ヴィクトリアマイル2020 予想 アーモンドアイが恐れるのは「高速馬場×ハイペース」?

予想のポイント

 ヴィクトリアマイルはコース形状+コース替わり週の高速馬場などから額面のスピードを問うほぼ一貫ラップにややなりやすく、馬場傾向に合う総合力上位馬の期待値が高い重賞。
 阪神牝馬Sとは先行力と末脚の重要度が反転すること(≒マイル以下での底力上位馬の巻き返し、中距離馬の苦戦)、土曜に雨も日曜の好天で馬場の回復が見込まれること→時計レベルが超高速化している印象があること(これに合わせて、印・買い目を一部修正)、...などに注意。(日曜9R終了現在の予想)

 ◎↑ ノームコア
 ○↑ 人気ブログランキングへ

 ▲↓ アーモンドアイ
 △ プリモシーン

単勝:◎○
馬単:▲△→◎○
(+馬連:◎○)


予想記事 目次

0. ヴィクトリアマイル2020_プレ予想 アーモンドアイやラヴズオンリーユーの評価は?
1. 予想のポイント
2. 馬場傾向
3. 印馬の短評・適性チェック
3+. 控えめ~厳しい評価の馬


今週は確実にココです。
──────────
去年同じ週重賞無料公開
ダブル3連複的中

◎京王杯SC 2019
◎Vマイル  2019

両方3連複10点的中!!!
6人気リナーテも
11人気クロコスミアも
去年いれてた5頭BOX

そのままダービーも1205%
ロジャーバローズ12人気
5頭にいれて3連複的中。
──────────
今年直近は・・・・
青葉賞   219%
フローラS 1246%
日経賞   798%
土曜重賞もしっかりきてます。
──────────
今年も・・・・
◎京王杯SC 2020
◎Vマイル  2020
無料公開を予定しておりますね。

→ http://www.pxel.jp/?code=gnikb_kyn01

多分このまま去年と同様ダービー~宝塚まで波に乗るはずです。
無料予想で重賞精度高いので要チェックです。


馬場傾向

東京競馬場 : 開催4/8週目(=A6+B4+C6日)、A→Bコース変更・使用1/2週目。土雨+南風(≒3・4角追風)やや強い?

 やや前・内有利で、時計レベルは土曜:(良→)稍重↓・かなり早~非常早↓? 好走している血統は(土曜12Rまで、計5レース)、Mr. Prospector系×8、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×5、Hail to Reason系(非SS系。Roberto系など)×1、Nasrullah系(Grey Sovereign系含む)×1で、推測される芝質は「高速馬場の重めの芝(前週比:変わらず~少し末脚の重要度が低くなる)」

 4週目 土曜現在の東京芝をまとめると、「やや前・内有利かつ高速馬場の重めの芝で、時計レベルは土曜:(良→)稍重↓・かなり早~非常早↓?」

 明日にかけての天気は、好天で最高気温が25℃超の予報。雨の影響が消えそうで、時計レベルの回復(~前週以上の高速化)、高速化に伴う外差しの難しさ・内有利の可能性(=要求トップスピードの増加による)などに注意したいです。


馬場観察レース : netkeiba.com レース一覧


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ

 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


印馬の短評・適性チェック

 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)


◎↑ 8-16 ノームコア

短評:(ヴィクトリアマイル2020 予想)
 ややワンペースの「全体的なスピードと末脚」に優れるマイラー?
 ここでの不安は、ありません。
 高速馬場やハイペースで全体的なスピードを問われつつ(≒母父:クロフネ。 母と同血=フサイチリシャール・ビーチサンバ兄妹)、大回りの長い直線で末脚を発揮(≒父:ハービンジャー+母母父:SS)できる条件がベストで、ヴィクトリアマイル(=東京芝1600m×コース替わり週の高速馬場)はその能力・適性を全開にできる条件です。その好条件でリピート好走し、アーモンドアイに迫る競馬をしても不思議ありません。
適性チェック:(最終更新:19'高松宮記念 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(胴はやや短い)、太さ普通?角度普通~やや立ち。標準飛節? 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の1700m前後◎?? 荒れ馬場・道悪▲+?? 先行力:F-?? :D-?? :E-(甘め)?? :E?? 総合力:D-??相当 斤量注(小柄↑)
 半妹:クロノジェネシス(3代母:Rustic Belle(米)。 母と同血=フサイチリシャール・ビーチサンバ兄妹)


