キーンランドカップ2019_プレ予想 ダノンスマッシュやタワーオブロンドンに不安は?

 キーンランドカップはコース形状などから末脚を含めた総合力上位の牝馬の期待値がやや高いレース。
 キーンランドカップの傾向と対策、出走予定登録馬を見ていきたいと思います。


プレ予想 目次

1. 結果から考える狙い方(傾向と対策)
2. 各馬の短評(出走予定登録馬)
ダノンスマッシュ、リナーテ、タワーオブロンドン、ライオンボス、アスターペガサス、デアレガーロまで追加(8/18 19:38)

PR)ここの無料予想は最高と前にも言ったはずです!

先週無料神予想で回収率プラス!?



競馬サイト「TAZUNA」

先週の実際の買い目をご覧ください!↓↓






8/18(日)新潟3Rワイド無料予想

ワイド7-9 370×2,500=9,250円的中◎

本命戦とはいえど2点でしっかり的中させていました!

8/17(土)小倉9R英彦山特別ワイド無料予想

ワイド9-11 370×3000=11,100円的中◎

ここも2点でしっかり的中させています!

ずっと前からここのワイドの無料予想買うだけでもプラスになるといいましたよね!



▼先週札幌記念(G2)無料3連複予想





三連複1-9-10 1,260円的中◎

重賞の3連複までもしっかり的中!今月は特にTAZUNA旋風巻き起こってます。

7月も的中の嵐でしたし、いつまでこの勢いが続くのか気になります!



今週は「キーンランドC(G3)」週。無料予想でキーンランドCが配信されます!

無料で絶好調のTAZUNAさんの土曜2鞍と日曜キーンランドC(G3)含む2鞍を見る!

返信メールのURLをクリックで登録完了!


結果から考える狙い方「キーンランドカップ」

[期待値:F-?]=展開の幅広さに注意

 ▲+:末脚を含めた総合力上位の牝馬
    → ・キレ・:E~E-?(2つ以上)
   (牝馬の優勝数が牡馬の3倍。
     → 同条件の古馬G3で牝馬が9勝/計13レース、2006~18
       3着内の性別:牝=9-5-6、セン=1-1-0、牡=3-7-7
       牡馬の優勝馬はタニノマティーニ、ビービーガルダン、パドトロワ。
    期待値は「先行力≧持続力 > キレ」
     →全体的なスピードに末脚を補完した先行馬≧逃げ馬
        ≧ 大回りの3・4角→平坦の短い直線で、持続力とキレを両立できる差し馬
    注目血統:芝1400m以上向きの末脚に優れる血統。SS系(×欧州型Northern Dancer系)など
    先行力:G+?以下の場合、期待値ダウン
     → 末脚の重要度が高くなりやすいため、前後・内外の不利が小さめ)

特注:斤量差の影響=±やや大きい?
   (=牝馬、3歳の期待値が高い。 全体的なスピードと末脚に影響大)
 注:枠順の影響=外枠有利、内枠不利?
   (開催の進行で内有利の馬場傾向が弱まりやすい)
少注:平坦巧者、洋芝巧者の巻き返し
   (平坦巧者はパワー不足に、洋芝巧者はトップスピード不足にそれぞれ注意)


 コース形状(全10場でもっとも平坦、大回り、コーナーの割合が非常に高い、残り800m手前からごく緩い下り坂、短い直線)などから額面の走破時計が多い&少し前掛かりの一貫ラップにややなりやすく、末脚を含めた総合力上位馬の期待値がやや高いレース。
 牝馬の期待値・勝率が高いこと、内有利の馬場傾向が弱まり末脚の重要度が高くなりやすいこと...などに注意。


現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週・月曜以降に更新)


各馬の短評・適性チェック

 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)


ダノンスマッシュ(57.0kg)

