フェブラリーステークス2019_プレ予想 インティやゴールドドリームに不安は?

 フェブラリーステークスは独特なコース形状などから同コース実績やマイル実績のある総合力上位馬がやや有利なレース。
 フェブラリーステークスの傾向と対策、出走予定登録馬を見ていきたいと思います。


プレ予想 目次

1. 結果から考える狙い方(傾向と対策)
2. 各馬の短評(出走予定登録馬)
インティ、ゴールドドリーム、オメガパフューム、コパノキッキング、サンライズノヴァ、サンライズソア、ノンコノユメ、ユラノトまで追加(2/10 19:50)


【フェブラリーS・激走穴馬情報】ユタカ、ナナコを脅かすのは...

□■□■□■□■□■□■□■□■□

 第36回 フェブラリーS(GⅠ)

先着100名様限定!

好配当を狙い撃つ【◎-穴1点馬券】
を特別無料公開!

    →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

3歳にしてチャンピオンズCを勝ち、名実ともにダート路線の頂点へと躍り出たルヴァンスレーヴが戦線離脱。ダート界は再び確たる主役を失うことになったが、一昨年の覇者ゴールドドリーム、昨年の覇者ノンコノユメを筆頭に、粒ぞろいの4歳世代からは東京大賞典を制したオメガパフューム、そしてコパノキッキングにインティと、勢いのある新興勢力も参戦予定。混戦ながら豪華メンバーが揃うこととなり、今年初のJRA・GⅠは、馬券的にもレースとしても注目の1戦となりそうだ。

それだけでなく、今年はマスコミや世間が食い付く話題も事欠かない。4連勝中のコパノキッキングには、JRA所属の女性騎手としては史上初めて藤田菜七子騎手がGⅠに騎乗。5連勝中のインティの鞍上は"レジェンド"武豊騎手と、今の競馬界では一般的な知名度も抜群なこの2人が有力馬に騎乗するのだから、スポーツ紙を筆頭としたマスコミも『金になるネタ』を放っておくはずはなく、自ずと取材も集中することになる。

しかし、その『金になるネタ』は、あくまでマスコミが注目を集めるための材料であり、馬券的中には全く関わりのないこと。無論、我々シンクタンクの『金になるネタ』はそういった類とは全く別物で

「マスコミには言えませんけど、実は......」
「記者連中は全然取材に来んけど、今回はホンマに絶好調なんやで」

などなど、表に出ることがない関係者の生の声、すなわち"本音"の部分だ。こうしたネタを入手できるのも、元JRA騎手・元JRA調教師を筆頭とした競馬界の大物OBや、何十年にも渡って築き上げた圧倒的な人脈を持つ大物現役関係者が、当社シンクタンクには在籍しているからだ。

8番人気ウェスタールンドが激走した昨年のチャンピオンズカップ、1番人気サンライズノヴァが敗れ去った前哨戦の根岸Sといった、主要となるステップレースでもキッチリと的中を掴んできた当社の下には、既にマスコミが報じることのない内部情報が入っている。今年のフェブラリーSで、高配当馬券の使者となり得る【激走穴馬】の存在も既にマーク済みだ。

本来であればこういった情報を無料で公開することは容易ではないのだが、多くの方に

「本物の情報を知って頂きたい」

との思いがあるだけに、今回は特別にフェブラリーS【◎-穴・1点馬券】を、当社を初めてご利用される方に限り無料公開することが決定。また、その他にも当社ホームページ内では、馬券的中に直結する内部情報の数々を無料公開させて頂く。この機会に、是非とも"本物の情報"に触れてみて欲しい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  第36回 フェブラリーS(GⅠ)

     先着100名様限定!

好配当を狙い撃つ【◎-穴1点馬券】
     を特別無料公開!

    →ココをクリック!


結果から考える狙い方「フェブラリーステークス」

[期待値:F(甘め)?]=展開の幅広さに注意


 ▲+:総合力上位の先行馬
   → 先行力(芝スタート時)・底力(=ハイペース耐性):C-~D↑? キレ:E-~F↑?
   (期待値は「先行力 ≧ 末脚」。
     → 末脚の重要度が前後の距離より概ね高いため、ダート戦としては展開の幅が広い)


