金鯱賞2019 予想 3強の先行馬で決着しそう

予想のポイント

 コース形状などから前半:スロー → 後半:極端なロングスパートになりやすく、前目に付けた&全体的なスピードに優れる中距離~中長距離馬の期待値が高い条件。
 後方待機馬とキレ優位の馬の期待値が低いこと、阪神芝2000mよりキレ(=トップスピードと急加速力)の重要度が低いこと(阪神と比べて3角進入時に減速しにくく、急坂の負荷が高いため。 芝1800m実績馬の好走に関連?)...に、それぞれ注意。(土曜現在の予想)


 ◎ 人気ブログランキングへ
 ○ エアウィンザー
 ▲ ダノンプレミアム


買い目はなるべくシンプルに。
馬連:◎○▲


予想記事 目次

0. 金鯱賞2019_プレ予想 ダノンプレミアムやエアウィンザーに不安は?
1. 予想のポイント
2. 馬場傾向
3. 印馬の短評・適性チェック
3+. 控えめ~厳しい評価の馬

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《金鯱賞》豪華メンバーに隠れて人気の盲点!

▼波乱の立役者になりえる『超穴馬』今すぐ教えます▼

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪先週の弥生賞も情報通り!≫

★超穴馬メイショウテンゲン(8番人気)が激走!!★
単勝39.1倍⇒1着で大波乱を演出!
―――――――――――――――――――――――

≪2月も毎週のように超穴馬が激走!≫

■クイーンC   ジョディー    ⇒7番人気3着
■京都記念    ダンビュライト  ⇒6番人気1着
■ダイヤモンドS サンデームーティエ⇒8番人気2着
■京都牝馬S   リナーテ     ⇒7番人気2着

┌───────────────────────┐
人気の盲点になっている
『金鯱賞の超穴馬』無料で教えます!

└───────────────────────┘

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

とにかく当たってます!この1ヶ月だけでもヒット連発
―――――――――――――――――――――――――

■2月17日東京 4R 25万3260円【的中】
■2月 9日小倉12R 13万7910円【的中】
■3月 2日小倉 9R  3万7910円【的中】
■3月 2日中山10R  3万6800円【的中】
■3月 2日中山 5R  3万4630円【的中】
■2月10日小倉 9R  3万4230円【的中】
■3月 3日中山 8R  2万8540円【的中】
■2月10日小倉 7R  2万7310円【的中】
■2月 9日京都 8R  2万5060円【的中】
■2月 9日小倉 1R  2万4800円【的中】
■3月 2日小倉10R  2万3600円【的中】
■2月23日中山 7R  2万2990円【的中】
■2月10日京都10R  2万1730円【的中】
■2月 9日小倉10R  2万0690円【的中】

※他にも厳選鞍から的中多数!(200倍以下は省略)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

≪今週はこの馬が波乱を演出する!≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《金鯱賞》豪華メンバーに隠れて人気の盲点!

波乱の立役者になりえる『超穴馬』今すぐ教えます

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


馬場傾向

中京競馬場 : 開催1/3週目(=A4+B2日)、B→Aコース変更・使用1/2週目。月水雨、日昼から雨?

 少し内有利~内外フラットで、時計レベルは土曜:非常早?? 好走している血統は(土曜12Rまで、計5レース)、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×12、Nasrullah系(Grey Sovereign系含む)×1、Mr. Prospector系×1、その他×1で、推測される芝質は「軽めの芝(前週比:-)」

 開幕週 土曜現在の中京芝をまとめると、「少し内有利~内外フラットの軽めの芝で、時計レベルは土曜:非常早??」

 明日にかけての天気は、日曜昼前から雨が降り出し、夕方から徐々に強まる予報。 土曜現在では高速かつ末脚の重要度が高い馬場傾向ですが、雨の影響で末脚が効きにくくなる=前・内有利の傾向がやや強まるシーンに気をつけたいです。



馬場観察レース : netkeiba.com レース一覧


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ

 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


印馬の短評・適性チェック

 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)


人気ブログランキングへ(57.0kg)

短評:(金鯱賞2019 予想)
 やや持続力優位の総合力に優れる千八巧者??
 ここでの不安は、ありません。
 芝1800m~中距離での全体的なスピードに優れ、パワーとキレ(=トップスピードと急加速力)も十分なレベルで兼備。非根幹距離の重賞での連対が多いことは、中京芝2000m(=前半:スロー → 後半:極端なロングスパートになりやすいコース形状。キレの重要度が低い)向きの能力・適性を示していると思われ、ここでの不安は無いのでは。最上位候補として評価したいです。
適性チェック:(最終更新:18'マイルCS 57.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通~やや長い、やや太い、角度普通~やや寝る。標準飛節? 重めの芝のマイル~中距離向き、血統はマイル前後向き(??)で、重めの芝の1800m◎??(マイル・2000m○↑??) 荒れ馬場○-??道悪▲?? ゲート:▲~▲-?? 先行力:F?? 底力(=ハイペース耐性):E?? キレ:E-(甘め)?? 持続力:E? 総合力でD-?相当 17'シンザン記念は直線で大きな不利


