皐月賞2019 予想 サートゥルナーリアは高速決着に不安も日曜の雨予報は朗報?

予想のポイント

 コース形状+高速化などから超高速中弛みラップになりやすく、芝1800m前後での総合力上位馬の期待値がやや高いレース。  土曜現在の馬場傾向と日曜の天気予報から、「芝1800m寄りのスピード」と「トップスピード・末脚」の両立が重要になりそうなこと...などに注意。(土曜現在の予想)


 ◎ 人気ブログランキングへ [芝2000mのスローペースで2連勝、芝1800mのハイペースでタイム差なしの4着善戦]
 ○ アドマイヤマーズ [芝2000mでの末脚不足・距離の長さに不安]
 ▲ ダノンキングリー [小柄。パワーと強風が不安+マイナス要素]
 △ サートゥルナーリア [マイル指向のスピード未知数。父Kingmambo系は母系の影響が強くなりやすいそう]


買い目はなるべくシンプルに。
単勝:◎
馬単:○▲△→◎


予想記事 目次

0. 皐月賞2019_プレ予想 サートゥルナーリアやダノンキングリーに不安は?
1. 予想のポイント
2. 馬場傾向
3. 各馬の短評 or 近走の回顧


―――――――――――――――――――――――――
暮れの2歳GIは朝日杯もホープフルも情報通り!

≪朝日杯FS1鞍だけで払戻し113万円獲得!≫
―――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

先週は年明け初戦のグランアレグリアが圧勝だったが...

≪ブッツケ本番のサートゥルナーリアは勝てるのか?≫
―――――――――――――――――――――――――
2週連続で久々?それとも今週こそトライアル組?

今年大きく狙える『絞りに絞った3頭』はこれだ!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

―――――――――――――――――――――――――
≪万馬券続出!この1ヶ月だけでも的中ラッシュ≫
―――――――――――――――――――――――――

■4月 7日中山12R 7万7040円【的中】
■3月24日中京 2R 3万9010円【的中】
■3月24日中山 4R 3万8530円【的中】
■3月24日中京 5R 3万7980円【的中】
■3月17日中京10R 3万0810円【的中】
■4月 7日阪神10R 2万8560円【的中】
■4月 7日福島 8R 2万7900円【的中】
■3月23日阪神 7R 2万7600円【的中】
■3月30日阪神 8R 2万2680円【的中】
■4月 7日中山 4R 2万2070円【的中】
■3月30日中山 5R 2万1550円【的中】
■3月16日阪神12R 2万1030円【的中】
■3月31日阪神 9R 2万0940円【的中】
■4月 7日中山 6R 1万9490円【的中】
■4月 7日中山12R 1万7520円【的中】
■3月16日阪神 4R 1万6130円【的中】

 ※他にも万馬券的中多数!(150倍以下は省略)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

  今年の皐月賞も人気通りには決まらない!
―――――――――――――――――――――――――
サートゥル?アドマイヤ?ヴェロックス?それとも...?

皐月賞の『絞りに絞った3頭』無料で教えます

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


馬場傾向

中山競馬場 : 開催8/8週目(=A10+B6日)、Bコース使用3/3週目。月水大雨、日午後南風(≒正面追風)やや強い?(+夕雨?)

 内外フラットで、時計レベルは土曜:かなり早?? 好走している血統は(土曜12Rまで、計4レース)、Northern Dancer系×5、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×4、Mr. Prospector系×2、Hail to Reason系(非SS系。Roberto系など)×1で、推測される芝質は「高速馬場の重い芝(前週比:重くなる)」

 最終週・8週目 土曜現在の中山芝をまとめると、「内外フラットかつ高速馬場の重い芝で、時計レベルは土曜:かなり早??」

 明日にかけての天気は、南風(≒正面追風)が徐々に強まり、夕方からは雨の予報。雨の降り始める時間に注意が必要も、雨の影響が出ないうちは全体的なスピードと直線でのトップスピードが同じくらい重要になりそう。



馬場観察レース : netkeiba.com レース一覧


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ

 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


各馬の短評 or 近走の回顧(馬番順)

 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)


○ 1-1 アドマイヤマーズ

短評:(皐月賞2019 予想)
 全体的なスピードに優れるマイラー~千八巧者??
 ここでの不安を強いて挙げるなら、距離の長さ。
 マイラーの先行馬として優れた素質・能力を見せている分、スピードを削がれる時計の掛かる馬場などでは距離の長さからパフォーマンスが伸び悩む心配があります。マイル指向のスピードを生かせる高速馬場、高速決着であればあるほどこの不安は軽減されるため、皐月賞当日の時計レベルに注目して評価を調整したいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:18'朝日杯FS 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通、やや太い、やや寝る(蹄も寝る)。直飛節気味。 重めの芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、重めの芝のマイル~1800m◎??(2000m▲+??) 荒れ馬場○??道悪△+?? :▲+~▲?? :F(甘め)?? :F(甘め)~F-?? キレ:F-(甘め)~G+?? 持続力:F-?? 総合力でF??相当

