重賞) リスグラシューが過去最高の走りでG1制覇

ラップタイムの評価

エリザベス女王杯2018(36.4-37.5-24.5-34.7 =2'13"1少掛↑??) 若干中弛みからのロングスパート勝負=例年より中盤3F+2Fが引き締まった展開で、前目・内目に付けた持続力上位馬が有利。 レースレベルは例年並みの印象。
レース後のコメント(ラジオNIKKEI)

リスグラシュー

挙動:
 ゲートわずかに早い、中団から。 1・2角中団(縦長)、内から2・3頭分?? 3・4角中団、内から2・3頭分? 直線、外目→馬場の真ん中→内目を終いまでしぶとく伸びて差し切る。
短評:
 前後やや不利、展開と能力適性が一致? 若干中弛みからのロングスパート勝負(=例年より中盤3F+2Fが引き締まった展開)+モレイラ騎手が脚を余さない騎乗をしたことで、キャリアハイのパフォーマンスを発揮。距離不安を考えていましたが、恐れ入りました<(_ _ )> リスグラシュー自身は急加速力・キレを補う要素(コース形状、騎手、展開など)が欲しいようで、今回以上に合う条件はしばらく無いかも。
適性チェック:(最終更新:18'エリザベス女王杯 56.0kg)
 ツナギは長さ普通(胴の長さ普通、後脚やや長い)、やや細い、角度普通(蹄はやや寝る)。直飛節? 軽めの芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の1800m◎??(マイル・2000m○??) 荒れ馬場▲??道悪▲-??(馬場適性をレース振りから重めに寄せる) ゲート:▲↑?? 先行力:F-? 底力(=ハイペース耐性):E? キレ:E-? 持続力:E? 総合力でD-(甘め)~E?相当 斤量少注(やや小柄↑-急加速力不足)



当該週の馬場傾向は「カテゴリ:馬場傾向 回顧」にて。


□■□■□■□■□■□■□■□■□

   第35回 マイルCS(GI)

     万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

    →ココをクリック!
シンクタンク:マイルCS300_250.gif

━━━━━━━━━━━━━━━━━

春の安田記念は◎モズアスコットからズバリ的中をお伝えした当社だが、レースでは同馬が9番人気だったことからもわかる通り、マイル路線は確たる主役が不在の状況。しかも、秋のマイル王決定戦となるこの舞台は、3歳馬の参戦、天皇賞(秋)など中距離路線から転戦してくる実力馬、夏の上がり馬が一堂に会し、マスコミは"混戦"と報じることになる。一般ファンにとっても、大いに頭を悩ますレースとなることだろう。

しかし、世間が"混戦"を煽れば煽るほど、確かな情報力がある我々シンクタンクにとっては、オイシイ馬券を掴む絶好の状況となる。関係者の本音を知っていれば、人気馬でもバッサリと切ることが可能であり、逆にマスコミノーマークの勝負馬からオイシイ馬券を狙い撃つこともできる。

事実、冒頭で述べたように安田記念は本命に抜擢した◎モズアスコット(9番人気)が勝利し、宝塚記念では◎ワーザー(10番人気)、この秋も菊花賞の◎ユーキャンスマイル(10番人気)、天皇賞・秋では◎キセキ(6番人気)と、人気の盲点になっている馬達をズバリと本命に抜擢して馬券的中を掴んでいる。

今年のマイルCSでも、人気の盲点となりそうな馬券妙味タップリの"激走穴馬"の存在をマーク済み。万馬券はもちろん、5万、10万を超える特大万馬券決着もあり得ると見ている。そこで、今週は特別も特別、マイルCSの【3連単勝負馬券】を含めた、シンクタンクの関係者情報を特別に無料公開させて頂く。是非ともこの機会にシンクタンクの"本物の情報力"を体感してもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

   第35回 マイルCS(GI)

     万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

    →ココをクリック!
シンクタンク:マイルCS300_250.gif


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ

 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


 能力適性の用語解説(底力・キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

 

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△