オークス2019 予想 コントラチェックもクロノジェネシスも例年より早い仕掛けが欲しい

予想のポイント

 コース形状などから後傾の中弛みラップにややなりやすく、キレ優位の末脚上位馬の期待値がやや高くなりやすいレース。
 桜花賞で好走した持続力優位の馬の期待値が下がること(キレ・急加速力の重要度が高まりやすいため。仕掛けどころが下り→上り)、近年は緩急のやや小さい流れになりやすく=中距離~中長距離指向がやや高まっていること...などに注意。(土曜現在の予想)


 ◎ クロノジェネシス
 ○ コントラチェック
 ▲ 人気ブログランキングへ
 △ ラヴズオンリーユー


買い目はなるべくシンプルに。
馬連:◎○▲△


予想記事 目次

0. オークス2019_プレ予想 ラヴズオンリーユーやダノンファンタジーに不安は?
1. 予想のポイント
2. 馬場傾向
3. 印馬の短評・適性チェック
3+. 控えめ~厳しい評価の馬


―――――――――――――――――――――――――

桜花賞馬グランアレグリア不在でも混戦ではない!
≪今年のオークスも我々にお任せください!≫

―――――――――――――――――――――――――

【$$$】オークスは現在7年連続的中【$$$】
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2015年 ◎ミッキークイーン 2万0150円的中
2013年 ◎デニムアンドルビー1万5610円的中
2016年 ◎シンハライト     5790円的中
2017年 ◎アドマイヤミヤビ   4600円的中
2017年 ◎アーモンドアイ    3360円的中
2014年 ◎ハープスター     1530円的中
2012年 ◎ヴィルシーナ      820円的中

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

グランアレグリア不在でも混戦にあらず!

すでに狙いは『3頭』まで絞れている!今すぐ無料で教えます

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【先週も】狙って獲ったぞ!10万馬券
―――――――――――――――――――――――――
毎週毎週とにかく当たっています!4月以降だけでも!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■4月21日京都 3R 16万0540円【的中】
■4月28日東京12R 13万3010円【的中】
■5月11日新潟11R 10万8770円【的中】
■4月 7日中山12R  7万7040円【的中】
■5月 5日京都12R  4万5830円【的中】
■4月21日福島 5R  3万5730円【的中】
■4月 7日阪神10R  2万8560円【的中】
■4月 7日福島 8R  2万7900円【的中】
■5月 5日京都 6R  2万6190円【的中】
■4月20日福島 6R  2万3050円【的中】
■5月 4日新潟10R  2万2710円【的中】
■4月14日中山 8R  2万2180円【的中】
■4月 7日中山 4R  2万2070円【的中】
■4月28日東京 3R  2万1040円【的中】

※他にも厳選鞍から的中多数!(200倍以下は割愛)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今年も桜花賞前から「ココ勝負」の勝負話を入手済み!

―――――――――――――――――――――――――

 ≪今年のオークスも我々にお任せください!≫
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

オークスの『絞りに絞った3頭』今すぐ教えます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


馬場傾向

東京競馬場 : 開催5/10週目(=A6+B4+C6+D4日)、Bコース使用2/2週目。

 (少し前・内有利~)内外フラットで、時計レベルは土曜:かなり早↓↓?? 好走している血統は(土曜12Rまで、計5レース)、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×8、Mr. Prospector系×6、Hail to Reason系(非SS系。Roberto系など)×1で、推測される芝質は「標準的な芝(前週比:少し軽くなる)」

 5週目 土曜現在の東京芝をまとめると、「(少し前・内有利~)内外フラットの標準的な芝で、時計レベルは土曜:かなり早↓↓??」

 明日にかけての天気は、良好。時計レベルが先週より落ち着いた、偏りの小さい馬場傾向が続きそうです。



馬場観察レース : netkeiba.com レース一覧


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ

 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


印馬の短評・適性チェック

 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)


◎ 1-2 クロノジェネシス

短評:(オークス2019 予想)
 やや持続力優位の末脚に優れる千八巧者??
 ここでの不安は、特にありません。
 デビューからの2連勝を芝1800mで挙げた通り、中距離の方が相対的なパフォーマンスは高く、3歳牝馬同士のオークスでも距離延長がプラスに働くと思われます。高いレベルではキレ・急加速力で見劣るため仕掛け遅れのリスクはありますが、末脚をのびのびと発揮できるようなら。上位に評価したいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:19'桜花賞 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(胴は少し短い or 後脚やや長い?)、やや細い、角度普通(蹄はやや寝る)。標準飛節? 軽めの芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、軽め~標準的な芝の1800m前後◎?? 荒れ馬場・道悪▲-?? 先行力:F-(甘め)~G+?? :E-(甘め)?? キレ:F-?? :F?? 総合力でE-(甘め)??相当 急坂▲+??(やや頭高い) 半姉:ノームコア、ハピネスダンサー Rustic Belle(米)の一族