※ ツナギも蹄も寝ていて、雨の残る馬場では滑りやすい足回り。雨の残る馬場=時計の掛かる馬場ではマイル指向のスピードも削がれてしまいます。超高速馬場でなければ厳しい評価から考えたいです。


1-2 サトノルークス

短評:(皐月賞2019 予想)
 底力・持続力に優れる中長距離馬??
 ここでの不安は、距離の短さ。
 全姉:タッチングスピーチと同じく持続力優位の末脚に高い素質を示していますが、レース前半のスピードの裏付け(≒距離短縮への適性)が弱いこと+全姉:タッチングスピーチの活躍時期から、皐月賞(近年の良馬場では高速決着になりやすい)での期待値は低くなりやすいと思われます。仕掛けどころが下り坂でないコース(=急加速力・キレ不足を補える)も今回が初めてで、そこそこ人気なら厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:19'すみれS 56.0kg)
(誤差注)ツナギはやや短い(前脚の長さ普通、後脚やや長い)、太さ普通、角度普通(蹄は寝る)。直飛節。 標準的な芝の中距離向き、血統は中距離向き(??)で、標準的な芝の2200m~2400m◎??(2000m○~▲??) 荒れ馬場▲??道悪△+?? 先行力:G+?? :F?? キレ:F-(甘め)?? :F?? 総合力でF??相当 全姉:タッチングスピーチ


▲ 2-4 ダノンキングリー

短評:(皐月賞2019 予想)
 ややキレ優位の末脚に優れる千八巧者~マイラー??
 ここでの不安は、パワー不足。
 軽いキレ(=トップスピードと急加速力)に優れた能力を見せている分、急坂替わり+負担斤量の増加は大きなマイナス要素。また、路盤改修後の皐月賞で馬体重が480kg未満だったのはダンビュライト(466kg。17年3着。父ルーラーシップ)、ディーマジェスティ(476kg。16年優勝。父ディープインパクト)の2頭ですが、いずれも母系のスタミナ色が強い馬。ダノンキングリーの母系はスピード色が強く、パワー不足を補うようなスタミナを期待しづらいのでは。人気なら控えめな評価から考えたいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:19'共同通信杯 56.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通、太さ普通、角度普通。直飛節気味。 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝のマイル~1800m◎??(2000m○~▲??) 荒れ馬場・道悪▲?? 先行力:F-?? :F?? :E-?? :F??(キレ・持続力は入れ替えの可能性あり) 総合力でF↑??相当 斤量注(小柄+キレ優位??) 半兄:ダノンレジェンド、ダノングッド おじ:West Coast [米]


人気ブログランキングへ

短評:(皐月賞2019 予想)
 やや持続力優位の末脚に優れる中距離馬??
 ここで見直したい理由は、対応できているペースの幅広さ。
 東京スポーツ杯2歳ステークス2018(=後傾で上がりだけ早い一貫ラップ。ハイペース)では直線で不利を受けながらタイム差なしの4着に善戦し、若駒ステークス2019(=中弛みでやや極端な後傾ラップ)→若葉ステークス2019(=緩急が小さい上がり勝負)を2連勝。芝2000mの高速馬場(≒芝1800m寄りの総合力が重要)×強い南風(=正面追風。トップスピード・末脚の重要度アップ)はこれらの能力を全開にしやすい絶好の条件だと思われます。心配だった頭の高さがレースごとに改善されていて、急坂への不安も軽減。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:19'若葉S 56.0kg)
(誤差注)ツナギはやや長い(胴は長さ普通)、太さ普通、角度普通。直飛節気味? 標準的な芝の中距離向き、血統は中距離向き(??)で、標準的な芝の中距離◎?? 荒れ馬場・道悪▲?? 先行力:F-(甘め)?? :E-(甘め)?? :F?? :E-(甘め)?? 総合力でE-??相当 急坂▲+??(やや頭高い+大跳び)


