飛鳥ステークス2019 結果回顧(速報) ボールライトニングが差し切る

ラップタイムの評価

飛鳥ステークス2019(36.9-36.3-34.8 =1'48"0かなり掛??) テン→上がりへと加速するラップ(=このクラスとしては平均ペースも、テンかなり緩く中盤はかなり早い)で、前に付けた末脚上位馬が有利。 レースレベルはクラス平均をやや上回る印象。
レース後のコメント(ラジオNIKKEI)

ボールライトニング

短評:
 馬場+展開と適性(馬場+距離+能力)が完全に一致? 2歳時は芝1400mで2連勝(重賞勝ち含む)でしたが、高いパフォーマンスを発揮している距離が成績通りマイル→芝1800mへと変化してきています。タフな馬場の良馬場に強いという特徴は変わっていないようで、重い芝の1800mでキレ(=トップスピードと急加速力)を生かす競馬ができればOP特別で善戦~好走しても。
適性チェック:(誤差の大きさに注意。 最終更新:19'飛鳥S 55.0kg)
 ツナギはやや短い(後脚は長さ普通)、太さ普通~やや太い(蹄は大きい)?角度普通~やや寝る(蹄は寝る)。標準飛節?? 重めの芝のマイル前後向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、重めの芝の1800m◎??(マイル○↓??) 荒れ馬場○?道悪△?? ゲート:△+?? 先行力:G+(甘め)?? 底力(=ハイペース耐性):E-~E-(甘め)?? キレ:E-? 持続力:F?? 総合力でE-??相当 半姉:デグラーティア


当該週の馬場傾向は「カテゴリ:馬場傾向 回顧」にて。


□■□■□■□■□■□■□■□■□

   第69回 東京新聞杯(G3)

  元調教師率いる重賞特捜部が
「この激走穴馬情報で狙い撃つ!」
       と豪語!

    →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

海外遠征が増えてレース選択が多種多様となった昨今だが、マイル路線を歩む古馬の大半が、春の大目標には安田記念を見据えている。そこまでにいくつか前哨戦はあるが、安田記念の前に同じ東京マイルで行われる古馬重賞は、この東京新聞杯しかない。そのため、この時期の重賞にも関わらず、安田記念を見据えて一線級の馬たちが出走してくるケースも珍しくないのだ。

また、安田記念は昨年のスワーヴリチャードのように中距離路線からの参戦も増えてきている。出走するための賞金ボーダーが高くなることも多く「この時期にちゃんと賞金を加算しておいて、ローテーションを楽にしたい」と考えている陣営は、ココを本気で狙いに来るわけだ。

しかし、陣営側からすると『ココが勝負』と公言して他からのマークをキツくする必要は無く、世間一般の目に触れるようなマスコミに、わざわざその意志を伝えることはホボないと言っていい。加えて、大手馬主グループは"外厩仕上げ"が主流となっており、ココから情報を得る術がないマスコミは、今や出走各馬の本当の状態を把握できないことすら日常的になってきている背景がある。

創設時から"表には出ない関係者情報"を重視してきた当社シンクタンクは、元JRA騎手・元JRA調教師を始めとした確かな情報力や情報網を持つ人物たちを情報ルートとして揃え、トレセン内の情報はもとより、マスコミの目が届かないトレセン外の情報も入手している。ココが大きな"情報格差"となるのは言うまでもないだろう。

今週はシンクタンクの情報力を実感して頂くべく、元調教師率いる重賞特捜部が自信を持ってお届けする東京新聞杯の【3連単勝負馬券】を、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り特別無料公開させて頂く。この機会に、是非ともシンクタンクの情報力を体感して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

   第69回 東京新聞杯(G3)

  元調教師率いる重賞特捜部が
「この激走穴馬情報で狙い撃つ!」
       と豪語!

    →ココをクリック!


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ

 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


 能力適性の用語解説(底力・キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

 

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△