オールカマー2019_プレ予想 レイデオロやウインブライトに不安は?

 オールカマーはコース形状などから緩急の小さいミドルスパートになりやすく、底力・持続力中心の総合力上位馬(≒重賞実績上位馬)が好走しやすいレース。
 オールカマーの傾向と対策、出走予定登録馬を見ていきたいと思います。


プレ予想 目次

1. 結果から考える狙い方(傾向と対策)
2. 各馬の短評(出走予定登録馬)
レイデオロ、ウインブライト、ミッキースワロー、スティッフェリオ、グレイル、クレッシェンドラヴまで追加(9/16 21:13)


PR)うまとみらいと「コラボ指数」

先週も大爆発でした◎



人気コンテンツ「コラボ指数」

毎週各会場1~6Rと重賞1Rが無料配信!

▼先週の日曜日は前半レースで大爆発

まず、この日の3連単的中率は45.8%を記録!約半分のレースが的中!





ご覧の通り指数上位の馬で3連単が的中しているレースが多く見られました!

【主な的中レース抜粋】

中山3R3連単2-13-11 97,940円的中◎

→7.8人気が2.3着入線!3連単は約10万馬券!

阪神4R3連単9-6-5 71,180円的中◎

→ダントツの1番人気が着外でも穴配当を十分に的中!



▼先週の重賞的中実績(抜粋)

阪神11RセントウルS(G2)







3連単7-6-4 19,570円的中◎

1着7タワーオブロンドン(指数1位/10)

2着6ファンタジスト(指数7位/29)

3着4イベリス(指数6位/24)

指数30以下の好走期待馬で見事的中!重賞をまたも仕留めていました!


先週の土曜日は三連単的中率66%!すごすぎます!紫苑Sと木更津特別でBIGな配当を提供です!

今週は「ローズS(G2)」週。いつもと同様各会場前半1~6RとローズSは無料で配信します!
指数を参考にするだけで的中確率がグンと上がりますのでオススメです。無料で誰でも登録できます。

今週ローズS週無料で指数を見たい方はこちら!

週末はバタバタするのでお早めのご登録を推奨します!


結果から考える狙い方「オールカマー・アメリカジョッキークラブカップ」

[期待値:E-(甘め)?]=展開の変動に注意。特に高速馬場のオールカマー。

 ○:底力・持続力中心の総合力上位馬
   → 先行力:E? 底力(=ハイペース耐性):D-? キレ:E-? 持続力:D-?(2つ以上)
   (≒重賞実績上位馬。
    期待値は「持続力≧先行力≧キレ」?
     → 馬場×展開による変動に注意。
       オールカマー = 時計の早い馬場が基本で、キレ・トップスピードの重要度が高い。
    先行力:F-~G+?以下の場合、期待値ダウン。
     → 前後・内外の不利が大きくなりやすい。コーナーの割合が高い&大回りのため)

 注:枠順の影響=内外フラット?
   (スタートから1角までがやや長いため? 馬場傾向による変化に注意)
 注:斤量差の影響=±やや小さい?
   (急加速力やテンのスピードなどの重要度が低いため)
少注:リピーターの好走・巻き返し
   (ただし、高齢リピーターの期待値ダウン。 路盤改修などによる高速化の影響?)
少注:路盤改修で、排水性が大幅に改善
   (雨中の競馬でないかぎり、雨の影響は限定的)


 コース形状(テンで2度上る、コーナーが「大きく、区間も長い」、残り約1300m・2角後半~残り約700m・3角中間まで長い下り坂、短い直線と急坂)などから緩急の小さいミドルスパートになりやすく、底力・持続力中心の総合力上位馬(≒重賞実績上位馬)が好走しやすいレース。
 高齢リピーターの期待値ダウン...などに注意。

馬場傾向の付記:
アメリカJCC = 重めの芝にややなりやすい。オールカマーより時計が掛かる分、展開の影響度がやや低下。
オールカマー = 時計レベルが早い。芝2500m前後がベストの馬は苦戦に注意。
 展開の影響度がアメリカJCCより強まりやすいも、上位評価2頭によるワイド1点買いなら期待値上昇?

