宝塚記念2020_プレ予想 ▲サートゥルナーリアや◎ラッキーライラックの評価は?

 宝塚記念はコース形状などから中弛み→ロングスパート→バテになりやすく、底力・持続力上位の非根幹距離巧者の期待値が高い重賞。
 宝塚記念2020の傾向と対策、出走予定登録馬を見ていきたいと思います。


プレ予想 目次

1. 結果から考える狙い方(傾向と対策)
2. 各馬の短評(出走予定登録馬)
▲サートゥルナーリア、◎ラッキーライラック、グローリーヴェイズ、△クロノジェネシス、ワグネリアン、ブラストワンピース、キセキ、○モズベッロ☆まで追加(6/14 19:01)




────────────────

無料情報でG1総ナメ3連複的中!

ガロアクリーク、スマイルカナなど人気薄もOK

天皇賞春では1350%でかなり噂に!

そのままあれよあれよで安田記念まで連勝街道!

────────────────

◎安田記念5点+4点4800円

→6720円(回収率140%)

◎ダービー9点600円5400円

→14800円(回収率276%)

◎Vマイル13点400円5200円

→11840円(回収率228%)

◎天皇賞10点500円5000円

→67500円(回収率1350%)

◎皐月賞14点400円5600円

→36600円(回収率653%)

◎桜花賞14点400円5600円

→50360円(回収率899%)

────────────────

これ全て的中した方おりますか?!

そして重賞だけではない事を発見!

6/13(土)阪神12R ワイド3-7的中
3500円×2.9倍→1万150円獲得

→回収率203%

6/7(日)阪神7R ワイド2点的中

5000円投資→2万5200円獲得

→回収率504%

重賞以外の厳選無料公開ワイドも好調。

Vマイル週では栗東Sもワイドで的中。

他無料情報も好調なんです!

────────────────



────────────────

無料情報で勝てるのはココ!と毎週感じてます!

函館SS3連複激熱買い目

好調の無料情報なのでガチで見ておくべきです。


結果から考える狙い方「宝塚記念」

[期待値:D-(甘め)~E?]=14頭基準/フルゲート18頭・A+Bコース

 ○:底力・持続力上位の非根幹距離巧者
   → 先行力:F? 底力(=ハイペース耐性):D? キレ:E? 持続力:D?
   (期待値は「持続力 > 先行力≧キレ」?
     → 中弛み→ロングスパート→バテになりやすい。
       芝2200m・2500m重賞や香港G1の好走馬、マイル重賞善戦馬の期待値がそれぞれ良好。
       根幹距離(≒芝2000m・2400m)の方が得意な馬はイマイチ。
     → 大阪杯より逃げ・先行馬の期待値ダウン。テンの早さ・緩急の大きさなどから。
       ただし、公式ラップタイムはテン3Fを早く、2ブロック2Fを遅く計時する傾向あり。
    注目血統:父:非SS系、欧州型。SSの血を持たない馬
         父:SS系(パワー・スタミナタイプ)なら牝馬)

 注:枠順の影響=外枠やや有利? 内枠やや不利?
   (多頭数なら考慮。 当日の馬場傾向の影響が大きい)
 注:斤量差の影響=やや大きい?
   (牝馬、3歳馬の期待値がやや高い。
    → テン→2ブロック+3角進入時の加減速で、斤量差が影響?)
 注:小回りが苦手な馬、非力な馬
   (中長距離~長距離向きの馬、長い直線向きの馬、平坦巧者など
    平均より時計の掛かる馬場が基本。 雨の影響が出やすい時期の最終週のため)


 コース形状(テン3Fは正面の直線を下り→急坂→小回りの1角へ進入。 2ブロック2Fは小回りの1・2角から向正面へ。 3ブロック2Fはわずかに下り始め、やや急な3角を回る。 4ブロック2Fは下りが急になりながら3~4角間の疑似直線。 上がり4Fは下りながら直線を向き、急坂を上る)などから中弛み→ロングスパート→バテになりやすく、底力・持続力上位の非根幹距離巧者の期待値が高い重賞。
 大阪杯より逃げ・先行馬の期待値ダウンすること(テンの早さ・緩急の大きさなどから)、牝馬や3歳馬の期待値が高いこと(テン→2ブロック+3角進入時の加減速で、斤量差が影響?)...などに注意。

現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週・月曜以降に更新)


各馬の短評・適性チェック

 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)


