安田記念2019 予想 アーモンドアイが苦手そうなレース

予想のポイント

 安田記念はコース形状+重い負担斤量などからテン~中盤+走破時計の額面が早い「ほぼ一貫ラップ」になりやすく、底力(=ハイペース耐性)を中心としたマイルでの総合力を問われるレース。
 大型馬≒パワータイプの期待値が高く、小柄な馬・キレ(=トップスピードと急加速力)優位の馬の期待値が低いこと、昨年よりペースが緩みそうなこと(安田記念2018は例年よりハイペース)...などに注意。(土曜現在の予想)


 ◎ サングレーザー
 ○ 人気ブログランキングへ
 ▲ ダノンプレミアム
 △ ステルヴィオ


買い目はなるべくシンプルに。
馬連:◎○▲△


予想記事 目次

0. 安田記念2019_プレ予想 アーモンドアイやダノンプレミアムに不安は?
1. 予想のポイント
2. 馬場傾向
3. 印馬の短評・適性チェック
3+. 控えめ~厳しい評価の馬


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日本ダービーも≪ダブル万馬券的中≫で帯封獲得!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
[1着]ロジャーバローズ(12番人気)
[2着]ダノンキングリー
[3着]ヴェロックス

▼『サートゥル一強にあらず!』と予告通りの決着で▼
―――――――――――――――――――――――――
【馬 連】1万1200円的中⇒112万円獲得!
【3連複】1万2050円的中⇒ 60万円獲得!

―――――――――――――――――――――――――

もちろん今週の安田記念も任せて下さい!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
―――――――――――――――――――――――――
アーモンドアイ・ダノンプレミアムに迫る超穴馬は必見
―――――――――――――――――――――――――
ダービーのバローズにも匹敵!?衝撃情報を掴んでる!

安田記念で大きく狙える【絞りに絞った3頭】無料公開


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

≪ダービーの他にも毎週ヒット連発!≫
―――――――――――――――――――――――――
毎週毎週とにかく当たっています!4月以降だけでも!
―――――――――――――――――――――――――

■4月21日京都 3R 16万0540円【的中】
■4月28日東京12R 13万3010円【的中】
■5月11日新潟11R 10万8770円【的中】
■4月 7日中山12R  7万7040円【的中】
■5月26日京都 5R  4万8990円【的中】
■5月 5日京都12R  4万5830円【的中】
■5月18日新潟 6R  3万8030円【的中】
■4月21日福島 5R  3万5730円【的中】
■4月 7日阪神10R  2万8560円【的中】
■4月 7日福島 8R  2万7900円【的中】
■5月 5日京都 6R  2万6190円【的中】
■5月25日京都 8R  2万3150円【的中】
■4月20日福島 6R  2万3050円【的中】
■5月 4日新潟10R  2万2710円【的中】
■5月25日京都 4R  2万2210円【的中】
■4月14日中山 8R  2万2180円【的中】
■4月 7日中山 4R  2万2070円【的中】
■4月28日東京 3R  2万1040円【的中】

※他にも厳選鞍から的中多数!(200倍以下は割愛)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

安田記念にも予想では買いづらい超穴馬が潜んでいる!
―――――――――――――――――――――――――

先週のダービーではロジャーバローズ(12番人気)が
予告通り・情報通りに激走!!

≪今週はこれだ!≫
安田記念の『絞りに絞った3頭』を無料で教えます

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


馬場傾向

東京競馬場 : 開催7/10週目(=A6+B4+C6+D4日)、Cコース使用2/3週目。水小雨

 少し内有利~内外フラットで、時計レベルは土曜:非常早?? 好走している血統は(土曜12Rまで、計5レース)、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×9、Northern Dancer系×3、Mr. Prospector系×2、Hail to Reason系(非SS系。Roberto系など)×1で、推測される芝質は「高速馬場の軽めの芝(前週比:変わらず)」

