日経新春杯2019 予想 グローリーヴェイズは馬場不向き?

予想のポイント

 コース形状×ハンデ戦などから中弛みからの上がり4F勝負にややなりやすいレース。
 京都大賞典より時計レベルは低いも中距離に寄った決着になりやすいこと、内有利の傾向が強調されやすいこと(コース形状+A→Cコース替わり2週目でやや内有利の馬場傾向+平均的な展開=中弛みからの上がり4F勝負から)...などに注意。(枠順確定前・木曜現在の予想)


見送り。
好走できる展開の狭い馬が多く、期待値が良好と思える馬がいないため。


予想記事 目次

0. 日経新春杯2019_プレ予想 ムイトオブリガードは緩急のある展開に不安あり
1. 予想のポイント
2. 馬場傾向
3. 各馬の短評・適性チェック


□■□■□■□■□■□■□■□■□

   第66回 日経新春杯(G2)

  万馬券を狙える≪お年玉馬券≫
      を無料公開!

    →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

冬場のハンデ重賞ということで一線級の参戦は稀だが、17年1着ミッキーロケット、16年2着シュヴァルグランらが後にGI馬となり、好走馬の中から活躍馬を多数輩出。いまや出世レースの1つとなりつつある。

ハンデ重賞ゆえに各馬の斤量がポイントとなるが、それに伴う陣営の思惑が馬券的中のカギを握ることも忘れてはいけない。賞金の高いG2ということもあり「今のままではGIを使うには賞金が心もとない。だから早い内に稼いでおきたい」と勝負懸かりの陣営もいれば「この距離だとあまり適鞍がないし、軽い斤量で出られるから」と力試しで臨む陣営「今年はこの馬に期待しているんだ」と、未来のGI馬候補となる逸材を送り出す陣営など、レースを巡る思惑は様々。無論、こうした陣営の本音が公になることはホボ無いと言っていい。

ハイセイコーの主戦騎手を務めた増沢末夫元調教師を筆頭に、今でも史上最強馬との呼び声が根強いマルゼンスキーの中野渡清一元調教師、伝説の名馬・サクラスターオーを手がけた平井雄二元調教師ら、競馬界の大物OBが在籍するシンクタンクの情報ルートたちは、騎手、厩舎、馬主、生産者、エージェントなど、あらゆる競馬関係者にパイプを持ち、親密な信頼関係を構築している。こうした大物たちが関係者から入手する"陣営の本音"が、馬券攻略において大きな武器になることは言うまでもないだろう。

今週は、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、元調教師率いる重賞特捜部がお届けする【日経新春杯・お年玉馬券】を特別無料公開。その他にも、馬券に役立つ情報を数多く無料でお届けさせて頂く。"本物の情報"を知らずに馬券を買っているのであれば、是非ともこの機会をキッカケにしていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

   第66回 日経新春杯(G2)

  万馬券を狙える≪お年玉馬券≫
      を無料公開!

    →ココをクリック!


馬場傾向

京都競馬場 : 開催1/7週目(=A7+B8日)、C→Aコース変更・使用1/3週目。

 少し前・内有利~内外フラットで、時計レベルは非常掛↓↓?? 好走している血統は(日曜12Rまで、計10レース)、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×16、Mr. Prospector系×7、Northern Dancer系×5、Nasrullah系(Grey Sovereign系含む)×1、Hail to Reason系(非SS系。Roberto系など)×1で、推測される芝質は「標準的な芝(前開催比:変わらず)」

 開幕週の京都芝をまとめると、「少し前・内有利~内外フラットの標準的な芝で、時計レベルは非常掛↓↓??」

 来週にかけての天気は、寒い日が続き、雨・雪のマークこそ無いも降水確率も高め。開幕週から例年より大幅に時計の掛かる馬場で、トップスピード不足を補って巻き返す逃げ馬などに注意したいです。