○ 2-3 コントラチェック

短評:(オークス2019 予想)
 全体的なスピード・総合力に優れる千八巧者??
 ここでの不安を強いて挙げるなら、キレ(=トップスピードと急加速力)不足。
 半姉:バウンスシャッセ(14'フラワーC 優勝、14'オークス 3着など重賞3勝)や半兄:ムーンクエイクと同じように全体的なスピードに優れた素質を見せていて、姉や兄より小柄でパワー過剰でない分、キレ(=トップスピードと急加速力)も十分なレベルで兼備しています。しかし、東京芝2400mはこれまでよりキレの重要度が高いコース形状。早仕掛けなどキレの重要度を低くしないと末脚に優れる馬たちに飲み込まれる心配があります。乗り替わりのレーン騎手が一発回答を出すシーンに期待して、上位候補の1頭として評価したいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:19'フラワーC 54.0kg)
(誤差注)ツナギは少し短い~長さ普通、太さ普通、角度普通(蹄はやや寝る)。直飛節気味。 標準的な芝のマイル前後向き、血統はマイル前後向き(??)で、標準的な芝の1800m前後◎?? 荒れ馬場▲??道悪▲-?? :▲+?? :F? :F? キレ:F-(甘め)?? 持続力:F-?? 総合力でF↑~F??相当 半姉:バウンスシャッセ、半兄:ムーンクエイクほか(姉や兄より小柄)


人気ブログランキングへ

短評:(オークス2019 予想)
 末脚に優れる中距離馬??
 ここで見直したい理由は、レース前半のスピードの重要度が下がる条件替わり。
 半姉:クイーンズリングより「末脚(=レース後半の能力)に偏った&中距離に寄った」タイプと推測され、桜花賞2019(=高速馬場×レースレコードの決着)での大苦戦は「高速マイルやレース前半」の大幅なスピード不足が原因だったと思われます。今回は距離延長でレース前半のスピードの重要度が大きく下がるため、ゆったりとした追走からエルフィンステークス2019のような末脚を発揮しやすくなるのでは。完成度・実力の単純比較では重賞実績馬 以上のハイレベルを示していて、人気を落とすなら積極的にマークしたいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:19'桜花賞 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(後脚やや長い?)、やや細い~太さ普通?角度普通~やや立ち。直飛節。 軽め~標準的な芝の中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、軽め~標準的な芝の中距離◎??(マイル▲??) 荒れ馬場・道悪△+?? ゲート・ダッシュ:▲-~△+?? 先行力:G+(甘め)?? :F~F(甘め)?? :E-(甘め)~F?? :F~F(甘め)??(キレ・持続力は逆の可能性あり) 総合力でE-(甘め)~F??相当 斤量特注(かなり~非常に小柄) 半姉:クイーンズリング


△ 7-13 ラヴズオンリーユー

短評:(オークス2019 予想)
 末脚のバランスに優れるマイラー~千八巧者(※古馬基準)??
 ここでの不安を強いて挙げるなら、前後・内外の不利。
 白菊賞2018の時点の実力・総合力が500万下以上で、阪神JFで上位を狙えるレベルでした。忘れな草賞2019のレースレベルは500万下相当ですが、前後・内外の不利を受けながら&余裕のある状態でのもの。上積みがあれば、実力は上位クラスのままだと思われます。ただ、先行力に欠けるため、前後・内外の不利を受けやすい点は不安要素。今年は例年より仕掛けを早くしそうな強力な先行馬=コントラチェックがいるので、例年以上に内をロスなく回ることが重要になる可能性があります。枠順の有利不利を考えなければ、素直に上位候補の1頭として。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:19'忘れな草賞 54.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(前脚少し短い~普通)、太さ普通、角度普通。標準飛節。 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統は1800m前後向き(??)で、標準的な芝のマイル~1800m◎??(※古馬基準) 荒れ馬場・道悪▲?? ゲート:▲-?? 先行力:G? :F-?? :F(甘め)?? :F-?? 総合力でF(甘め)??相当 斤量少注(やや小柄~小柄) 全兄:リアルスティールほか


 馬券はどこから買おうか迷う一戦。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?いま流行りの「AI」を活用した最先端の予想法です。

 最近登場した「TAZUNA 」というサイトが真っ先にAIを取り入れて、利用者が急増していると編集部内でも話題になっています。
 というのも、あるYOUTUBEチャンネルで再三特集している通り、最近の競馬でAIを使ったと思われる集団が荒稼ぎしていると思われる形跡が極めて頻繁に見られます。

 簡単に説明すると、締切ギリギリのタイミングで、不自然なほど当たり馬券だけに買いが集中しているのです。どこかに、ごっそりと当たり馬券をガメている人間たちがいることは間違いなく、私は何らかのプログラム(AI)の可能性が高いと見ています。(詳しくは、動画「競馬の答えを知って馬券を買ってる人がいる...その正体はAIだ【検証】」にて解説。)

 その点、TAZUNAが一早くAIを導入し「Xファクター」というプランを用意したのは投資競馬専門情報サイトならでは。先見の明があると言わざるを得ません。
 現在は、まだAIの実力を信じられない方のため、無料登録後30日間は買い目情報が無料提供されるというキャンペーン中。この機会に試してみることをお勧めします。


↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。

 使ってみて感じたのは、さすが投資競馬だけのことはあって、期待値の高い馬券をひたすら買い続けているなという印象です。これならある程度のスパンで長期的に利益を生み出せるのではないでしょうか。

 因みに、私が情報提供を受けたシルクロードSの時の買い目がこちら↓結果は憶えていますか?