○↑ 1-2 人気ブログランキングへ

短評:(ヴィクトリアマイル2020 予想)
 全体的なスピードと末脚のバランスに優れるマイラー~千四巧者?
 ここで見直したい理由は、ワンターンのマイル前後(特に高速決着)での強さ。
 血統(父:クロフネ×母父:SS×母母父:Mr. Prospector。 全兄:フサイチリシャール)のイメージ通り、ワンターンのマイル前後(特に高速決着)では安定した走りを見せていますが、キレ(=トップスピードと急加速力)や持続力の重要度が高まるとパフォーマンスが低下しています。この能力の特徴からヴィクトリアマイル(=G1の負担斤量+やや前・内有利の高速馬場×淀みのない展開になりやすい)は能力の全開が叶う可能性があります。福永祐一騎手が連続騎乗するなら、「小脚を使えるタイプではない(中略)外を伸び伸び走らせるほうが伸びやすい(中略)府中とか走らせるほうがいいかも」 と言った前走から乗り方を修正してきそうで、人気が落ちる≒マークが薄くなるのも好都合。妙味のある相手候補としてマークしたいです。
適性チェック(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:20'阪神牝馬S 54.0kg)
(誤差注)ツナギはやや短い、やや細い、やや立ち(蹄はやや寝る)。曲飛節気味? 軽め~標準的な芝のマイル以下向き、血統はマイル以下向き(?)で、軽めの芝の1500m前後◎?(1800m▲+?) 荒れ馬場・道悪▲?? 先行力:F-(甘め)~G+? :E-(甘め)↑? :F(甘め)? :F? 総合力:E-(甘め↑)?相当
 母:フサイチエアデール(全兄:フサイチリシャール、半姉:ライラプス) 祖母:Rustic Belle(米)(その一族:ノームコア、クロノジェネシス)


▲↓ 6-12 アーモンドアイ

短評:(ヴィクトリアマイル2020 予想)
 底力・キレ(=トップスピードと急加速力)に秀でる中距離馬?
 ここでの不安を強いて挙げるなら、スプリント指向の能力の薄さ。
 中距離向きの「全体的なスピード&キレ」を発揮できる条件では現役最強ですが、高速馬場のマイルでスプリント指向の能力の重要度が高まるとパフォーマンスが低下しています(=安田記念2020)。血統的にも父:ロードカナロアのスプリント色が母系で薄まっていて、過去のヴィクトリアマイルでStorm Cat(米)の血を持つ馬が好走していないことも不安要素。...とはいえ、これまでに示した能力は牝馬同士なら1枚も2枚も抜けていて、大した問題にならない可能性も十分。1人気でも上位に評価したいです。
適性チェック:(最終更新:19'有馬記念 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(胴・後脚はやや長い?)、太さ普通、やや立ち(蹄はやや寝る)。直飛節気味。 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統はマイル以下向き(?)で、標準的な芝の中距離◎??(マイル○?? 2400m▲+??) 荒れ馬場・道悪▲+?? ゲート:▲↑?? 先行力:F?? :C-?? :D? 持続力:D-(甘め)?? 総合力:C-??相当 斤量少注(キレ優位?)


△ 3-5 プリモシーン(55.0kg・近2走比-1.0kg)

短評:(ヴィクトリアマイル2020 予想)
 ややワンペースの「全体的なスピードと末脚」に優れるマイラー?
 ここで評価したい理由は、昨年2着のリピート好走。
 ヴィクトリアマイルはプリモシーンの能力=「母系の豪州色による全体的なスピードを、父:ディープインパクトで末脚に変化させたような能力」を発揮しやすい好条件で、左回り、長い直線、高速馬場なども近走からの条件好転です。近2走のパフォーマンスは低くなっていますが、56.0kgの斤量や休み明け、雨の残る馬場などが影響していたとすれば、度外視可能。リピート好走に期待して相手候補の上位として評価したいです。
適性チェック:(最終更新:20'東京新聞杯 56.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通、やや太い、角度普通(蹄はやや寝る)。標準飛節。 重めの芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝のマイル◎?(1400m▲+?) 荒れ馬場・道悪▲-?(血統+レース内容から軽めに修正) 先行力:F(甘め)? :D-(甘め)~E? :E-(甘め)? :E(甘め)? 総合力:E?相当 18'桜花賞、18'NHKマイルCとも不利大きい