 7週目土曜現在の東京芝をまとめると、「少し内有利~内外フラットかつ高速馬場の軽めの芝で、時計レベルは土曜:非常早??」

 明日にかけての天気は、曇ってムシムシするも雨の心配は小さそう。土曜と同じく、高速かつ末脚の重要度が高い馬場傾向が続きそうです。



馬場観察レース : netkeiba.com レース一覧


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ

 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


印馬の短評・適性チェック

 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)


◎ 2-4 サングレーザー

短評:(安田記念2019 予想)
 やや持続力優位の末脚に優れるマイラー~千八巧者??
 ここでの不安を強いて挙げるなら、久しぶりの高速マイル。
 安田記念2018以降は芝2000mを4戦。ハイペースや高速決着でパフォーマンスが高く、マイル向きの能力の高さが感じられます。適性が大きく変わっていなければ、ディープインパクト産駒としてはパワー寄りの適性と馬格の大きさ(58.0kgの斤量が馬体重の12.0%ちょっとにとどまる)、芝1400m重賞で好走するなどマイルの高速決着に対応できるテン~全体的なスピードと末脚...のすべてが安田記念向き。例年よりレース前半が緩くなりそうな相手関係は不安を軽減する要素で、レース間隔を開けた臨戦過程もプラスに見られる要素。昨年の借りを返すシーンに期待して、上位に評価したいです。
適性チェック:(最終更新:19'大阪杯 57.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通、太さ普通、やや立ち~立ち。直飛節気味。 標準的な芝のマイル~1800m向き、血統はマイル~中距離向きで、重めの芝のマイル~1800m◎??(2000m○-~▲+↑??1400m▲↓??) 荒れ馬場・道悪○?? 先行力:F(甘め)?? 底力(=ハイペース耐性):D(甘め)? キレ:D-? 持続力:D?? 総合力でC-(甘め)~D↑?相当 斤量少注(軽斤量で複数回好走) おば:メーデイアほか


人気ブログランキングへ

短評:(安田記念2019 予想)
 全体的なスピードに優れるマイラー?
 ここで見直したい理由は、富士ステークス2018の強さ。
 富士ステークス2018(34.6-22.8-34.3 =1'31"7早~かなり早??。 額面のスピードを問う一貫ラップ=この条件としては非常に早いペース)では2番手から押し切る非常に強い競馬をしていて、状態のピークやペース配分が合えば安田記念(=負担斤量が重く、高速決着になりやすい)はその強さの再現がしやすい好条件だと思われます。大型馬×血統(父ハーツクライ×母父Machiavellian×母母父Danzig)のイメージ通り、「道中で機敏に動けるタイプでない・急加速力に優れるタイプでない」ため重い負担斤量や高速馬場・高速決着はいずれもプラス要素。番手~先行位置から徐々にペースアップしやすそうな今年の相手関係や、ペースを動かせる馬に乗せると怖い武豊騎手もプラス要素で、人気を落とすなら積極的にマークしたいです。
適性チェック:(最終更新:19'京王杯SC 56.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(胴はやや長い)、太さ普通、角度普通(蹄は寝る)。標準飛節? 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統はマイル前後向き(??)で、標準的な芝のマイル◎??(1400m○-↑?? 1800m▲+↓↓??) 荒れ馬場▲?道悪▲-?? 先行力:D? 底力(=ハイペース耐性):D~D-? キレ:F(甘め)? 持続力:F?? 総合力でD↑~D??相当 急坂▲+??(やや頭高い)平坦▲+??(キレ不足)