▲ サートゥルナーリア

短評:(宝塚記念2020 予想)
 パワー・底力・キレに優れる中長距離馬?
 ここでの不安は、小回り向きの追走スピード不足。
 名牝:シーザリオの影響が強いのか、坂のある長い直線コースでのパフォーマンスが相対的に高く、小回りコースでのパフォーマンスは相対的に低くなっています。坂のある長い直線コースでも天皇賞(秋)2019のように(テン~)中盤が引き締まる展開では追走スピード不足からか苦戦していて、宝塚記念は弱点が出やすい苦手条件なのでは。テンの忙しさや緩急の大きさをやり過ごすには、有馬記念2019のような後方からの競馬=前後・内外の不利に繋がりそうで、人気なら期待値が低くなっているのでは。高い実力を認めつつも、逆転候補を探したいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:20'金鯱賞 58.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(後脚やや長い)、やや太い?角度普通(蹄はやや寝る)。直飛節気味。 重めの芝の中距離~中長距離向き、血統は中距離向き(?)で、重めの芝の2200m~2400m前後◎? 荒れ馬場○?道悪▲-? ゲート:▲+~▲? 先行力:F(甘め)? 底力(=ハイペース耐性):D(甘め)? キレ:D-(甘め)? 持続力:E-? 総合力:D-↑?相当
 母:シーザリオ(半兄:エピファネイア、リオンディーズなど)。おい:オーソリティ


◎ ラッキーライラック

短評:(大阪杯2020 回顧)
 最内を先行(前半は前2頭と距離を置いた3番手)。直線、仕掛けを待ちつつ、内から抜け出す。 前後・内外ともかなり有利、高速馬場×展開と適性(距離×能力)が一致? 前・内有利かつ高速馬場の重めの芝×テン>>上がりかつテン→上がりへと加速するラップを最内を確保して先行したことで、位置取りの利を大きくしつつ全体的なスピード・後半のスプリント力を発揮できたと思われます。
 牝馬同士や東京芝ではパワーが過剰 ≒ キレ(=トップスピードと急加速力)不足を見せやすいことに注意。また、阪神芝2200m・内でも高いレベルでのキレ(=トップスピードと急加速力)不足によるパフォーマンスの若干の低下に注意(阪神芝2000m・内より緩急が大きくなりやすいコース形状のため)。
適性チェック:(最終更新:20'大阪杯 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通、やや太い、やや立ち。曲飛節。 重めの芝のマイル~中距離向き、血統はマイル前後向き(??)で、重めの芝の中距離◎??(マイル○?? 2200m▲+??) 荒れ馬場・道悪○?? 先行力:E(甘め)? 底力(=ハイペース耐性):D-(甘め)? キレ:F? 持続力:E(甘め)? 総合力:D-(甘め)?相当
 母:Lilacs and Lace(米)


グローリーヴェイズ(58.0kg/小柄+ややキレ優位)

短評:(宝塚記念2020 予想)
 ややキレ優位の末脚に優れる長距離馬?
 ここでの不安は、距離の短さ+重い斤量。
 父:ディープインパクト×昭和のスタミナ血統を引き出している母系(母父:Swept Overboard(米)×母母父:メジロライアン。 3代母:メジロラモーヌ=牝馬三冠)×小柄な馬体通り、長距離でややキレ優位の末脚を発揮すると安定した能力を示していて、初G1制覇の香港ヴァーズ2019も中弛みからのミドルスパートを差し切ったものでした。小回りの中距離では距離の短さ・追走の忙しさからパフォーマンスを大きく低下させそうで、58.0kgの重い負担斤量も小柄な馬体には大きな負担。宝塚記念では厳しいレースを強いられるのでは。
適性チェック:(最終更新:19'香港ヴァーズ 57.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通、やや細い、角度普通(蹄はやや寝る)。標準飛節? 軽めの芝のマイル~中距離向き、血統はマイル前後向き(??)で、軽めの芝の長距離◎?(重い芝▲? 2500m○?) 荒れ馬場・道悪▲-? ゲート:▲~▲-?? 先行力:F-? 底力(=ハイペース耐性):D-(甘め)? キレ:D-(甘め)? 持続力:E(甘め)? 総合力:D-(甘め)?相当 斤量特注(小柄+ややキレ優位)
  3代母:メジロラモーヌ=牝馬三冠


△ クロノジェネシス(56.0kg・前走比+1.0kg/やや小柄)