 注:枠順の影響=±外枠やや有利・内枠やや不利
   (芝部分を長く走れる、揉まれにくさ、遠心力の相対的な小ささから)
 注:斤量差の影響=±普通?
   (展開で変動。 先行力やキレなどを相対的に増減)
 注:マイルがベストの距離かどうか ≒ リピーターのチェック
   (マイルがベストの場合、信頼性アップ。
     → 同コース実績馬、マイル実績馬、芝で連対歴のあるダート実績馬の巻き返しなど。
    ダ1400m以下がベストの場合、信頼性ダウン。
     → 持続力優位か、時計の早い馬場+ハイペース時ならフォロー可。
    ダ1800m以上がベストの場合、信頼性少しダウン。
     → 時計の掛かる馬場ならフォロー可も、マイル実績馬との微差に注意)
 注:時計の早さへの対応力(≒スピード)の衰えの有無
   (主に6歳以上の高齢馬のマイナス要素。 近走のダ1400m~マイルの好走歴で判断可)
 注:芝スタートによるパフォーマンスの増減
   (該当するダ短距離:ダ1200m=中山・新潟、ダ1400m=京都・阪神・中京、ダ1600m=東京、ダ1150m=福島)



 独特なコース形状(芝スタート、アップダウンの多さ、全10場で最長の直線&唯一のマイル戦)などから同コース実績やマイル実績のある総合力上位馬がやや有利なレース。
 東京ダ1600m実績馬(若く、先行できればさらに良し)の期待値がやや高いこと、展開の幅が広いこと...などに注意。

現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週・月曜以降に更新)


各馬の短評・適性チェック

 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)


インティ

短評:(フェブラリーステークス2019 予想)
 全体的なスピードに優れる千七巧者~千八巧者??
 ここでの不安は、芝指向の能力の裏付けの弱さ。
 父ケイムホーム×母父Northern Afleet(その父アフリート)×母母父Forestry(その父Storm Cat)という米国色の強い血統通り全体的なスピードに優れますが、その裏返しで芝指向の能力の裏付けは弱く、東京ダ1600m(=芝スタート、仕掛けどころが上り坂)ではテンのダッシュやキレ・急加速力不足などからパフォーマンスを低下させてしまう心配があります。人気なら期待値が低くなっていると思われ、厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:19'東海S 56.0kg)
(ツナギチェックなし) 血統はマイル前後向き(??)で、軽めのダートの1700m前後◎??(1800m○??) 先行力:E(甘め)? 底力(=ハイペース耐性):D? キレ:F?? 持続力:E?? 総合力でD??相当


ゴールドドリーム

短評:(フェブラリーステークス2019 予想)
 キレ・底力に優れるマイラー?
 ここでの不安を強いて挙げるなら、加齢による衰え。
 東京ダ1600mで3-2-0-0、父ゴールドアリュール×母父フレンチデピュティという芝指向の能力を持つダート血統の通り、東京ダ1600mはベストの条件。適性からは逆らう要素がありません。ただ、近走で先行力の低下が疑われ、加齢による全体的なスピードやトップスピードの衰えを心配しておきたいです。上位評価の有力な1頭として。
適性チェック:(マイナス修正に注意。 最終更新:18'南部杯 57.0kg)
 ツナギはやや長い、太い、やや立ち。標準飛節? 力の要るダートの中距離向き、血統はマイル前後向き(??)で、ダートのマイル◎?(砂質不問? 1800m○??) ゲート・ダッシュ:▲~▲-↑? 先行力:F-?(芝スタート時:F?) 底力(=ハイペース耐性):D-? キレ:C(甘め)?? 持続力:E-?? 総合力でC-?相当 斤量少注(キレ優位) 大跳び?


オメガパフューム(57.0kg・前走比+2.0kg/小柄+軽斤量で複数回優勝)

短評:(フェブラリーステークス2019 予想)
 やや持続力優位の末脚のバランスに優れる千八巧者??
 ここでの不安は、距離の短さ、急加速力不足、重い負担斤量。
 オメガパフュームは「450kg前後とダート馬としては非常に小柄」で、距離延長で成績を上げてきた馬(母母父:リアルシャダイ)。大井ダ2000mからの距離短縮となる東京ダ1600mでは全体的なスピード不足(=距離の短さ)、終いの直線での急加速力不足などに不安があります。さらに、57.0kgの斤量は小柄な馬格+成績(軽斤量で複数回優勝)から負担が大きいと思われ、距離やキレの不安を強めてしまいます。人気なら期待値が低くなっていると思われ、厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:18'東京大賞典 56.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通、太さ普通(蹄はやや大きい?)、角度普通?標準飛節? 標準的なダートのマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的なダートの1800m前後◎?? 先行力:G+? 底力(=ハイペース耐性):E? キレ:E-(甘め)?? 持続力:E?? 総合力でE↑??相当 斤量特注(小柄+軽斤量で複数回優勝)