現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週・月曜以降に更新)


各馬の短評・適性チェック

 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)


レイデオロ(58.0kg/キレ優位)

短評:(オールカマー2019 予想)
 キレ・底力に優れる中距離~中長距離馬?
 ここでの不安を強いて挙げるなら、急坂×58.0kgの斤量+高いレベルでの持続力不足。
 坂の負荷が高いコース(中山、阪神内回り、メイダン)ではパフォーマンスを落としている印象があり、58.0kgの斤量はこの不安を強める要素です。また、スピード色がやや強い血統通り芝2200m以上で持続力の要求度が高くなったレース(京都記念2018、ドバイシーマクラシック2018、宝塚記念2019など)でもパフォーマンスを落としていて、中山芝2200m・古馬G2(=緩急の小さいミドルスパートになりやすい)はパフォーマンスが伸び悩む~低下しやすい条件だと思われます。総合力が高いだけに調子さえ戻っていれば凡走は考え難いですが、人気に見合う勝率を疑った買い目を考えたいです。
適性チェック:(マイナス修正に注意。 最終更新:19'宝塚記念 58.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(胴・後脚はやや長い?)、太さ普通、角度普通(蹄は寝る)。直飛節気味? 標準的な芝の中距離向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、標準的な芝の2000m◎?(2400m○?? 2200m○-~▲+?? 2500m▲-??) 荒れ馬場▲??道悪▲-?? ゲート:▲? 先行力:F-? 底力(=ハイペース耐性):C-(甘め)? キレ:C-(甘め)? 持続力:D-(甘め)~E? 総合力:C-?相当 斤量少注(キレ優位) 急坂▲??(やや頭高い) 祖母:レディブロンド(おじ:ゴルトブリッツ。3代母:ウインドインハーヘア)


ウインブライト(58.0kg)

短評:(オールカマー2019 予想)
 全体的なスピードに優れる中距離馬??
 ここでの不安を強いて挙げるなら、距離の長さ。
 芝1800mと芝2000mでの走りから距離適性はその間がベストの印象があり、芝2200mでは距離の長さからパフォーマンスが低下する心配があります。しかし、開幕週からの超高速馬場が続けば距離不安は軽減され、中山芝2200mのコース形状(=コーナーの割合が高く、直線の短い...などから、全体的なスピードを生かしやすく&末脚の重要度が中距離としては低い条件)も能力を発揮しやすいものだと思われます。休み明けの調子や距離不安を気にしつつも、上位候補の1頭として評価したいです。
適性チェック:(最終更新:19'QE2世C 57.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(後脚やや長い)、やや太い、角度普通。標準飛節? 重めの芝の中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、重めの芝の1900m◎?(1800m・2000m○? マイル△??) 荒れ馬場○?道悪▲?? 先行力:E-? 底力(=ハイペース耐性):D? キレ:E-(甘め)? 持続力:D-(甘め)? 総合力:D(甘め)?相当 全姉:ウインファビラス


ミッキースワロー(56.0kg・前走比-1.5kg)

短評:(オールカマー2019 予想)
 やや持続力優位の末脚に優れる中距離~中長距離馬??
 ここでの不安は、特にありません。
 距離適性もやや持続力優位の末脚も中山芝2200mにピッタリで、レイデオロやウインブライトらG1馬相手に2.0kgの斤量差があることもプラス要素です。少頭数なら前後・内外の不利も小さく、超高速馬場かつ野芝のみの中山芝ならパワーの不安も軽減されます。東京向きのキレ・急加速力やマイル指向の追走スピードは伸び悩んでいるだけに、ジャパンカップや天皇賞(秋)より期待値がずっと高いのでは。最上位~上位候補の1頭として。
適性チェック:(最終更新:19'七夕賞 57.5kg)
 ツナギはやや長い、太さ普通、角度普通~やや立ち(蹄は寝る)。直飛節気味。 軽めの芝の中長距離向き、血統は中距離向き(?)で、軽めの芝の2200m前後◎?? 荒れ馬場・道悪▲-?? 先行力:F-(甘め)? 底力(=ハイペース耐性):E(甘め)? キレ:E-(甘め)? 持続力:E(甘め)? 総合力:E?相当 急坂:▲+??(やや頭高い) おじ:ペールギュント(祖母:ツィンクルブライド)


スティッフェリオ

短評:(オールカマー2019 予想)
 全体的なスピードに優れる中距離馬??
 ここでの不安は、大幅なキレ不足。
 馬体×血統(父:ステイゴールド×母父:Mtoto×母母父:Cape Cross)通り小柄なスタミナタイプで、キレ(=トップスピードと急加速力)の裏付けは弱いまま。超高速馬場×中央4場でのG1~重賞優勝馬が相手ではキレが大幅に不足すると思われます。超高速馬場は距離不安を軽減する要素ですが、キレ不足を強めてしまう影響の方が圧倒的に強いのでは。厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:19'宝塚記念 58.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通、太さ普通、角度普通。標準飛節。 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統は中距離向き(??)で、重めの芝の1900m前後◎?? 荒れ馬場・道悪○??(血統によりプラス修正) ゲート:▲+?? 先行力:E-?? 底力(=ハイペース耐性):E?? キレ:F?? 持続力:E-?? 総合力:E??相当 重斤量○??(血統×キレ不足×急坂+洋芝での優勝歴の多さから)