この48点で勝負したわけですが、、

結果
1着②ダノンスマッシュ
2着⑧エスティタート
3着⑱ティーハーフ

どうですか?
いとも簡単に3連単2482.5倍=248,250円的中!


1番人気→11番人気→12番人気の決着ですからね
こんなにサラリと当ててくるとは、、。


やはりこれからの時代、AIの脅威からは逃れられないのだろうな、というのが感想です。せっかく30日間無料買い目提供のキャンペーン中なので、これを機会に一度お試しされることをお勧めします!

http://www.ta-zu-na.com/
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。


控えめ~厳しい評価の馬(五十音順)


4-8 ダノンファンタジー

短評:(オークス2019 予想)
 キレ・底力に優れるマイラー??
 ここでの不安は、持続力不足・距離の長さ。
 マイル以下向きのキレ(=トップスピードと急加速力)優位の末脚は世代最上位クラスですが、マイルで持続力(≒距離延長への適性)の重要度が高まるとパフォーマンスが伸び悩んでいて、芝2400mに距離が伸びるとパフォーマンスが低下する心配があります。特に、今年は例年より仕掛けを早めて持続力の重要度を高めそうな先行馬=コントラチェックがいるため、この不安が強まる恐れまであります。血統的にもスタミナの補完は望みづらそうで、ここでは厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:19'桜花賞 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(前脚・胴はやや短い)、太さ普通、やや立ち。直飛節気味? 標準的な芝のマイル前後向き、血統はマイル前後向き(??)で、標準的な芝のマイル前後◎?? 荒れ馬場・道悪▲+?? :▲+?? 先行力:G+?? :F-(甘め)?? :F(甘め)~F-?? 持続力:G+(甘め)?? 総合力でF(甘め)~F-??相当


6-11 シゲルピンクダイヤ

短評:(オークス2019 予想)
 ややキレ優位の末脚に優れるマイラー~千八巧者??
 ここでの不安は、高いレベルでの持続力不足。
 これまでのレース内容+血統(父ダイワメジャー×母父High Chaparral×母母父Sinndar)から、ダイワメジャー産駒のマイル向きの一瞬の末脚に母系から持続力を補完したタイプと推測されます。しかし、持続力(≒距離延長への適性)の裏付けは過去4戦すべてが中弛みラップのため弱く、距離延長ではパフォーマンスが伸び悩む心配があります。例年であれば、多くの人馬の距離不安などから仕掛けが遅い展開=キレ(=トップスピードと急加速力)が生きる展開になりやすいですが、今年は仕掛けを早くしそうなコントラチェックがいるため、持続力不足・距離の不安が例年より出やすいのでは。控えめな評価から考えたいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:19'桜花賞 55.0kg)
(誤差注)ツナギはやや短い(胴はやや短い、前脚の長さ普通、後脚やや長い)、太さ普通、やや立ち。標準飛節?? 標準的な芝のマイル~1800m向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝のマイル◎??(1800m○??※) 荒れ馬場・道悪▲+~▲?? ゲート・ダッシュ:▲-?? 先行力:G?? :F(甘め)?? :F?? 持続力:F-?? 総合力でF??相当 斤量少注(やや小柄) ※ 桜花賞までのレースのテン・上がりのバランスから距離適性を判断


6-12 ウィクトーリア

短評:(フローラステークス2019 回顧)
 前後やや不利、内外有利(直線入り口まで最内)、展開と能力適性がやや一致? 兄たちよりキレ(=トップスピードと急加速力)と持続力のバランスが良く、牝馬同士ならパワーの優位もある印象。現時点ではG1好走レベルに達していない上、コントラチェックという強敵まで。オークスに向かっても厳しいレースになりそう。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:19'フローラS 54.0kg)
(誤差注)ツナギはやや長い(胴は長さ普通?)、太さ普通~やや太い、やや立ち。直飛節気味。 重めの芝の中距離向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、重めの芝の1800m前後◎?? 荒れ馬場・道悪○?? 先行力:F-(甘め。持続力に寄せて発揮可)?? :F-(甘め)?? キレ:F-(甘め)?? :F-?? 総合力でF-↑??相当 母:ブラックエンブレム。半兄:ブライトエンブレム、アストラエンブレム


芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


 

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ


オークス 2019 予想の詳細を見る

最新記事一覧

もっとみる >