○ 6-8 エアウィンザー

短評:(金鯱賞2019 予想)
 全体的なスピードに優れる千八巧者~中距離馬??
 ここでの不安を強いて挙げるなら、高いレベルでの実力不足。
 チャレンジカップ2018(超高速馬場×3番手推定ではテン→上がりへと加速する極端な後傾ラップ)を4番手追走から圧勝するなど、芝1800m向きの全体的なスピード(~末脚)が武器で、中京芝2000mはその能力を発揮しやすい好条件だと思われます。ただ、これまでに示した実力はG1好走馬に見劣るため、その点だけが心配です。上位候補の1頭として。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:18'チャレンジC 56.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(胴は長さ普通、後脚はやや長い)、太さ普通、角度普通。標準飛節? 標準的な芝の中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の1800m~2000m◎??(2200m▲+??) 荒れ馬場・道悪▲?? 先行力:F-(甘め)~G+?? 底力(=ハイペース耐性):E(甘め)?? キレ:F?? 持続力:E-?? 総合力でE(甘め)??相当 全兄:エアスピネル、おじ:エアシェイディほか


▲ 1-1 ダノンプレミアム

短評:(金鯱賞2019 予想)
 総合力に秀でるマイラー~千八巧者??
 ここでの不安を強いて挙げるなら、高速ロングスパート勝負での敗戦。
 マイルでテンのスピード・先行力を示し、芝2000mで上がりのキレ(=トップスピードと急加速力)を示すなど、マイル~芝2000mで秀でた総合力を見せています。しかし、日本ダービー2018(=中弛みスローからのロングスパート勝負)では持続力の要求度が高い展開でパフォーマンスを落としていて、中京芝2000m(=前半:スロー → 後半:極端なロングスパートになりやすいコース形状。キレの重要度が低い)ではパフォーマンスを落としてしまう心配があります。ただ、ダービーの時点で古馬重賞で優勝~好走できる実力に達していたこと、中長距離の芝2400mから中距離の2000mへの距離短縮なら持続力(≒距離延長への適性)の不安が軽減されること...などから、着順固定は避けつつも上位候補の1頭として再評価します。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:18'日本ダービー 57.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(胴は少し短い?)、太さ普通、角度普通~やや立ち(蹄はやや寝る)。直飛節気味? 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、標準的な芝のマイル~1800m◎??(2000m○??) 荒れ馬場・道悪▲?? ゲートダッシュ:▲+?? 先行力:E(甘め)? 底力(=ハイペース耐性):E? キレ:E-?? 持続力:E-(甘め)~F?? 総合力でD-(甘め)??相当

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《金鯱賞》豪華メンバーに隠れて人気の盲点!

▼波乱の立役者になりえる『超穴馬』今すぐ教えます▼

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪先週の弥生賞も情報通り!≫

★超穴馬メイショウテンゲン(8番人気)が激走!!★
単勝39.1倍⇒1着で大波乱を演出!
―――――――――――――――――――――――

≪2月も毎週のように超穴馬が激走!≫

■クイーンC   ジョディー    ⇒7番人気3着
■京都記念    ダンビュライト  ⇒6番人気1着
■ダイヤモンドS サンデームーティエ⇒8番人気2着
■京都牝馬S   リナーテ     ⇒7番人気2着

┌───────────────────────┐
人気の盲点になっている
『金鯱賞の超穴馬』無料で教えます!

└───────────────────────┘

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

とにかく当たってます!この1ヶ月だけでもヒット連発
―――――――――――――――――――――――――

■2月17日東京 4R 25万3260円【的中】
■2月 9日小倉12R 13万7910円【的中】
■3月 2日小倉 9R  3万7910円【的中】
■3月 2日中山10R  3万6800円【的中】
■3月 2日中山 5R  3万4630円【的中】
■2月10日小倉 9R  3万4230円【的中】
■3月 3日中山 8R  2万8540円【的中】
■2月10日小倉 7R  2万7310円【的中】
■2月 9日京都 8R  2万5060円【的中】
■2月 9日小倉 1R  2万4800円【的中】
■3月 2日小倉10R  2万3600円【的中】
■2月23日中山 7R  2万2990円【的中】
■2月10日京都10R  2万1730円【的中】
■2月 9日小倉10R  2万0690円【的中】

※他にも厳選鞍から的中多数!(200倍以下は省略)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

≪今週はこの馬が波乱を演出する!≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《金鯱賞》豪華メンバーに隠れて人気の盲点!