短評:(宝塚記念2020 予想)
 底力・持続力に優れる中距離馬?
 ここでの不安は、キレ・急加速力不足。
 馬体重の増加に比例して欧州型の末脚が強まっていて、阪神2000m→阪神2200m替わりではギアチェンジが増えることからキレ・急加速力不足によるパフォーマンス低下が心配されます。梅雨時の影響を受けたタフな馬場なら不安が軽減されますが、負担斤量増(/やや小柄な馬体)もあってラッキーライラック相手に好転する要素が乏しいのでは。宝塚記念は牡馬との斤量差を生かしやすく、欧州型の末脚を生かしやすいですが、相手候補の1頭という評価が妥当では。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:20'大阪杯 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(胴は少し短い or 後脚やや長い?)、太さ普通↑?角度普通(蹄はやや寝る)。標準飛節? 軽めの芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、重めの芝の中距離◎? 荒れ馬場・道悪○↑?(レース内容+血統から重めに大きく修正) 先行力:F-? 底力(=ハイペース耐性):D-? キレ:E-(甘め)? 持続力:D-(甘め)? 総合力:D-?相当 斤量少注(やや小柄↑) 急坂:○-↑?(パワー≧少し頭高い)
 母:クロノロジスト(半姉:ノームコア、ハピネスダンサー)。3代母:Rustic Belle(米)


ワグネリアン

短評:(宝塚記念2020 予想)
 やや持続力優位の末脚に優れる中距離馬?
 ここでの不安は、短い直線でのパフォーマンス低下。
 父・母父とも主流血統の配合らしく長い直線では安定したパフォーマンスを発揮していますが、短い直線(≒コーナーから動く必要あり)ではパフォーマンスが低下しています。この弱点の克服はこれまでのレース内容+血統の両面から期待しづらく、早熟が感じられる「成績・血統」(全姉:テンダリーヴォイスは桜花賞以降に活躍できず)も不安を強めてしまいます。厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(早熟?マイナス修正に注意。 最終更新:20'大阪杯 57.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(脚はやや長い)、太さ普通、角度普通?標準飛節? 標準的な芝の中距離向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、標準的な芝の中距離◎?(中長距離▲↓? マイル▲-? レース内容から中距離寄りに修正) 荒れ馬場・道悪▲?? 先行力:F-? 底力(=ハイペース耐性):E? キレ:E-? 持続力:E? 総合力:D-(甘め)?相当 斤量少注(やや小柄↑) 全姉:テンダリーヴォイス


ブラストワンピース

短評:(大阪杯2020 予想)
 底力・持続力に優れる中距離~中長距離馬?
 ここでの不安は、上り坂の負荷が高い中距離+キレ不足。
 「上り坂の負荷が高い コース形状or斤量」×「中距離指向の追走スピード」を問われた条件ではパフォーマンスを低下させていて、宝塚記念はこの条件に該当。さらに、馬体重の増加でキレ・急加速力不足(テン→2ブロック+3角進入時の加減速から)の不安も強くなっていて、ここでは厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(マイナス修正に注意。 最終更新:20'大阪杯 57.0kg)
(誤差注)ツナギはやや長い、太い、やや寝る(蹄は寝る)。直飛節。 重い芝の中距離~中長距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、重い芝の2000m~中長距離◎??(長距離・1800m▲+??) 荒れ馬場○??道悪△?? 先行力:F(甘め)~F-?? 底力(=ハイペース耐性):C-(甘め)~D↓?? キレ:E(甘め)↓? 持続力:D-↓?? 総合力:D~D(甘め)↓??相当 中距離の急坂:▲+??(やや頭高い)


キセキ☆

短評:(宝塚記念2020 予想)
 持続力・全体的なスピードに優れる中距離~中長距離馬?
 ここでの不安は、衰え。
 4歳秋~5歳春は大回りの芝2000m~2400mを中心に高いパフォーマンスを示していましたが、5歳秋以降はパフォーマンスが低下。特に先行力の衰えが強く感じられ、長距離からの距離短縮はこの不安を強めてしまいます。先手争いをしそうな人馬が昨年より多そうなことも不安~マイナス要素で、厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(マイナス修正に注意。 最終更新:20'天皇賞(春) 58.0kg)
(誤差注)ツナギはやや長い(脚は長い)、太さ普通、角度普通(蹄は寝る)。標準飛節。 標準的な芝の中距離~中長距離向き、血統は中距離向き(??)で、標準的な芝の2200m前後◎??(芝1800m▲+↑??) 荒れ馬場▲??道悪△+?? ゲート:△↓? 先行力:E(甘め↓)? 底力(=ハイペース耐性):D(甘め↓)? キレ:E-(甘め↓)? 持続力:D-(甘め↓)? 総合力:D?相当 斤量少注(軽斤量で複数回優勝)
 祖母:ロンドンブリッジ(おば:ダイワエルシエーロ、おじ:グレーターロンドンほか) 20'阪神大賞典=大きく出遅れ→暴走気味


