朝日杯フューチュリティステークス2018 結果回顧(速報・G1) アドマイヤマーズが押し切る

ラップタイムの評価

朝日杯フューチュリティステークス2018(35.3-24.2-34.4 =1'33"9小雨↓、早??) 後傾の中弛みラップ=1000万下と比較するとテンの額面が早いハイペースで、内に付けた総合力上位馬が有利。 レースレベルは例年と同等=1000万下相当だと思われます。
レース後のコメント(ラジオNIKKEI)

アドマイヤマーズ

挙動:
 ゲートわずかに早い、ほぼ馬なりで番手→他馬を行かせて先行。 3・4角先行(→早めに仕掛け)、内から1・2頭分? 直線、馬場の真ん中~内目を終いまでしぶとく伸びて押し切る。
短評:
 内外やや有利(馬場×展開)、展開-挙動と能力適性がほぼ一致? 通過順こそ変わらないも早めの仕掛け(+少頭数と同じように他馬の影響を受けなかった)で持ち味の全体的なスピードや持続力を発揮できたと思われます。東京芝1600mで勝ち切るには末脚の総合力不足がネックになりそうですが、3歳春までのマイル~小回りの芝1800mなら安定した走りを期待できそう。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:18'朝日杯FS 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通、やや太い、やや寝る(蹄も寝る)。直飛節気味。 重めの芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、重めの芝のマイル~1800m◎??(2000m▲+??) 荒れ馬場○??道悪△+?? ゲート:▲+~▲?? 先行力:F(甘め)?? 底力(=ハイペース耐性):F(甘め)~F-?? キレ:F-(甘め)~G+?? 持続力:F-?? 総合力でF??相当


当該週の馬場傾向は「カテゴリ:馬場傾向 回顧」にて。


□■□■□■□■□■□■□■□■□

    第63回 有馬記念(GI)

    レイデオロ危うし!?
好配当を狙える【激走穴馬情報】を
      無料公開!

    →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

年度代表馬となることが濃厚な"今年の顔"と言うべき3冠牝馬アーモンドアイこそ参戦しないものの、オールカマー、天皇賞・秋と2連勝を飾り完全復活を印象づけたダービー馬・レイデオロを筆頭に、GI馬7頭(障害GI馬オジュウチョウサンを含めれば8頭)が参戦を予定し、今年もグランプリにふさわしいメンバーが揃ったと言える。

有馬記念と言えば、スポーツ紙は週頭から一面で取り上げ、普段は馬券を買わない層までもが興味を持ち、年末の風物詩となっているのは周知の通り。それだけに新聞社にとっては絶好の書き入れ時で、新聞を売るために、とにかく話題になり興味を引きそうな話をピックアップする。読者にとって、それが馬券の役に立つか立たないかは二の次であり、有名人やタレントの予想を大々的に取り扱い、全く勝負にならないような馬ですら『大穴』として取り上げたりするのだ。

そして今年は、障害界の大スター・オジュウチョウサンの参戦が大きな話題の1つとなる。しかも鞍上は武豊騎手、マスコミにとっては格好のネタになることは明らかで、取材がそこに注力されることは間違いない。また「有馬記念がラストラン」という馬も多くなるが、今年もサトノダイヤモンド、サウンズオブアースがこのレースで引退を予定している。平成最後の有馬記念、オグリキャップの劇的な復活勝利の再現を......と、根拠もなく煽り立てる可能性もあるだろう。

世間一般の競馬ファンは、こうした情報を新聞やネットを通じて目にして馬券を買うのだから「なかなか馬券が当たらない」となるのは、ある意味、必然とも言えるだろう。そもそも、有馬記念の1着賞金はジャパンカップに並ぶ3億円、これだけの賞金がかかるレースを前にして、本気でココを勝ちに行く陣営が、わざわざ自分たちのマークをキツくするような本音を、多くの人の目が触れる新聞やネットといった媒体に語ることはないのだ。

弊社には、名前を公表できるだけでも、ハイセイコーでお馴染みの増沢末夫・元JRA調教師、マルゼンスキーの中野渡清一・元JRA調教師、安田富男・元JRA騎手、境征勝・元JRA調教師、平井雄二・元JRA調教師など、現役競馬関係者の『大先輩』にあたる人物が数多く情報ルートとして在籍しており、確かな情報網を構築している。当社が入手する『本物の内部関係者情報』は、一般マスコミが世間に報じるような情報とは一線を画している。

既に弊社の下には有馬記念に関する様々な情報が入ってきている。過去の有馬記念でも、エアシェイディ(11番人気3着)、エイシンフラッシュ(7番人気2着)、トゥザグローリー(9番人気3着)、オーシャンブルー(10番人気2着)など、マスコミノーマークの穴馬をしっかりとマークして的中させてきた実績があるが、今年もこれらに匹敵するような激走穴馬の存在を掴んでいる。そこで、今週は特別も特別に、当社が掴んだ有馬記念の【激走穴馬情報】を無料公開する。この情報、有馬記念の馬券を買うつもりならば、絶対にチェックしてもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    第63回 有馬記念(GI)

    レイデオロ危うし!?
好配当を狙える【激走穴馬情報】を
      無料公開!

    →ココをクリック!


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ

 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


 能力適性の用語解説(底力・キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

 

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△