初春ステークス2019 結果回顧(速報) モアニケアラが差し切るもレベルは...

ラップタイムの評価

初春ステークス2019(33.9-37.0 =1'10"9かなり早??) 極端な前傾ラップ=この条件としては平均ペースで、底力(=ハイペース耐性)を備えた総合力上位馬が有利。 レースレベルはクラス平均に大きく劣る印象。
レース後のコメント(ラジオNIKKEI)

モアニケアラ

短評:
 馬場+展開と適性(馬場+能力)が一致? 1000万下勝ちも今回も「中山ダ1200m×高速馬場×このコースでは平均ペースの極端な前傾ラップ」。ただ、同じような組み合わせだった2018フェアウェルステークスやアクアラインステークス2018では苦戦していて(注:両レースともハイレベルでしたが)、準OPでの連続好走を期待できるレベルには達していません。
適性チェック:(未知数の大きさ&マイナス修正に注意。 最終更新:19'初春S 52.0kg)
(誤差注)ツナギは短い(後脚はやや短い~普通?)、太さ普通、角度普通。直飛節気味。 標準的なダートの短距離向き、血統は中距離向き(??)で、標準的なダートの1200m~1400m◎?? 先行力:G+~G+(甘め)?? 底力(=ハイペース耐性):F?? キレ:F?? 持続力:-(不明) 総合力でF↑~F??相当 斤量注(軽斤量で複数回好走)


当該週の馬場傾向は「カテゴリ:馬場傾向 回顧」にて。


□■□■□■□■□■□■□■□■□

  第60回 アメリカJCC(G2)

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
     を特別無料公開!

    →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

前週に京都でハンデG2・日経新春杯があるため、両睨みする陣営もおり、メンバーが分散する傾向にあるが、コチラは別定戦のため、ドバイ遠征を睨んだ一線級の実力馬が参戦するケースも珍しくない。

今年も菊花賞馬・フィエールマンがこのレースから始動。早くから有馬記念をパスしてココに参戦することが決まっており、菊花賞では最優秀3歳馬・ブラストワンピースを下していることからも、当然ながらココでも有力な1頭となる。ただ、中間には熱発を発症。賞金的にもココは"絶対に落とせないレース"ではなく、100%の仕上がりで臨むことはまずないだろう。他陣営にとっては、そこに付け入る隙があるわけだ。

虎視眈々と一発狙う『激走穴馬情報』を入手するためには、競馬関係者からの内部情報を入手することが不可欠。マスコミが報じる情報は、当たり障りのない建前ばかりのコメントが並び、陣営の本音を把握することはホボ不可能だ。一方、有馬記念を◎○の大本線1点目で【3連単2万5340円】をズバリと的中させ、現在、重賞・メインレースで104週連続的中を継続している重賞・メイン特捜部であれば、表に出ないような陣営のホンネも難なく入手できる。

既にフィエールマンの首を狙う『激走穴馬情報』も入ってきているが、今週は【AJCC・3連単勝負馬券】を、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り特別無料公開させて頂く。この機会に、是非ともシンクタンクの情報力を体感して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  第60回 アメリカJCC(G2)

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
     を特別無料公開!

    →ココをクリック!


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ

 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


 能力適性の用語解説(底力・キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

 

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△