馬場観察レース : netkeiba.com レース一覧


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ

 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


各馬の短評・適性チェック(五十音順)

 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)


アフリカンゴールド(52.0kg)

短評:
 持続力・底力に優れる中長距離馬??
 ここでの不安は、「直線平坦×番手」からのキレ不足。
 500万下、1000万下とハイレベルな内容で2連勝していますが、いずれもゴールへと加速していく緩急の小さいラップだったと推定され、番手から抜け出す急加速力に不安が残ります。血統的にも持続力や全体的なスピードに優れても(母系のスピードを父ステイゴールドで変化?)、キレ(=トップスピードと急加速力)の上積みとしては期待しづらく、「直線平坦×番手」からの競馬では詰めの甘さを見せやすいのでは。軽ハンデかつ早め早めの競馬でこの不安を軽減できれば。消極的な上位候補の1頭として。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:18'菊花賞 57.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(胴や後脚はやや長い)、太さ普通~やや細い?角度普通。直飛節気味? 標準~軽めの芝の中距離~中長距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準~軽めの芝の中長距離◎??(中距離○??) 荒れ馬場・道悪▲~△+?? 先行力:F-(甘め)?? 底力(=ハイペース耐性):F?? キレ:F-(甘め)~G+?? 持続力:F?? 総合力でF↑~F??相当 急坂:▲+??(頭高い) 半兄:African Story(04'ドバイWCなど)


ガンコ(57.0kg)

短評:(アルゼンチン共和国杯2018 予想)
 パワー・底力・持続力に偏った中長距離馬??
 ここでの不安は、キレ(=トップスピードと急加速力)不足。
 ダートで3勝を挙げた成績+血統(父ナカヤマフェスタ×母父シングスピール)のイメージ通り、パワー・底力(=ハイペース耐性)・持続力に偏った能力を示していて、キレの重要度が低めの東京芝2500mでも高速馬場ではキレ不足を見せやすいと思われます。57.0kgの重めのハンデはこの不安を強める要素で、控えめな評価から考えたいです。
適性チェック:(マイナス修正に注意。 最終更新:18'日経賞 56.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(胴・脚はやや長い~長い?)、太い、角度普通。標準飛節? 重い芝の中長距離~長距離向きで、血統は中距離~中長距離向き(??)で、重い芝の中長距離◎??(長距離○??) 荒れ馬場・道悪○?? 先行力:F?? 底力(=ハイペース耐性):E? キレ:F-(甘め)?? 持続力:E?? 総合力でE??相当


グローリーヴェイズ(55.0kg)

短評:
 キレ・底力に優れる千八巧者~中距離馬??
 ここでの不安は、パワー不足。
 近年では少なくなった「小柄なディープインパクト産駒」で、高いパフォーマンスを示しているレースの多くが軽い芝質。このため、前週時点で例年よりタフな馬場の京都芝ではパワー不足からパフォーマンスが伸び悩む心配があります。持続力の裏付けもやや弱く、軽ハンデでも人気に見合う勝率は期待しづらいのでは。控えめな評価から考えたいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:18'菊花賞 57.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通、やや細い、角度普通(蹄はやや寝る)。標準飛節? 軽めの芝のマイル~中距離向き、血統はマイル前後向き(??)で、軽めの芝の1800m前後◎??(重い芝▲?? マイル・2000m○??) 荒れ馬場・道悪▲-?? ゲート:▲~▲-?? 先行力:G+?? 底力(=ハイペース耐性):F?? キレ:E-(甘め)?? 持続力:F(甘め)?? 総合力でE-(甘め)??相当 斤量特注(小柄~かなり小柄+ややキレ優位)


シュペルミエール(55.0kg)

