アメリカジョッキークラブカップ2019_プレ予想 フィエールマンやダンビュライトに不安は?

 アメリカジョッキークラブカップはコース形状などから緩急の小さい流れになりやすく、底力・持続力を中心とした総合力上位馬(≒重賞実績上位馬)が好走しやすい条件。
 アメリカジョッキークラブカップの傾向と対策、出走予定登録馬を見ていきたいと思います。


プレ予想 目次

1. 結果から考える狙い方(傾向と対策)
2. 各馬の短評(出走予定登録馬)
フィエールマン、ダンビュライト、ジェネラーレウーノ、シャケトラ、ミライヘノツバサまで追加(1/13 20:53)
【!】 開催週・月曜の夜以降に概ね5頭まで追記していきます。


□■□■□■□■□■□■□■□■□

  第60回 アメリカJCC(G2)

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
     を特別無料公開!

    →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

前週に京都でハンデG2・日経新春杯があるため、両睨みする陣営もおり、メンバーが分散する傾向にあるが、コチラは別定戦のため、ドバイ遠征を睨んだ一線級の実力馬が参戦するケースも珍しくない。

今年も菊花賞馬・フィエールマンがこのレースから始動。早くから有馬記念をパスしてココに参戦することが決まっており、菊花賞では最優秀3歳馬・ブラストワンピースを下していることからも、当然ながらココでも有力な1頭となる。ただ、中間には熱発を発症。賞金的にもココは"絶対に落とせないレース"ではなく、100%の仕上がりで臨むことはまずないだろう。他陣営にとっては、そこに付け入る隙があるわけだ。

虎視眈々と一発狙う『激走穴馬情報』を入手するためには、競馬関係者からの内部情報を入手することが不可欠。マスコミが報じる情報は、当たり障りのない建前ばかりのコメントが並び、陣営の本音を把握することはホボ不可能だ。一方、有馬記念を◎○の大本線1点目で【3連単2万5340円】をズバリと的中させ、現在、重賞・メインレースで104週連続的中を継続している重賞・メイン特捜部であれば、表に出ないような陣営のホンネも難なく入手できる。

既にフィエールマンの首を狙う『激走穴馬情報』も入ってきているが、今週は【AJCC・3連単勝負馬券】を、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り特別無料公開させて頂く。この機会に、是非ともシンクタンクの情報力を体感して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  第60回 アメリカJCC(G2)

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
     を特別無料公開!

    →ココをクリック!


結果から考える狙い方「中山芝2200m・古馬G2」

[期待値:E-?]=展開の幅広さ・影響度の強まりに注意。特に高速馬場になるオールカマー。
[ 近年~2・3年の特記事項 ]
時計レベルの差が固定化? オールカマーの方が緩いペースになりやすい(高速馬場が影響?)

 ○:底力・持続力を中心とした総合力上位馬
   → 先行力:D-~E? 底力(=ハイペース耐性):D~D-? キレ:E~E-? 持続力:D~D-?(2つ以上)
   (≒重賞実績上位馬。
    期待値は「持続力≧先行力≧キレ」?
     → 馬場や展開による変動に注意。
       オールカマー = 時計の早い馬場が基本で、トップスピード・キレの重要度が高い。
    先行力:F-~G+?以下の場合、信頼性ダウン。
     → 前後・内外の不利が大きくなりやすい。コーナーの割合が高い&大回りのため)

 注:枠順の影響=内外フラット?
   (スタートから1角までがやや長いため? 馬場傾向による変化に注意)
 注:斤量差の影響=±やや小さい?
   (急加速力やテンのスピードなどの重要度が低いため)
少注:リピーターの好走・巻き返し
   (路盤改修の影響で、リピーターの期待値が低下?)
少注:路盤改修で、排水性が大幅に改善
   (雨中の競馬でないかぎり、雨の影響は限定的)


 コース形状(テンで2度上る、コーナーが「大きく、区間も長い」、残り約1300m・2角後半~残り約700m・3角中間まで長い下り坂、短い直線と急坂)などから緩急の小さい流れになりやすく、底力・持続力を中心とした総合力上位馬(≒重賞実績上位馬)が好走しやすい条件。
 高齢のリピーターの期待値が低下したこと(路盤改修の影響でキレ・末脚の要求度が高くなり、以前のような「タフな馬場・展開での消耗戦」が起こり難くなったため)...などに注意。

馬場傾向の付記:
アメリカJCC = 重めの芝にややなりやすい。オールカマーより時計が掛かる分、展開の影響度が低下。
オールカマー = 時計レベルが早い。芝2500m前後がベストの馬は苦戦に注意。
 展開の影響度がアメリカJCCより強まりやすいも、上位評価2頭によるワイド1点買いなら期待値上昇?