▲ 8-15 ダノンプレミアム

短評:(安田記念2019 予想)
 総合力に優れるマイラー~中距離馬?
 ここでの不安は、パワー・底力(=ハイペース耐性)不足。
 マイルでの好走はキレ(=トップスピードと急加速力)が生きるレースしか経験しておらず、安田記念(=マイル重賞では負担斤量がもっとも重く、高速馬場などから芝1400m寄りの全体的なスピードの重要度が高くなりやすい)向きのパワーと底力の裏付けは弱いままです。総合力の高さから着順を大きく落とすことは無さそうですが、人気に見合う勝率~連対率は期待しづらいのでは。控えめな評価から考えたいです。
適性チェック:(誤差の大きさに注意。 最終更新:19'マイラーズC 57.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(胴は少し短い?)、太さ普通、角度普通~やや立ち(蹄はやや寝る)。直飛節気味? 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、標準的な芝のマイル~1800m◎?(2000m○?) 荒れ馬場・道悪▲?? ゲートダッシュ:▲+?? 先行力:E(甘め)? 底力(=ハイペース耐性):E? キレ:E?? 持続力:E-(甘め)?? 総合力でD-↑??相当


△ 4-8 ステルヴィオ

短評:(安田記念2019 予想)
 やや持続力優位の末脚に優れるマイラー~千八巧者??
 ここでの不安を強いて挙げるなら、高いレベルでの底力(=ハイペース耐性)不足。
 マイルの淀みない流れや芝1400mは未経験で、高速マイルでの底力(=ハイペース耐性)の裏付けが弱いままです。ただ、順調に成長していれば底力(=ハイペース耐性)不足の不安もなく、やや持続力優位の末脚はマイルチャンピオンシップより安田記念向き(負担斤量の重さ、アップダウン、直線の長さなどから)。阪神外回りよりキレ(=トップスピードと急加速力)の重要度が低い安田記念なら、ダノンプレミアム相手に初めて先着するシーンがあっても。上位候補として評価したいです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:19'大阪杯 57.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(後脚少し長い)、太さ普通、角度普通~やや寝る?標準飛節? 標準的な芝の中距離向き、血統はマイル前後向き(??)で、標準的な芝の1700m前後◎??(マイル・1800m○?? 2000m▲-↓??) 荒れ馬場・道悪▲?? 先行力:F(甘め)~F-? 底力(=ハイペース耐性):E?? キレ:E-?? 持続力:E?? 総合力でD-(甘め)??相当


アーモンドアイVSダノンプレミアム

ダービー、宝塚記念よりも注目を集めそうな『安田記念

現在の日本を代表する2頭が激突!

その他にもステルヴィオ、アエロリット、ペルシアンナイトなど豪華メンバーが集結。

穴馬をさがして高額配当狙いたいのでデータを集めてみました。


【2018】

1着9人気モズアスコット/父フランケル

2着5人気アエロリット/父クロフネ

【2017】

2着8人気ロゴタイプ/父ローエングリン

3着3人気レッドファルクス/父スウェプトオーバーボード

このレースは非サンデー系の種牡馬が活躍するレース。

今の競馬はサンデー系種牡馬が席巻しているのにこの傾向は注目です。

今年の有力馬で該当するのは、、、

アーモンドアイ/アエロリット/ペルシアンナイト/モズアスコット

ペルシアンナイトは近走2000m戦で負けて人気を落としそうなのでマイルの今回は要注意ですし、アエロリット、モズアスコットは東京マイル戦のG1馬なので侮れません。


上記の中からオッズ妙味ありそうな馬で買おうと思ってますが、賭け金を増やすかどうかはコチラのサイトを見てから決めようと思ってます。なぜなら12人気ロジャーバローズの優勝で波乱になった先週のダービーを無料情報含めて当てているから!


 


無料情報で3連複的中!有料情報ではなんと3連単で高額配当を実現させてます。

競馬は何が起きるかやってみないとわからない。もしアーモンドアイやダノンプレミアムが馬券圏外に沈むようなことがあれば2週連続の大波乱になるかも。

そんな馬券を当てるにはこのJHAさんの情報力は大きな武器。

まずは無料情報だけでも試してみてください。

安田記念の買い目は土曜夜公開→(無料)

確認メール来たらクリックしてログインするだけ。


控えめ~厳しい評価の馬(馬番順)