短評:(オリオンステークス2018 回顧)
 前後かなり有利、展開と能力適性が完全に一致? ロングスパート勝負で高い持続力(≒距離延長への適性)を見せました。この冬の長距離重賞での走りが楽しみです(前走の勝ち馬アドマイヤエイカンはステイヤーズステークス2018で2着に好走)。キレ(=トップスピードと急加速力)の裏付けは弱いままで、キレの要求度が高い条件ではパフォーマンスの低下に注意。
適性チェック:(誤差の大きさに注意。 最終更新:18'オリオンS 57.5kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(脚はやや長い)、やや太い、やや立ち(蹄は寝る)。直飛節? 重めの芝の中長距離向き、血統は中距離向き(??)で、重めの芝の2500m前後◎??(長距離○?? 中距離△??) 荒れ馬場・道悪○??(血統によるプラス修正含む) 先行力:G+(甘め)? 底力(=ハイペース耐性):E-? キレ:F(甘め)? 持続力:E-? 総合力でE-?相当 おじ:アーデントほか


ノーブルマーズ(56.0kg)

短評:(アルゼンチン共和国杯2018 予想)
 底力・持続力に偏った中長距離馬??
 ここでの不安を強いて挙げるなら、急加速力不足×重めの斤量。
 底力(=ハイペース耐性)・持続力の高さはメンバー上位で、東京芝2500mは能力を発揮しやすい条件です。ただ、メンバーの中では重めの56.0kgを背負う(特別登録時点では平均53.7kg)ため、仕掛けどころでの急加速力・キレにマイナスの修正が掛かります。目黒記念2018と同条件での好走に期待しつつも、人気に見合う勝率は疑っておきたいです。上位候補の1頭として。
適性チェック:(誤差に注意。 最終更新:18'宝塚記念 58.0kg)
(誤差注)ツナギはやや長い、太さ普通、角度普通(蹄は寝る)。標準飛節? 標準的な芝の中距離向き、血統は中距離向き(??)で、標準的な芝の2500m◎??(2200m○??) 荒れ馬場▲?道悪▲-? 先行力:F-(甘め)? 底力(=ハイペース耐性):E~E(甘め)? キレ:F-? 持続力:E-? 総合力でE(甘め)?相当


ムイトオブリガード(56.0kg)

短評:
 持続力に優れる中長距離馬??
 ここでの不安は、キレ不足×先行力不足。
 父ルーラーシップ×母系にNijinskyを持つ通り末脚はスタミナ・持続力優位で、東京→京都(終いの直線が短く&平坦になる)替わりではキレ(=トップスピードと急加速力)不足が心配されます。また、テンのスピード・先行力も距離短縮では見劣り、前後・内外の不利に繋がる心配まであります。前週時点の時計の掛かる馬場はキレ不足を軽減する要素ですが、前後・内外の不利は軽減されないのでは。前や内からしぶとく粘れる馬の逆転を考えたいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:18'AR共和国杯 55.0kg)
(ツナギチェックなし) 血統は中距離向き(??)で、標準~重めの芝の中長距離◎??(中距離▲??) 荒れ馬場・道悪?? 先行力:F-(甘め)?? 底力:F? キレ:F(甘め)? 持続力:E-?? 総合力でE-??相当


メイショウテッコン(56.0kg)

短評:
 全体的なスピード・持続力に優れる中距離馬??
 ここでの不安を強いて挙げるなら、逃げ争いや若干の距離の長さ。
 番手から抜け出す急加速力は裏付けがやや弱く、すんなりと先頭に立てないようだと能力を発揮しづらい心配があります。また、芝1800mのハイペースでも好走している辺り、芝2400mでは若干の距離の長さを見せる心配もあります。とはいえ、例年よりずっと時計の掛かる京都芝は、パワーを生かしながらトップスピード不足を補える好条件。楽に先頭に立てるようなら前後・内外の利を得ての逃げ切り~逃げ粘りの可能性十分。人気でも上位候補の1頭として評価したいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:18'菊花賞 57.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(後脚やや長い)、太さ普通~やや太い、角度普通~やや寝る(蹄は寝る)。直飛節気味? 標準~重めの芝の中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準~重めの芝の2000m~2200m◎??(1800m▲+??) 荒れ馬場○??道悪△+?? 先行力:E-(甘め)? 底力(=ハイペース耐性):E-(甘め)?? キレ:F(甘め)~F-?? 持続力:E-(甘め)~F?? 総合力でE-??相当 急坂▲+??(大跳び)