現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週・月曜以降に更新)


各馬の短評・適性チェック

 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)


フィエールマン

短評:
 ややキレ優位の末脚に優れる中距離~中長距離馬??
 ここでの不安は、位置取りの不利×高いレベルでの持続力不足。
 先行力の裏付けが古馬重賞レベルでは非常に弱く、前後・内外の不利が大きくなる心配があります。加えて、菊花賞2018(=極端なスローからの上がり特化勝負かつ上がりの額面が早い展開)があまりに上がりに特化した展開だったため持続力の裏付けも弱く、中山芝2200m×時計のやや掛かる馬場(=コーナーから動いていける持続力優位の末脚が重要になりやすく、キレ(=トップスピードと急加速力)優位の末脚は期待値が低くなりやすい)では持ち味の末脚まで鈍る心配があります。パワー面の不安(=標準的な馬格×父ディープインパクトから)、血統的に得意でない中山芝2200m(×時計の掛かる馬場)...という不安・コース形状でもあるので、人気なら苦戦するシーンに寄せて予想しても。控えめな評価から考えたいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:18'菊花賞 57.0kg)
(誤差注)ツナギは少し長い(後脚長い)、太さ普通、やや立ち。直飛節。 標準的な芝の中距離~中長距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の中距離~中長距離◎??(1800m・長距離▲-??) 荒れ馬場▲??道悪▲+?? ゲート:▲↑?? 先行力:G? 底力(=ハイペース耐性):F(甘め)?? キレ:E-(甘め)?? 持続力:F?? 総合力でE-(甘め)~F↑??相当 斤量少注(キレ優位)


※ 前週の日曜終了時点で、昨年より時計の早い馬場(雨の影響が昨年より小さい)。トップスピードを生かせる可能性もありそうで、迂闊に消せなくなりました。


ダンビュライト

短評:
 全体的なスピードに優れる中距離~中長距離馬??
 ここでの不安を強いて挙げるなら、すんなりと前付けできるかどうか。
 昨年のアメリカジョッキークラブカップ2018(=中伸び~やや外伸びの標準~重めの芝で、時計レベルは標準↑?? 若干中弛みのほぼ一貫ラップ)を優勝したように、パワーとワンペース気味の全体的なスピードを生かせるアメリカジョッキークラブカップはベストと言える条件。...ただ、近走ではスタート前の落ち着きがなく、すんなりと前付けできるかどうかが大きな課題です。スムーズな競馬ができれば「実力×適性」は最上位で、上位候補の1頭としてマークしたいです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:18'AJCC 55.0kg)
(誤差注)ツナギはやや長い(後脚長い?)、太さ普通、角度普通(蹄はやや寝る)。標準飛節? 標準的な芝の中長距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、重めの芝の2200m前後◎??(マイル▲+??) 荒れ馬場・道悪▲+??(レース振りから重めにプラス修正) 先行力:E-(甘め)? 底力(=ハイペース耐性):E? キレ:F-? 持続力:E-? 総合力でD-(甘め)?相当 半兄:ラブラドライトなど


ジェネラーレウーノ

短評:
 全体的なスピードに優れる中距離馬??
 ここでの不安を強いて挙げるなら、成長の程度。
 セントライト記念2018(=中弛みからの極端なロングスパート勝負)を逃げ切ったように、全体的なスピードを生かしつつ&キレ(=トップスピードと急加速力)の重要度を下げられる中山芝2200mはベストと言える条件。能力の特徴からは死角がありません。ただ、菊花賞2018までに示した実力は例年に比べてそれほど高くなく、順調に成長していないと実力で見劣る心配があります。...とはいえ、スクリーンヒーロー産駒はレース間隔を空けると成績が良いそうで、菊花賞2018以来のレースなら心配しなくとも良さそう。人気でも上位に評価したいです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:18'菊花賞 57.0kg)
(誤差注)ツナギはやや長い、太さ普通、角度普通。直飛節気味? 標準的な芝の中距離向き、血統は中距離向き(??)で、標準的な芝の2000m~2200m◎??(1800m▲??) 荒れ馬場・道悪▲?? 先行力:F-?? 底力(=ハイペース耐性):F(甘め)?? キレ:G+?? 持続力:F-?? 総合力でF(甘め)??相当


シャケトラ

短評:
 底力・持続力に優れる中長距離馬??
 ここでの不安は、骨折による能力の低下やトップスピード不足。
 急坂の芝中長距離でのパフォーマンスが高い通り、中山芝2200mは能力を発揮しやすい条件。ただ、高速馬場でのキレ・トップスピード負けは心配で、骨折による能力の低下も心配です。以前の強さを見せて欲しいですが...。消極的な相手候補の1頭として。
適性チェック:(誤差の大きさ&マイナス修正に注意。 最終更新:18'有馬記念 57.0kg)
(誤差注)ツナギはやや長い?太さ普通?角度普通~やや立ち。標準飛節? 標準的な芝の中長距離向き、血統は中距離向き(??)で、標準的な芝の2300m前後◎??(2500m○-~▲+?? 2000m▲??) 荒れ馬場・道悪▲+?? 先行力:F(甘め)?? 底力(=ハイペース耐性):D-? キレ:F? 持続力:D-? 総合力でD-↑?相当