○ モズベッロ☆

短評:(宝塚記念2020 予想)
 パワー・やや持続力優位の末脚に優れる中距離~中長距離馬?
 ここで見直したい理由は、「緩急が大きく上がりの額面が掛かる」条件に戻るため。
 条件戦での2勝、日経新春杯2020、日経賞2020など、「緩急が大きく上がりの額面が掛かる」条件では高いパフォーマンスを示していて、宝塚記念(阪神芝2200m・内×梅雨時の馬場)は能力を発揮しやすい条件である可能性があります。急坂と重い負担斤量に不安はありますが、タフな馬場は得意で距離短縮も歓迎。近走のパフォーマンス向上から今が成長期である期待もあり、人気薄なら逆転候補の1頭としてマークしたいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:20'天皇賞(春) 58.0kg)
(誤差注)ツナギはやや長い、太さ普通、やや立ち~角度普通。直飛節。 標準的な芝の中~中長距離向き、血統は中距離向き(??)で、重めの芝の中~中長距離◎? 荒れ馬場・道悪▲+? 先行力:F-? 底力(=ハイペース耐性):E? キレ:E-? 持続力:E(甘め)? 総合力:E~E(甘め)?相当 平坦:○-?(フワフワしたフットワーク≧パワー寄りの血統)


現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週・月曜以降に更新)


 ということで馬券をどこから買おうか迷うレース。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。
 
 最近登場した「うまとみらいと」というサイトの指数がかなり当たっていて利用者が急増していると編集部内でも話題になっています。

 自分の力だけでなく、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。

 


うまとみらいと」の何が凄いの?

↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。

 


使ってみて感じたのは、走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。

指数が低い馬=強い馬なので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓


↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。
因みにこのNHKマイルCの結果は覚えてますよね?

このサイトで9番人気ラウダシオンをやたら高く評価してきていたので↓


騙されたと思ってちょっと買っておいたら...

結果
1着ラウダシオン(9番人気)
2着レシステンシア(1番人気)

ですよ、、
あっさりと馬連42.0倍GET!
家計苦しかったので正直助かりました!

9番人気→1番人気の決着ってなかなかやりますよね
馬単にしてたら119倍だった...

少し調べてみましたがこの人↓
北条直人という人がコラボ指数を考案したとのこと

「北条直人の競馬ブログ」より

過去に遡って的中率も調べてみたところ、、↓↓

 

コラボ指数:12月28日(木)的中率結果
==================================
単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7%
ワイド:91.3% 3連複:54.2% 3連単54.2%
==================================

 


コラボ指数:12月24日(日)的中率結果
==================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 3連複:41.7% 3連単41.7%
==================================

 


コラボ指数:12月23日(土)的中率結果
==================================
単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5%
ワイド:83.3% 3連複:25.0% 3連単25.0%
==================================

 


一般的に3連単の的中率は10%程度なので、
平均の約3~4倍、、

3回に1回は三連単が当たっていました!

この精度は、ぐーの音も出ない、、。

 


https://miraito.collabo-n.com

3連単が3回に1回当たる「コラボ指数」

これはオススメできます!

 


 「週末全72レース分の予想・買い目」の準備がここで全て足りてしまいます。TVでも新聞でも他の競馬サイトでもこの量の指数予想はできないです。数字を見ているだけでも楽しくなりますよ。確かにこんなサイトは今までありませんでした。

 

 プロ(さほど当たらないプロ)の予想に数万円かけて購入するより、格段に割がよいと思います。

 


 毎週のメインレースと1~6レースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓

https://miraito.collabo-n.com


※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。



芝/直線距離の比較(Aコース)

 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


芝/高低差の比較

 中山(5.3m)>京都外(4.3m)>中京(3.5m)
=函館(3.5m)>京都内(3.1m)>小倉(3.0m)
>東京(2.7m)>阪神外(2.4m)>新潟(2.2m)
阪神内(1.9m)=福島(1.9m)>新潟(0.8m)
>札幌(0.7m)


ダート/直線距離の比較

 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


ダート/高低差の比較

 中山(4.5m)>函館(3.5m)>中京(3.4m)
>京都(3.0m)>小倉(2.9m)>東京(2.5m)
>福島(2.1m)>阪神(1.6m)>札幌(0.9m)
>新潟(0.6m)


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ

 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


 

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△