※ 修正前の短評
 ここでの不安を強いて挙げるなら、急坂。
 やや頭の高い走り+首使いのリズムが少し悪い+大跳びなどのためか、直線に上り坂のあるコースではパフォーマンスが伸び悩んでいる印象があります。それでも若葉ステークス2019を圧勝するなど総合力は世代最上位クラスにあると思われますが、急坂の中山芝2000m+負担斤量の増加を考えると、無視できないマイナスとなりそうです。高い実力を評価しつつも、人気に見合う勝率は疑っておきたいです。


4-8 ニシノデイジー

短評:(東京スポーツ杯2歳ステークス2018 回顧)
 前後やや有利、展開と能力適性が一致? 札幌2歳ステークス2018で見せたスタミナとパワーを高速馬場でも発揮。ホープフルステークスまでなら安定した走りを見せそうです。ただ、急加速力の裏付けは弱く、血統(父ハービンジャー×母父アグネスタキオン×母母父セイウンスカイ)や高木 登厩舎の特徴(重賞勝ち馬=スノードラゴン、サウンドトゥルー、マイネルフロスト、ウインマーレライ)から成長も鈍そう。弥生賞以降など他馬の成長が追い付いてきてキレの重要度が高まると詰めが甘くなりやすいのでは。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:19'弥生賞 56.0kg)
(ツナギチェックなし) 血統は中距離向き(??)で、重めの芝の中距離◎?? 荒れ馬場○??道悪??(馬場適性はレース内容から推定) 先行力:G+?? :F(甘め)?? キレ:F-(甘め)?? :F(甘め)?? 総合力でF(甘め)??相当 急坂○-~▲+??(やや頭高い。完成度の優位が低くなる弥生賞以降で注意)


5-9 メイショウテンゲン

短評:(弥生賞2019 回顧)
 馬場+展開-挙動と適性(馬場+能力)が一致?? きさらぎ賞2019(=非常に時計の掛かる馬場×後傾の中弛みラップ)より馬場・展開の両面でキレ(=トップスピードと急加速力)の重要度が低かった上、池添謙一騎手の好判断・好騎乗(「きさらぎ賞では切れ負けした感じでしたから、今日は早めの競馬をしました。」ラジオNIKKEIによる)が噛み合っての重賞初制覇でした。メイショウテンゲン自身は馬体重の割にパワー・スタミナ指向がかなり強く(母系の影響が強い? 母父:フレンチデピュティ×母母父:Sadler's Wells)、良馬場では多くの条件でキレ不足に泣かされそう。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:19'弥生賞 56.0kg)
(誤差注)長さ普通、やや太い、やや立ち。直飛節気味? 重い芝のマイル~中距離向き、血統は中距離向き(??)で、重い芝の中距離◎?? 荒れ馬場・道悪○??(レース内容からプラス修正) 先行力:G+(甘め)?? :F?? キレ:G?? :F(甘め)?? 総合力でF??相当 母:メイショウベルーガ


6-12 サートゥルナーリア

短評:(皐月賞2019 予想)
 ややキレ優位の末脚に優れる中距離馬??
 ここでの不安は、超高速決着。
 3連勝は距離を伸ばしながら&3戦ともテン>上がりの展開。超高速決着向きのテンのスピードや追走スピードの裏付けがなく、パフォーマンスが伸び悩む心配があります。順調に成長していれば総合力はメンバー最上位と思われますが、人気に見合う適性を見せていない分、控えめな評価から考えても。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:18'ホープフルS 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(後脚やや長い)、太さ普通~やや太い?角度普通(蹄はやや寝る)。直飛節気味。 標準~重めの芝の中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準~重めの芝の中距離◎?? 荒れ馬場○??道悪▲-?? :▲+?? 先行力:G+?? :F-+α?? :F+α?? :F-+α?? 総合力でF+α??相当 半兄:エピファネイア、半兄:リオンディーズ






シゲルピンクダイヤとエールヴォアの7,8人気入れておきしっかり的中。

桜花賞2019結果

1着08グランアレグリア (2人気)

2着16シゲルピンクダイヤ(7人気)

3着04クロノジェネシス (3人気)

ー実際土曜夜に配信された買い目ー



無料情報で回収率599%叩き出してくれると本当嬉しいですよね?! 
絶好調すぎるTAZUNAさんは皐月賞も無料情報を配信予定。毎週末の重賞含めた厳選4鞍はチェックしておくべき無料買い目情報ですよね?!

(金曜夜配信)土曜厳選二鞍買い目(無料)

(無料配信★)皐月賞厳選買い目(無料)


簡単メルマガ登録のみ。まずは無料情報へ。確認メールきたらクリックしてログイン!


芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


 

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ


皐月賞 2019 予想の詳細を見る

最新記事一覧

もっとみる >