コパノキッキング

短評:(フェブラリーステークス2019 予想)
 全体的なスピードに優れる短距離馬??
 ここでの不安は、距離の長さ、芝指向の能力不足。
 ダート短距離で優れたスピードを見せていることの裏返しで、距離延長への適性や急加速力・キレでは劣り、東京ダ1600mへの距離延長ではパフォーマンスが低下すると思われます。芝スタート(血統、足回りの特徴とも芝基準ではパワフル過ぎる印象)や負担斤量の増加(初の57.0kg・前走比+1.0kg)もマイナス要素で、人気なら期待値が低くなっているのでは。厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:19'根岸S 56.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(前脚短い)、太さ普通~やや太い、立ち。直飛節。 やや力の要るダートの短~マイル向きで、血統はマイル以下向き(??)で、やや力の要るダートの1300m前後◎??(1200m・1400m○?? マイル▲??) 先行力:E(甘め)~E-??(芝スタート時:E-(甘め)~F?? 末脚に寄せて発揮可) 底力(=ハイペース耐性):E?? キレ:F?? 持続力:-(不明) 総合力でE??相当 急坂:▲+??(少し頭高い) おじ:モエレジーニアス


サンライズノヴァ

短評:(フェブラリーステークス2019 予想)
 全体的なスピードに優れる千四巧者~マイラー??
 ここでの不安は、マイルで好走できる「馬場×展開」の狭さ。
 東京ダ1400m~1600mで安定した走りを見せていますが、芝指向の能力を生かせる軽い馬場×緩急の小さい展開でのパフォーマンスが高く、時計の掛かる馬場であったり、スローや緩急の大きい展開ではパフォーマンスが低下しています。武蔵野ステークス2018より時計の掛かる馬場になる可能性が高く、馬場のマイナスはほぼ確実。人気なら期待値が低くなっているのでは。連を外すシーンを前提に、厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(最終更新:19'根岸S 57.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通、やや細い、やや立ち?飛節不明。 軽めのダートのマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、軽めのダートの1500m前後◎↑??(1400m○↑?? マイル○↓??) ゲート:▲-~△+?? 先行力:F(甘め。芝スタート時:F-?)? 底力(=ハイペース耐性):D-? キレ:E-(甘め)~F?? 持続力:E(甘め)?? 総合力でD-(甘め)~E↑??相当 おじ:サンライズバッカス


サンライズソア

短評:(フェブラリーステークス2019 予想)
 全体的なスピードと芝指向の能力のバランスに優れるマイラー~千八巧者??
 ここで見直したい理由は、武蔵野ステークス2017でのパフォーマンスの高さ。
 武蔵野ステークス2017では3歳馬ながらクビ差の2着。その時の優勝馬インカンテーション(=フェブラリーステークス2018で6人気3着)で、サンライズソアは東京ダ1600mへの充分な適性を見せています。その後、ダ1800m~2000mで逃げて好走するなど距離短縮への適性を時々見せていて、成長した今ならマイルでパフォーマンスを上げることが可能なのでは。坂に不安はありますが(直線に坂のあるコースでは世代限定戦を除くと0-2-3-2で未勝利)、距離が短くなった分、踏ん張りが効くと見て。上位に評価したいです。
適性チェック:(最終更新:18'チャンピオンズC 57.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通?太さ普通(蹄は大きい)?角度普通?標準飛節? 重めの芝のマイル~中距離向き、血統は中距離向き(?)で、重めの芝・軽いダートのマイル~1800m◎??(1900m▲+??) 荒れ馬場○?道悪▲?? ゲート:▲~▲-? 先行力:F? 底力(=ハイペース耐性):E?? キレ:F? 持続力:E(甘め)? 総合力でE~E(甘め)??相当 急坂▲??(頭高い) おじ:オメガヴェンデッタほか


ノンコノユメ

短評:(フェブラリーステークス2019 予想)
 底力・キレに優れるマイラー??
 ここでの不安は、衰え。
 去勢されとはいえ7歳。近走では先行力・テンのスピードに衰えが感じられ、芝スタートの東京ダ1600mでは前後の不利が非常に大きくなると思われます。フェブラリーステークス2018(=極端な前傾ラップ・超ハイペース)は展開上は前後が有利で、昨年よりペースが少しでも遅くなれば位置取りの不利を跳ね返すのが難しいのでは。厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(衰えに注意。 最終更新:18'チャンピオンズC 57.0kg)
 ツナギは長さ普通?やや細い?やや立ち?標準飛節? 軽めのダートのマイル~中距離向き、血統は短~マイル向きで、軽いダートのマイル◎?(力の要るダート▲?? 1400m・1800m▲?? 馬場適性に血統&レース振りからの補正含む) ゲート:▲↑? 先行力:G+(甘め↓)? 底力(=ハイペース耐性):D-(甘め↓)? キレ:D-(甘め↓)? 持続力:E-(甘め)? 総合力でD-(甘め↓)?相当 斤量特注(小柄+キレ優位)