1-2 アエロリット

短評:(安田記念2019 予想)
 全体的なスピードに優れるマイラー??
 ここでの不安を強いて挙げるなら、前後の不利 or 末脚不足。
 血統(父クロフネ×母父ネオユニヴァース×母母父Nureyev)通りパワーと全体的なスピードに優れますが、キレ(=トップスピードと急加速力)の裏付けは弱いまま。持ち味を生かそうとすれば展開上で前後が不利になりやすく、ペースを落としすぎると末脚上位馬に飲み込まれるリスクが増えてしまいます。ただ、重い負担斤量は末脚不足を補う相対的なプラス要素で、昨年の安田記念&前走のヴィクトリアマイルより逃げ争いが楽になりそうな相手関係もプラス要素。コースロスや他馬を捌くロスが少ない逃げ・先行馬の利を生かせれば、ヴィクトリアマイルからの巻き返しがあっても。
適性チェック:(最終更新:19'ヴィクトリアマイル 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通、やや太い?やや立ち。直飛節気味? 重い芝のマイル~1800m向き、血統はマイル以下向き(??)で、重い芝のマイル◎??(1400m・1800m○??) 荒れ馬場・道悪○-?? ゲート:▲+?? 先行力:E? 底力(=ハイペース耐性):D-? キレ:F(甘め)? 持続力:E-(甘め)? 総合力でD-?相当 斤量少注(逃げ・先行馬) いとこ:ミッキーアイル


3-5 インディチャンプ(58.0kg・前走比+2.0kg/やや小柄×軽斤量で複数回好走)

短評:(安田記念2019 予想)
 ややキレ優位の末脚に優れるマイラー~千四巧者??
 ここでの不安は、重い負担斤量。
 高速決着のマイルで軽い「スピード・キレ(=トップスピードと急加速力)」を見せていることの裏返しで、持続力の重要度が高い条件ではパフォーマンスが伸び悩んでいて、これは大型馬だったおじ:ネオリアリズム、リアルインパクトとは異なる特徴。安田記念の重い負担斤量はインディチャンプの軽い「スピード・キレ」を削ぐ、て大きなマイナス要素だと思われます。例年よりレース前半が緩くなりそうな相手関係も持続力の重要度を高めるリスク要素で、人気なら期待値が低くなっているのでは。連を外すシーンを前提に厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:19'マイラーズC 56.0kg)
(誤差注)ツナギはやや短い、太さ普通、角度普通。直飛節気味。 標準的な芝のマイル以下向き、血統はマイル前後向き(??)で、標準的な芝のマイル◎??(1400m○??) 荒れ馬場・道悪▲?? 先行力:F-(甘め)?? 底力(=ハイペース耐性):D-(甘め)?? キレ:E(甘め)?? 持続力:E-?? 総合力でD-(甘め)~E??相当 斤量少注(やや小柄×軽斤量で複数回好走) 半妹:アウィルアウェイ、おじ:ネオリアリズム、リアルインパクトほか


4-7 モズアスコット

短評:(安田記念2019 予想)
 全体的なスピードを末脚に変化させている千四巧者~千五巧者??
 ここでの不安は、衰え・スランプ。
 3歳夏~秋にかけて4連勝、そこから半年余りで安田記念2018を優勝...と、一気に駆け上がりました。しかし、その反動なのか4歳秋以降はパフォーマンスをガクッと落としていて、衰え or 不調期が心配されます。父Frankel、母父Hennessy(米) のいずれの産駒も不調期からの立ち直りが難しく、この血統背景も不安を強くします。さらに昨年よりペースが緩みそうな相手関係も不安要素(安田記念2018は例年よりハイペース)。期待値が昨年より大幅に低くなっているのでは。厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(衰え?マイナス修正に注意。 最終更新:19'マイラーズC 57.0kg)
(誤差注)ツナギはやや短い、やや太い、角度普通?標準飛節? 重めの芝のマイル以下向き、血統は短~マイル向き(?)で、重めの芝の1400m~1500m◎??(マイル▲+??) 荒れ馬場・道悪▲+?? 先行力:F-? 底力(=ハイペース耐性):D(甘め)? キレ:E-(甘め)? 持続力:D? 総合力でD↑~D??相当