波乱の立役者になりえる『超穴馬』今すぐ教えます

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


控えめ~厳しい評価の馬(馬番順)


5-6 ペルシアンナイト(57.0kg)

短評:(金鯱賞2019 予想)
 やや持続力優位の末脚に優れる千七巧者??
 ここでの不安は、パワー不足×中距離での持続力不足。
 終いの坂の負荷が高い「コース形状、展開、負担斤量」や、芝1800m以上で持続力の要求度が高いレースではパフォーマンスを低下させていて、中京芝2000m(=前半:スロー → 後半:極端なロングスパートになりやすく、急坂の負荷が高いコース形状。キレの重要度が低い)はペルシアンナイトにとって最も苦手な条件である可能性があります。大阪杯などに向けて内容のあるレースを期待したいですが、ここでは厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(誤差の大きさに注意。 最終更新:18'マイルCS 57.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(後脚長さ普通~やや長い)、太さ普通、角度普通。標準飛節? 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の1700m前後◎??(2000m▲+??) 荒れ馬場・道悪▲-?(レース内容から荒れ馬場・道悪にマイナス修正) ゲート:▲↑?? 先行力:F-? 底力(=ハイペース耐性):D-(甘め)~E? キレ:E-~E-(甘め)? 持続力:E(甘め)? 総合力でE↑~E?相当 おじ:ゴールドアリュールほか


5-7 ギベオン

短評:(金鯱賞2019 予想)
 全体的なスピードに優れる千八巧者??
 ここでの不安は、トップスピード不足。
 中日新聞杯2018(=前掛かりの中締まりラップ。例年より極めて早いペースで、レース上がりは36.5秒)で優勝したように全体的なスピードに優れますが、トップスピード・キレの裏付けで劣り、中日新聞杯2018より上がりの早い決着(馬場、展開)になると先行勢を捉えるのが難しいと思われます。ここでは厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:18'中日新聞杯 56.0kg)
(誤差注)ツナギはやや長い(後脚長い)、やや太い、角度普通~やや立ち。直飛節。 重めの芝の中長距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、重めの芝の1800m前後◎??(マイル○? 2000m▲?? 2200m△?) 荒れ馬場○??道悪▲+?? 先行力:F(甘め)~F-?? 底力(=ハイペース耐性):E(甘め)?? キレ:F(甘め)~F-?? 持続力:E-(甘め)?? 総合力でE-↑??相当


7-11 リスグラシュー(55.0kg)

短評:(金鯱賞2019 予想)
 やや持続力優位の末脚のバランスに優れる中距離馬??
 ここでの不安は、パワー不足。
 やや小柄なハーツクライ産駒というキャラクター通り、優れた持続力にキレ(=トップスピードと急加速力)を高いレベルで兼備していますが、その裏返しでパワーの裏付けは古馬重賞レベルだと弱いまま。パワーの要求度が高いレース(≒上がりの額面が掛かるレース)での実績は2~3歳牝馬限定重賞まで遡らないといけません。急坂の負荷が高い中京芝2000mでは開幕週の馬場でもパフォーマンスが低下してしまうのでは。+1.0kg加算されている斤量もこの不安を強める要素で、ここでは控えめな評価から考えたいです。
適性チェック:(最終更新:18'エリザベス女王杯 56.0kg+α)
 ツナギは長さ普通(胴の長さ普通、後脚やや長い)、やや細い、角度普通(蹄はやや寝る)。直飛節? 軽めの芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の中距離◎??(マイル▲+↓?? 中長距離▲+↑??) 荒れ馬場▲??道悪▲-??(馬場適性をレース振りから重めに寄せる) ゲート:▲↑?? 先行力:F-? 底力(=ハイペース耐性):E? キレ:E-? 持続力:D-? 総合力でD-(甘め)?相当 斤量少注(やや小柄↑-急加速力不足)


8-12 モズカッチャン(54.0kg)

短評:(金鯱賞2019 予想)
 パワー・全体的なスピードに優れる中距離馬??
 ここでの不安は、トップスピード・キレ不足。
 3歳時より平均馬体重が増えたことと関連してか、トップスピードの裏付けが3歳時より弱くなっています。このため、トップスピードの重要度が高い「展開や仕掛けのタイミング」になると、パフォーマンスが低下すると思われます。中京芝2000m(=前半:スロー → 後半:極端なロングスパートになりやすく、急坂の負荷が高いコース形状。キレの重要度が低い)はモズカッチャンのパワー・全体的なスピードを生かしやすい好条件ですが、強力な先行馬が揃った今回は捉えきれない可能性の方が高いと見直します。
適性チェック:(最終更新:18'有馬記念 55.0kg)
 ツナギは長さ普通(後脚やや長い)、太さ普通、やや寝る。直飛節。 標準的な芝の中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、重めの芝の2000m◎前後?? 荒れ馬場・道悪▲+??(レース内容から重め・道悪にプラス修正) 先行力:F(甘め↓)?? 底力(=ハイペース耐性):D-? キレ:F(甘め↓)? 持続力:E-(甘め)? 総合力でE?相当


芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


 

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△