ユラノト

短評:(フェブラリーステークス2019 予想)
 総合力に優れるマイラー??
 ここで狙いたい理由は、東京ダートでの強さ+近走の成長。
 父:キングカメハメハ×母:コイウタ(その父:フジキセキ)、全兄:ミッキーラブソングという血統通り、ダート馬としては能力のバランスに優れ、東京ダ1400m~1600m(≒いずれも芝指向の能力を生かしやすい)では準OP、G3の3戦で高いパフォーマンスを発揮しています。近走ではハイペースでのパフォーマンスが高くなっていて、晩成気味の血(=全兄:ミッキーラブソングは3歳冬と4歳夏に準OPを優勝、5歳でG3 3着&OP特別 初優勝、6歳でOP特別 2勝目)のピークに近づいているのでは。脚の使い所は難しそうですが、伏兵人気程度なら積極的にマークしたいです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:19'根岸S 56.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通、やや太い、角度普通~やや立ち(蹄は寝る)。直飛節気味? やや力の要るダートのマイル~中距離向き、血統は短~マイル向き(?)で、標準的なダートの1600m◎??(1400m○-↑? 1800m▲↓?? 芝血統のため軽めの砂質に修正) 先行力:E↑?? 底力(=ハイペース耐性):E?? キレ:E-?? 持続力:E-(甘め↓)?? 総合力でE↑??相当 全兄:ミッキーラブソング、母:コイウタ


現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週・月曜以降に更新)

 予想オッズからは、馬券をどこから買おうか迷いそう。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

 最近登場した「うまとみらいと」というサイトの指数がかなり当たっていて利用者が急増していると話題になっています。
 自分の力だけで予想するよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。

で、「うまとみらいと」の何が凄いの?

↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。

使ってみて感じたのは、とにかく「指数コンテンツ」が豊富だということ。
以前から3連単がよく当たると話題の「コラボ指数」に加えて、「的中率90%の鉄板系指数」と、「爆発力がある穴馬指数」までも。競馬指数コンテンツがいろいろ詰め込まれて取り放題といった感じです。

3つの指数とも使ってみましたが、個人的なお気に入りはやはり「コラボ指数」。

走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬=強い馬なので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓


↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。
因みにこの時、フェブラリーSの結果は憶えていますか?

コラボ指数順に並べると
15 インカンテーション
16 ノンコノユメ
18 サンライズノヴァ
19 ゴールドドリーム
21 テイエムジンソク

この5頭で勝負したわけですが、、

結果
15 インカンテーション 3着
16 ノンコノユメ    1着
18 サンライズノヴァ  4着
19 ゴールドドリーム  2着
21 テイエムジンソク  12着

どうですか?いとも簡単に3連単41,560円GET!

この時のコラボ指数考案者・北条直人の予想根拠がこちらです↓

「6番インカンテーションは前走地方の7着と過去データ的には対象ではなく人気も低いですが、直近3年全てで指数1位が絡んでいることから今回候補として入れました。前走データでも絞りましたが、指数的に見ても上手く上位でまとまっていますし、過去のデータからも指数上位が入りやすいのでこの5頭でイケるはず」

※「北条直人の競馬ブログ」より抜粋

重賞予想解説者:北条直人

6番人気→1番人気→4番人気の決着ですからね
こんなにサラリと当ててくるとは、、

この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分遡ってサンプルを取って的中率を調べてみたところ、、↓↓


コラボ指数:12月28日(木)的中率結果
==================================
単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7%
ワイド:91.3% 3連複:54.2% 3連単54.2%
==================================

コラボ指数:12月24日(日)的中率結果
==================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 3連複:41.7% 3連単41.7%
==================================

コラボ指数:12月23日(土)的中率結果
==================================
単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5%
ワイド:83.3% 3連複:25.0% 3連単25.0%
==================================

一般的に3連単の的中率は10%程度なので、
平均の約3~4倍、、
3回に1回は三連単が当たっていました!

この精度は、ぐーの音も出ない、、。

https://miraito.collabo-n.com
3連単が3回に1回当たるコラボ指数


 そして競馬ファンなら誰しもが願うきょう「週末全72レース全ての予想買い目提供」を実現している!

 TVでも新聞でも他の競馬サイトでもこの量の予想はできないです。これはまさに競馬ヲタク北条直人でなければできないサービスですね。
 確かにこんなサイトは今までありませんでした。

 週末全72レース分の「買い目付きの予想と考察・その根拠」が提供されるので、購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方まで知ることができます。
 プロ(さほど当たらないプロ)の予想に数万円かけて購入するより、格段に割がよいと思います。

 毎週のメインレースと1~6レースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
https://miraito.collabo-n.com
今「うまとみらいと」に登録すると無料でコラボ指数が見られます!



芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ

 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


 

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△