短評:(キーンランドカップ2019 予想)
 総合力に優れる短距離馬?
 ここでの不安は、高いレベルでの末脚不足×57.0kgの斤量。
 立ち回りの上手さ(≒先行力、器用さ)とキレ(=トップスピードと急加速力)をバランス良く備えますが、その裏返しで、末脚の総合力(≒短距離では距離延長への適性)の裏付けは弱く、末脚の重要度が高いキーンランドカップ(=札幌芝1200m×開催が進んで末脚の重要度が増した馬場)ではパフォーマンスが伸び悩みやすいと思われます。また、キーンランドカップは牝馬の優勝数が牡馬の約3倍というレース。牝馬との斤量差やG3勝ちによる負担斤量増は期待値を下げる要素で、人気なら逆転候補を探したいです。
適性チェック:(最終更新:19'高松宮記念 57.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(脚・胴はやや短い?)、太さ普通、角度普通?飛節不明。 標準的な芝のマイル以下向き、血統は短~マイル向き(??)で、標準的な芝の1200m◎??(1400m○↓?? マイル△+↓↓??) 荒れ馬場▲??道悪▲-??(レース内容から) :E-(甘め)? :E(甘め)~E-? :E-(甘め)~F?? 持続力:-(不明) 総合力:E(甘め)?相当 平坦○??急坂▲+??(少し頭高い)


気の早いメモ。古馬芝1200m重賞の中で最も平坦も、テン・中盤・上がりの平均とも緩い方から2番以内で、走破時計の平均は最も遅い。
硬い筋肉のパワー・先行力の重要度は低く、柔らかい筋肉の末脚の重要度が高い。短距離なのにSSの血が有効で、牝馬の優勝数が牡馬の約3倍 = #キーンランドカップ

— あみー (@ami_keiba) 2019年8月13日


▲ リナーテ

短評:(キーンランドカップ2019 予想)
 底力(=ハイペース耐性)+やや持続力優位の末脚に優れる千四巧者?
 ここでの不安を強いて挙げるなら、芝1200mでのパフォーマンスの低さ。
 芝1200mでのパフォーマンスはそこそこ止まりで、芝1400mの優れたパフォーマンスに比べると劣ります。キーンランドカップ2019がUHB賞2019より「時計の掛かる+内外の差が小さい」馬場になることは確実ですが(UHB賞2019=「やや前・内有利の標準的な芝で、時計レベルはかなり早↓??」)、人気ほどの勝率は期待しづらいのでは。牡馬との斤量差が有利なだけに軽視はできませんが、1着固定を避けた馬券を中心に考えたいです。相手候補の筆頭として。
適性チェック:(充実期?プラス修正に注意。 最終更新:19'UHB賞 54.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(前脚少し短い)、太さ普通、角度普通。標準飛節? 標準的な芝のマイル前後向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の1400m◎??(芝1200m▲+??) 荒れ馬場・道悪▲+??(父からプラス修正) 先行力:F(甘め)?? :E?? :F↑?? :E-?? 総合力:E~E(甘め)??相当 急坂:▲??(頭高い) 半兄:サトノダイヤモンド


タワーオブロンドン(58.0kg)

短評:(函館スプリントステークス2019 予想)
 底力(=ハイペース耐性)・持続力に優れる千四巧者??
 ここでの不安は、58.0kgによる末脚の鈍り。
 芝1200mで末脚の重要度が高い条件(≒芝1400m寄りの能力を問われる条件)は合っていて、キーンランドカップ(=札幌芝1200m×開催が進んで末脚の重要度が増した馬場)は能力を発揮しやすいレースだと思われます。ただ、他馬との斤量差は末脚を鈍らせる要素で、多頭数×他馬より重い斤量は仕掛け遅れに繋がるリスク要素でもあります。人気に見合う勝率は期待しづらそうで、逆転候補を探したいです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:19'函館SS 58.0kg)
(誤差注)ツナギはやや短い、やや太い、角度普通。直飛節。 重めの芝のマイル以下向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、重めの芝の1400m◎??(1200m○-↑?? マイル▲↓??) 荒れ馬場・道悪▲+?? 先行力:F(甘め)? :D-?? :E-(甘め)? :E-?? 総合力:D-(甘め)?相当 おば:エルノヴァ(いとこ:ディーマジェスティ)