ミライヘノツバサ

短評:
 パワーと全体的なスピードに優れる中長距離馬?
 ここでの不安は、トップスピード・キレ不足。
 いずれも平均以下の時計レベルかつハイペースだった17'AJCCと17'日経賞を番手から好走するなど高い能力を示していますが、キレ(=トップスピードと急加速力)の裏付けが重賞レベルは非常に弱いまま。時計レベルが早いと得意の中山芝でもパフォーマンスが伸び悩む心配があります。とはいえ、過去に連対したのはすべて中山競馬場。巻き返すとすれば、今回か日経賞では。上位候補の1頭として。
適性チェック:(誤差の大きさに注意。 最終更新:18'オールカマー 56.0kg)
(誤差注)ツナギはやや長い?太い?角度普通?標準飛節? 重い芝の中距離~中長距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、重い芝の2300m前後◎?(2000m▲+?? 長距離△??) 荒れ馬場○?道悪▲?? ゲート:▲+?? 先行力:E-(甘め)? 底力(=ハイペース耐性):D-? キレ:F(甘め)~F-? 持続力:D-(甘め)? 総合力でD-~D-(甘め)?相当


現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週・月曜以降に更新)

 予想オッズからは、馬券をどこから買おうか迷いそう。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

 最近登場した「うまとみらいと」というサイトの指数がかなり当たっていて利用者が急増していると話題になっています。
 自分の力だけで予想するよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。

で、「うまとみらいと」の何が凄いの?

↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。

使ってみて感じたのは、とにかく「指数コンテンツ」が豊富だということ。
以前から3連単がよく当たると話題の「コラボ指数」に加えて、「的中率90%の鉄板系指数」と、「爆発力がある穴馬指数」までも。競馬指数コンテンツがいろいろ詰め込まれて取り放題といった感じです。

3つの指数とも使ってみましたが、個人的なお気に入りはやはり「コラボ指数」。

走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬=強い馬なので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓


↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。
因みにこの時、フェブラリーSの結果は憶えていますか?

コラボ指数順に並べると
15 インカンテーション
16 ノンコノユメ
18 サンライズノヴァ
19 ゴールドドリーム
21 テイエムジンソク

この5頭で勝負したわけですが、、

結果
15 インカンテーション 3着
16 ノンコノユメ    1着
18 サンライズノヴァ  4着
19 ゴールドドリーム  2着
21 テイエムジンソク  12着

どうですか?いとも簡単に3連単41,560円GET!

この時のコラボ指数考案者・北条直人の予想根拠がこちらです↓

「6番インカンテーションは前走地方の7着と過去データ的には対象ではなく人気も低いですが、直近3年全てで指数1位が絡んでいることから今回候補として入れました。前走データでも絞りましたが、指数的に見ても上手く上位でまとまっていますし、過去のデータからも指数上位が入りやすいのでこの5頭でイケるはず」

※「北条直人の競馬ブログ」より抜粋

重賞予想解説者:北条直人

6番人気→1番人気→4番人気の決着ですからね
こんなにサラリと当ててくるとは、、

この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分遡ってサンプルを取って的中率を調べてみたところ、、↓↓


コラボ指数:12月28日(木)的中率結果
==================================
単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7%
ワイド:91.3% 3連複:54.2% 3連単54.2%
==================================

コラボ指数:12月24日(日)的中率結果
==================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 3連複:41.7% 3連単41.7%
==================================

コラボ指数:12月23日(土)的中率結果
==================================
単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5%
ワイド:83.3% 3連複:25.0% 3連単25.0%
==================================

一般的に3連単の的中率は10%程度なので、
平均の約3~4倍、、
3回に1回は三連単が当たっていました!

この精度は、ぐーの音も出ない、、。

https://miraito.collabo-n.com
3連単が3回に1回当たるコラボ指数


 そして競馬ファンなら誰しもが願うきょう「週末全72レース全ての予想買い目提供」を実現している!

 TVでも新聞でも他の競馬サイトでもこの量の予想はできないです。これはまさに競馬ヲタク北条直人でなければできないサービスですね。
 確かにこんなサイトは今までありませんでした。

 週末全72レース分の「買い目付きの予想と考察・その根拠」が提供されるので、購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方まで知ることができます。
 プロ(さほど当たらないプロ)の予想に数万円かけて購入するより、格段に割がよいと思います。

 毎週のメインレースと1~6レースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
https://miraito.collabo-n.com
今「うまとみらいと」に登録すると無料でコラボ指数が見られます!



芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ

 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


競馬ブログ トラコミュ

 アメリカジョッキークラブカップみんなの予想
 アメリカJCC(2019)
 AJCC データ分析
 重賞レース予想(GII・JpnII編)

 

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△