今週は確実にココです。
──────────
去年同じ週重賞無料公開
ダブル3連複的中

◎京王杯SC 2019
◎Vマイル  2019

両方3連複10点的中!!!
6人気リナーテも
11人気クロコスミアも
去年いれてた5頭BOX

そのままダービーも1205%
ロジャーバローズ12人気
5頭にいれて3連複的中。
──────────
今年直近は・・・・
青葉賞   219%
フローラS 1246%
日経賞   798%
土曜重賞もしっかりきてます。
──────────
今年も・・・・
◎京王杯SC 2020
◎Vマイル  2020
無料公開を予定しておりますね。

→ http://www.pxel.jp/?code=gnikb_kyn01

多分このまま去年と同様ダービー~宝塚まで波に乗るはずです。
無料予想で重賞精度高いので要チェックです。


控えめ~厳しい評価の馬(馬番順)


1-1 ラヴズオンリーユー

短評:(ヴィクトリアマイル2020 予想)
 ややキレ優位の末脚に優れる千八巧者??
 ここでの不安は、高速決着のマイルでのスピード不足。
 全兄:リアルスティールらのパフォーマンスが芝1800m>マイルだったように、ラヴズオンリーユーも高速決着のマイルに対応できるようなレース前半のスピードは見せていません。過去のヴィクトリアマイルでStorm Cat(米)の血を持つ馬が好走していないこと+血統の短距離指向のスピード要素が薄いことも不安要素で、人気なら期待値が低くなっているのでは。ファンとして成長に期待しつつも、馬券では厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:19'エリザベス女王杯 54.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(前脚少し短い~普通)、太さ普通、角度普通。標準飛節。 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統は1800m前後向き(??)で、標準的な芝の1800m◎前後??(※古馬基準) 荒れ馬場・道悪▲?? ゲート:▲-?? 先行力:G+(甘め)? :E-?? :E-?? :F(甘め)?? 総合力:E-↑??相当 斤量少注(ややキレ優位+やや小柄↑) 全兄:リアルスティールほか


4-7 ダノンファンタジー

短評:(ヴィクトリアマイル2020 予想)
 キレを中心とした総合力に優れるマイラー?
 ここでの不安は、底力(=ハイペース耐性)不足。
 軽快なスピード・キレに優れた素質と能力を見せていますが、底力(=ハイペース耐性)の裏付けは弱いままです。血統的にも短距離寄りのスピードは期待しづらく、底力不足のフォローを望みづらくなっています。阪神牝馬ステークスの+22kgには驚きましたが、馬体重が絞れてもヴィクトリアマイルでの期待値は低いのでは。厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(最終更新:20'阪神牝馬S 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(前脚・胴はやや短い)、太さ普通、やや立ち。直飛節気味? 標準的な芝のマイル前後向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、標準的な芝のマイル◎?(1800m○?) 荒れ馬場・道悪▲?(レース内容から少しマイナス修正) ゲート:▲+?? 先行力:F-? :E-(甘め)? :E-? 持続力:F(甘め)? 総合力:E-↑?相当


7-14 スカーレットカラー

短評:(ヴィクトリアマイル2020 予想)
 底力・持続力に優れる千八巧者?
 ここでの不安は、距離の短さ・スプリント指向の能力不足。
 府中牝馬ステークス2019が少し「後傾かつ中弛み風味」の一貫ラップでの快勝だったように、マイルでの好走は中盤が緩む展開に偏っていて、ヴィクトリアマイル(≒G1の負担斤量+やや前・内有利の高速馬場×淀みのない展開になりやすい)では追走の忙しさ・距離の短さなどから末脚が鈍りやすいと思われます。阪神牝馬ステークス2020も中盤が緩む展開(ただし、例年よりハイペース)での好走で、血統的にもスプリント指向のスピードは裏付けが弱いことから、期待値は低くなっているのでは。厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(最終更新:20'阪神牝馬S 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通、太さ普通(蹄はやや大きい)、角度普通(蹄は寝る)。直飛節。 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の1800m前後◎?? 荒れ馬場▲+??道悪▲-?? 先行力:F-(甘め↓↓。控える競馬にシフト)?? :D-?? キレ:E-?? :E?? 総合力:D-?相当 急坂:▲+??(やや頭高い)