ルックトゥワイス(55.0kg)

短評:
 持続力・底力に優れる中長距離馬??
 ここでの不安は、パワー・先行力・キレ不足。
 かなり小柄な馬体のためか軽い芝でのパフォーマンスが高く、パワーの裏付けは弱いまま。前週時点で例年よりタフな馬場の京都芝ではパワー不足からパフォーマンスが伸び悩む心配があります。さらに、先行力の裏付けやキレ(=トップスピードと急加速力。特に前者)の裏付けも弱く、外伸びでない馬場傾向なら前後・内外の不利を跳ね返すのが難しいと思われます。強力な逃げ・先行勢を相手に楽な競馬はできないのでは。控えめな評価から考えたいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:18'グレイトフルS 57.0kg)
(誤差注)ツナギはやや長い(後脚長い)、やや細い?角度普通。直飛節気味。 軽めの芝の中長距離向き、血統は中距離向き(??)で、軽めの芝の中長距離◎??(中距離○??) 荒れ馬場・道悪▲-?? 先行力:G+(甘め)?? 底力(=ハイペース耐性):E-(甘め)?? キレ:F-?? 持続力:E-?? 総合力でE-~E-(甘め)??相当 斤量注(小柄~かなり小柄) 半兄:ミッキーパンプキン


□■□■□■□■□■□■□■□■□

   第66回 日経新春杯(G2)

  万馬券を狙える≪お年玉馬券≫
      を無料公開!

    →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

冬場のハンデ重賞ということで一線級の参戦は稀だが、17年1着ミッキーロケット、16年2着シュヴァルグランらが後にGI馬となり、好走馬の中から活躍馬を多数輩出。いまや出世レースの1つとなりつつある。

ハンデ重賞ゆえに各馬の斤量がポイントとなるが、それに伴う陣営の思惑が馬券的中のカギを握ることも忘れてはいけない。賞金の高いG2ということもあり「今のままではGIを使うには賞金が心もとない。だから早い内に稼いでおきたい」と勝負懸かりの陣営もいれば「この距離だとあまり適鞍がないし、軽い斤量で出られるから」と力試しで臨む陣営「今年はこの馬に期待しているんだ」と、未来のGI馬候補となる逸材を送り出す陣営など、レースを巡る思惑は様々。無論、こうした陣営の本音が公になることはホボ無いと言っていい。

ハイセイコーの主戦騎手を務めた増沢末夫元調教師を筆頭に、今でも史上最強馬との呼び声が根強いマルゼンスキーの中野渡清一元調教師、伝説の名馬・サクラスターオーを手がけた平井雄二元調教師ら、競馬界の大物OBが在籍するシンクタンクの情報ルートたちは、騎手、厩舎、馬主、生産者、エージェントなど、あらゆる競馬関係者にパイプを持ち、親密な信頼関係を構築している。こうした大物たちが関係者から入手する"陣営の本音"が、馬券攻略において大きな武器になることは言うまでもないだろう。

今週は、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、元調教師率いる重賞特捜部がお届けする【日経新春杯・お年玉馬券】を特別無料公開。その他にも、馬券に役立つ情報を数多く無料でお届けさせて頂く。"本物の情報"を知らずに馬券を買っているのであれば、是非ともこの機会をキッカケにしていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

   第66回 日経新春杯(G2)

  万馬券を狙える≪お年玉馬券≫
      を無料公開!

    →ココをクリック!


芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


競馬ブログ トラコミュ

 日経新春杯みんなの予想
 日経新春杯(GII)
 重賞レース予想(GII・JpnII編)

 

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△