ライオンボス(57.0kg・前走比+1.0kg/大型馬)

短評:(キーンランドカップ2019 予想)
 1000m以下向きのスピードに優れる短距離馬??
 ここでの不安は、1000m以下向きのスピードを削がれる条件替わり。
 成績通り1000mと1200m以上でのパフォーマンスに大きな開きがあり、距離延長、斤量増、開幕週の野芝→開催後半の洋芝替わり...はいずれも1000m以下向きのスピードを削ぐマイナス要素です。ペースを落として末脚を伸ばせる血統でもなく、厳しいレースになるのでは。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:19'アイビスSD 56.0kg)
(ツナギチェックなし) 標準的な芝の千直◎??(1200m△?? 軽いダートの1000m未満○??) 荒れ馬場・道悪?? :E-?? :E(甘め)~E-?? キレ:F-?? 持続力:-(不明。低い?) 総合力:E(甘め)~E-??相当


アスターペガサス(53.0kg・前走比+1.0kg)

短評:(キーンランドカップ2019 予想)
 パワー・全体的なスピードに優れる短距離馬??
 ここでの不安は、キレ(=トップスピードと急加速力)・末脚不足。
 父Giant's Causeway (米)×母父Trippi(=米国ダ1400mG1優勝)、母系にフォーティナイナー4×4のクロス...という血統通り、パワー・全体的なスピードに優れた素質を見せていて、古馬芝1200m重賞の中で最も平坦の札幌芝1200mではキレ・末脚不足の不安が強くなります。開催後半の馬場や古馬より軽い斤量はキレ不足を軽減する要素ですが、人気に見合う勝率は期待しづらいのでは。妙味の小さい相手候補~消すことまで考えたいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:19'函館SS 52.0kg)
(誤差注)ツナギは短い、太い、角度普通。直飛節気味? 重い芝の短距離向き、血統は短~マイル向き(?)で、重い芝の短距離◎?? 荒れ馬場○??道悪▲?? ゲート:▲~▲-?? 先行力:F-(甘め)? :F? キレ:G+(甘め)?? :F(甘め)?? 総合力:F??相当


◎ デアレガーロ

短評:(キーンランドカップ2019 予想)
 底力・キレに優れる千四巧者??
 ここで狙いたい理由は、少し時計の掛かる芝×札幌芝1200mベストの適性・能力。
 マンハッタンカフェ産駒らしく、少し時計の掛かる芝(例:冬、洋芝)で全体的なスピードと末脚のバランスを生かす競馬が合い、キーンランドカップ(=大回り・平坦×開催後半で末脚の重要度が増した洋芝)は能力を発揮しやすいレースです。昨年のキーンランドカップ2018は極端な前傾ラップ(=例年より非常に早いペース)を6-4番手追走からの敗戦で、もっと控えて末脚を伸ばす競馬なら能力の全開が叶うのでは。高松宮記念2019は苦手な「高速馬場、急坂、少し内有利の馬場」が重なる中でも上位の上がりを使っていて、平坦+時計の掛かる馬場替わりで一変を期待しても。今シーズン大幅に増えた馬体重は晩成の成長を示す可能性も?
適性チェック:(晩成? 最終更新:19'高松宮記念 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通、やや細い(蹄は普通~やや大きい)、角度普通(蹄はやや寝る)。標準飛節? 標準的な芝のマイル~中距離向き+気性難、血統はマイル前後向き(??)で、標準的な芝の1400m◎??(1200m▲+↑?? マイル▲+↓? 1800m△+↓??) 荒れ馬場▲??道悪△?? 先行力:F-? :E-? :E-? 持続力:F(甘め)?? 総合力:E(甘め)~E-↑?相当 斤量少注(キレ優位) 平坦○??急坂▲??(前脚などのフットワークから) 半姉:シュプリームギフトほか


現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週・月曜以降に更新)


 ということで馬券をどこから買おうか迷うレース。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。
 
 最近登場した「うまとみらいと」というサイトの指数がかなり当たっていて利用者が急増していると編集部内でも話題になっています。

 自分の力だけで予想するよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。

 
で、「うまとみらいと」の何が凄いの?

↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。

 
使ってみて感じたのは、とにかく「指数コンテンツ」が豊富だということ。

以前から3連単がよく当たると話題の「コラボ指数」に加えて、「的中率90%の鉄板系指数」と、「爆発力がある穴馬指数」までも。競馬指数コンテンツがいろいろ詰め込まれて取り放題といった感じです。

 
3つの指数とも使ってみましたが、個人的なお気に入りはやはり「コラボ指数」。


走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。

指数が低い馬=強い馬なので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓



↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。

 
因みにこの時、フェブラリーSの結果は憶えていますか?


コラボ指数順に並べると

15 インカンテーション

16 ノンコノユメ

18 サンライズノヴァ

19 ゴールドドリーム

21 テイエムジンソク


この5頭で勝負したわけですが、、

 
結果


15 インカンテーション 3着

16 ノンコノユメ    1着

18 サンライズノヴァ  4着

19 ゴールドドリーム  2着

21 テイエムジンソク  12着


 
どうですか?

いとも簡単に3連単41,560円GET!

 
この時のコラボ指数考案者・北条直人の予想根拠がこちらです↓



「6番インカンテーションは前走地方の7着と過去データ的には対象ではなく人気も低いですが、直近3年全てで指数1位が絡んでいることから今回候補として入れました。前走データでも絞りましたが、指数的に見ても上手く上位でまとまっていますし、過去のデータからも指数上位が入りやすいのでこの5頭でイケるはず」

※「北条直人の競馬ブログ」より抜粋


重賞予想解説者:北条直人

 
6番人気→1番人気→4番人気の決着ですからね
こんなにサラリと当ててくるとは、、
 
この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分遡ってサンプルを取って的中率を調べてみたところ、、↓↓
コラボ指数:12月28日(木)的中率結果 ================================== 単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7% ワイド:91.3% 3連複:54.2% 3連単54.2% ==================================
 
コラボ指数:12月24日(日)的中率結果 ================================== 単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8% ワイド:75% 3連複:41.7% 3連単41.7% ==================================
 
コラボ指数:12月23日(土)的中率結果 ================================== 単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5% ワイド:83.3% 3連複:25.0% 3連単25.0% ==================================
 
一般的に3連単の的中率は10%程度なので、 平均の約3~4倍、、
3回に1回は三連単が当たっていました!
この精度は、ぐーの音も出ない、、。
 
https://miraito.collabo-n.com 3連単が3回に1回当たる「コラボ指数」
これはオススメできます!

 

さらに、的中を重視したいときには「的中率90%の反則技指数」、高配当を狙っていきたいときは「魅せる穴馬HitMake」と使い分けることができる。このあたりは、その時々のお財布事情次第で使い分けるとよいとは思います。

 TVでも新聞でも他の競馬サイトでもこの量の指数予想はできないです。数字を見ているだけでも楽しくなりますよ。確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 
 当然、「週末全72レース分の予想・買い目」の準備がここで全て足りてしまいます。プロ(さほど当たらないプロ)の予想に数万円かけて購入するより、格段に割がよいと思います。
 
 毎週のメインレースと1~6レースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
https://miraito.collabo-n.com
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。
※全レースの指数を見放題できるコラボ放題プラン(月額1,980円)もあります。


芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 芝1200m限定
 中京(412.5m)>新潟内(359m)>阪神内(356.5m)
>京都内(328m)>中山(310m)>小倉(293.0m)
>福島(292.0m)>札幌(266.1m)>函館(262m)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ

 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


 

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ


キーンランドカップ 2019 予想の詳細を見る

最新記事一覧

もっとみる >