8-17 コントラチェック

短評:(ターコイズステークス2019 回顧)
 7枠13番から好ダッシュで先頭。そのまま「前掛かりで中弛み風味のラップ」を逃げ切り。 内外やや有利(馬場×展開)、展開と能力適性がほぼ一致? 半姉:バウンスシャッセ(=急坂重賞3勝)と同じように急坂重賞で2勝目。パワーの生きるマイル~1800mがもっとも合いそうです。牝馬限定重賞では母系のパワー・スタミナが過剰になりやすい点に注意。ヴィクトリアマイル2020で好走するにも強風+道悪馬場などが重ならないと、パワー過剰&キレ(=トップスピードと急加速力)不足からパフォーマンスが低下しそう。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:19'ターコイズS 54.0kg)
(誤差注)ツナギは少し短い~長さ普通、太さ普通、角度普通(蹄はやや寝る)。直飛節気味。 標準的な芝のマイル前後向き、血統はマイル前後向き(??)で、重めの芝のマイル◎??(1800m○?? レース内容+血統から重めに修正) 荒れ馬場▲+??道悪▲-?? :▲+?? :E? :E? キレ:F?? :E-?? 総合力:E↑??相当 母:Rich Dancer(英)(半姉:バウンスシャッセ、半兄:ムーンクエイクほか。姉や兄より小柄)


8-18 サウンドキアラ

短評:(阪神牝馬ステークス2020 回顧)
 内外有利、前後フラット、時計の早い馬場×展開と適性(距離+能力)が完全に一致? 前・内有利かつ時計の早い標準~重めの芝×額面のスピードを問うほぼ一貫ラップになったこと+内で仕掛けを我慢したことで、マイル以下向きの「全体的なスピードとキレ(=トップスピードと急加速力)」を全開にできたと思われます。
 ヴィクトリアマイル2020での不安を挙げるなら、持続力の裏付けがまだ少し弱いこと。これまで未勝利(0-2-2-0)だった阪神芝1600m・外での初優勝は充実の証ですが、持続力の重要度を抑える条件が重なってのもの(=コースロスを抑えた最内追走+3ブロックがやや緩い展開+仕掛けを待った)。東京芝1600mの起伏の多さ+長い直線では勝ち切るための「馬場、展開、枠順、位置取り、仕掛けるタイミング」などの条件が厳しくなりそうです。充実期の実力を高く評価しつつも、高速馬場×外枠などでは慎重な評価から考えても。
適性チェック:(充実期?プラス修正に注意。 最終更新:20'阪神牝馬S 54.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(胴は少し短い)、太さ普通、角度普通(蹄はやや寝る?)。標準飛節。 標準的な芝のマイル前後向き、血統はマイル以下向き(??)で、重めの芝の1500m前後◎?? 荒れ馬場・道悪○?(レース内から大幅にプラス修正) 先行力:F(甘め↑)? :D-(甘め)~E? :E? 持続力:E-(甘め)~F? 総合力:E↑?相当 斤量少注↑(やや小柄+ややキレ優位?) 母:サウンドバリアー

芝/直線距離の比較(Aコース)

 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


芝/高低差の比較

 中山(5.3m)>京都外(4.3m)>中京(3.5m)
=函館(3.5m)>京都内(3.1m)>小倉(3.0m)
東京(2.7m)>阪神外(2.4m)>新潟(2.2m)
>阪神内(1.9m)=福島(1.9m)>新潟(0.8m)
>札幌(0.7m)


ダート/直線距離の比較

 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


ダート/高低差の比較

 中山(4.5m)>函館(3.5m)>中京(3.4m)
>京都(3.0m)>小倉(2.9m)>東京(2.5m)
>福島(2.1m)>阪神(1.6m)>札幌(0.9m)
>新潟(0.6m)


 

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ


ヴィクトリアマイル 2020 予想の詳細を見る

最新記事一覧

もっとみる >