グレイル

短評:(オールカマー2019 予想)
 持続力・底力に優れる中長距離馬??
 ここでの不安は、距離の短さ。
 セントライト記念2018(=高速馬場×2番手推定では中弛みからの極端なロングスパート勝負)を13番手から3着、デビュー2連勝は京都芝2000m(いずれも極端な「後傾の中弛み」ラップ)...など、中長距離~長距離向きの持続力(≒距離延長への適性)の高さ&エンジンの掛かりの遅さを示していて、古馬の中距離重賞に対応できる追走スピードやキレ(=トップスピードと急加速力)を示したレースがありません。父:ハーツクライ×欧州色の強い母系から未知数のプラスも期待しづらく、ここでは厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(誤差&プラス修正の大きさに注意。 最終更新:19'福島テレビOP 57.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(後脚やや長い)、太さ普通、角度普通(蹄はやや寝る)。標準飛節? 標準的な芝の中長距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の中長距離◎?? 荒れ馬場・道悪▲?? 先行力:G?? 底力(=ハイペース耐性):F(甘め)?? キレ:F-(甘め)?? 持続力:F? 総合力:F~F(甘め)??相当 急坂▲+??(やや頭高い-前脚叩きつける走り) 半兄:ロジチャリス


クレッシェンドラヴ

短評:(オールカマー2019 予想)
 底力・持続力に偏った中長距離~中距離馬??
 ここでの不安は、大幅なキレ不足。
 血統(父:ステイゴールド×母父:Sadler's Wells×母母父:Kris)通り 好走は額面の上がりが掛かる条件に偏っていて、高速馬場のオールカマーではキレ(=トップスピードと急加速力)が大幅に不足すると思われます。また、馬場・展開ともクレッシェンドラヴに向いた七夕賞2019(=非常に時計の掛かる馬場×額面の上がりが非常に掛かる展開)でもミッキースワロー相手に斤量差+前後とも有利な中で敗れていて、逆転の可能性は低いのでは。厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:19'七夕賞 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通~やや長い、太さ普通(蹄は大きい)、やや寝る。標準飛節。 重めの芝の中距離向き、血統は中距離向き(??)で、重めの芝の2200m前後◎?? 荒れ馬場○??道悪▲-?? 先行力:G+?? 底力(=ハイペース耐性):E(甘め)~E-?? キレ:F(甘め)?? 持続力:E-?? 総合力:E(甘め)~E-??相当


現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週・月曜以降に更新)




今週は3日間開催で9/15にローズS(G2)、9/16にセントライト記念(G2)が開催されます。ローズSは秋華賞(G1)の前哨戦で、セントライト記念(G2)は菊花賞(G1)の前哨戦です。共に本番に直結するレースだけあって注目ですね。

先週もこちらの予想を見てみましたが、重賞でしっかり的中していましたね!





【紫苑S:3連単8点1300円】

02番人気→06番人気→01番人気の入線。3連単180.2倍×1300円=234,260円の的中で回収率は2252.5%!小点数で6番人気フェアリーポルカを組み込んだ予想で堅実かつ確実に仕留めにきましたね!

【京成杯AH:3連単24点400円】

04番人気→05番人気→10番人気の入線。3連単1805.6倍×400円=722,240円の的中で回収率は7523.3%!10番人気ジャンダルムの好走を見抜いたジャッジは見事と言わざるを得ないでしょう!


今年の夏競馬から重賞での的中実績は好調を持続させていますね!

▼夏競馬重賞の的中実績▼

・新潟記念15点600円→630,540円・札幌2歳S16点400円→357,840円

・北九州記念20点500円→589,500円・札幌記念8点1300円→131,950円

・エルムS24点300円→429,000円・レパードS32点200円→558,080円





エルムSのハイランドピーク10人気や七夕賞のロードヴァンドール12人気など少点数内にこうした穴馬を組み込んだ予想が組めるのは恐らくこの予想さんだけでしょうね!今週はローズSの無料情報を配信するみたいですし重賞予想は好成績を残しているので私もチェックしてみたいと思います!

ローズSの無料予想にエントリー!(CLICK)

登録後の確認メールをクリック!登録は無料で出来るのでご安心ください!ローズS以外にも無料予想を配信しており、ローズSの前の軍資金稼ぎもできますね!


芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ

 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


 

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△