5-10 フィアーノロマーノ

短評:(ダービー卿チャレンジトロフィー2019 回顧)
 前後やや不利 < 高速馬場×展開と適性(距離+能力)が完全に一致? 高速馬場×額面のスピードを問う上がりだけ掛かる一貫ラップになったことで、芝1400m寄りのスピードを全開にできたと思われます。その分、他場のマイルや東京芝1400mでは末脚不足からパフォーマンスを落としやすそう(父母父Nijinsky系、母父Storm Cat系、3代母の父がVice Regent。父Fastnet Rockの産駒にブラヴィッシモ、メラグラーナ。母父Fastnet Rockにプリモシーン)。ダートがこなせれば...ですが、足回りの特徴+血統からは不向きでは。活躍できる条件が狭いのでは。
適性チェック:(遅生まれのプラス修正に注意。 最終更新:19'ダービー卿CT 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通、太い、やや寝る。標準飛節。 重い芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、重い芝の1500m前後◎↑?? 荒れ馬場○??道悪▲+??(レース内容から道悪に少しプラス修正) 先行力:E-(甘め)? 底力(=ハイペース耐性):E(甘め)? キレ:F? 持続力:E-? 総合力でE~E(甘め)??相当 斤量少注(軽斤量で複数回好走 vs 大型馬)


ダービー卿チャレンジトロフィー2019(33.9-22.6-35.2 =1'31"7かなり早↑↑??) 額面のスピードを問う上がりだけ掛かる一貫ラップ(古馬G3平均と比較すると全体的には非常に早いペース。テン割合は非常に早く&額面は極めて早い、中盤わずかに早く、上がりが非常に掛かる)で、芝1400m寄りのスピードを備えた差し馬が有利。 レースレベルは古馬G3平均に見劣る印象。
レース後のコメント(ラジオNIKKEI)


7-13 ペルシアンナイト

適性チェック:(最終更新:19'金鯱賞 57.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(後脚長さ普通~やや長い)、太さ普通、角度普通。標準飛節? 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の1700m前後◎??(2000m▲+??) 荒れ馬場・道悪▲-?(レース内容から荒れ馬場・道悪にマイナス修正) ゲート:▲↑?? 先行力:F-? 底力(=ハイペース耐性):D-(甘め)~E? キレ:E-? 持続力:E? 総合力でD-(甘め)?相当 急坂▲+??(レース内容から) おじ:ゴールドアリュールほか


7-14 アーモンドアイ

短評:(安田記念2019 予想)
 底力・キレに優れる中距離馬??
 ここでの不安は、高速マイルでの底力(=ハイペース耐性)不足。
 ジャパンカップ2018をレコードタイムで優勝。芝2000m前後の中距離ならば現役最上位クラスに間違いないと思われます。ただ、ドバイターフ2019(34.30-35.27-36.08 =1'45"65 ※ テンから1.13秒減算)の前傾ラップ(≒距離短縮への適性が問われる)で2着のヴィブロスに付けた差が1馬身1/4だったあたり、マイルへの適性は中距離より落ちると思われます。東京芝1600m(≒テン3Fの多くの区間が下り坂で、上級条件ではテンの額面が早くなりやすい)×高速馬場や、初めて背負う56.0kgの斤量はいずれも不安を強める要素で、たとえ体調が万全でも人気に見合う勝率~連対率を疑ってみたいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:19'ドバイターフ 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(胴・後脚はやや長い?)、太さ普通、やや立ち(蹄はやや寝る)。直飛節気味。 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統はマイル以下向き(?)で、標準的な芝の中距離◎??(マイル▲+?? 2400m▲+??) 荒れ馬場・道悪▲+?? ゲート:▲↑?? 先行力:F?? 底力(=ハイペース耐性):C-(甘め)~D?? キレ:D? 持続力:D-(甘め)?? 総合力でC-(甘め)~D↑??相当 斤量少注(キレ優位?)


芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


 

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△