マイルチャンピオンシップ2020 予想 グランアレグリアは先行しないと勝率下がりそう

予想のポイント

 マイルチャンピオンシップ・阪神芝1600m外はコース形状などからテンだけ緩いほぼ一貫ラップになりやすそうで、前付けして長く良い脚を使える馬の期待値が高くなりそうな重賞。
 時計レベルの低下と外伸び化の進行が急激に進んだこと(回復するのか要観察)、仕掛けどころが下り坂であること(東京は上り坂)、旧・マイラーズカップでは米国型の相性が悪かったこと...などに注意。(土曜現在の予想)

 ◎ 人気ブログランキングへ
 ○ サリオス
 ▲↑ ヴァンドギャルド

 △ グランアレグリア
 ▽ インディチャンプ

単勝:◎○▲(+馬連:◎○▲)


予想記事 目次

0. マイルチャンピオンシップ2020_プレ予想 グランアレグリアやサリオスの評価は?
1. 予想のポイント
2. 馬場傾向
3. 印馬の短評・適性チェック
3+. 控えめ~厳しい評価の馬


◎検証OK~~重賞攻略には・・・

あの本格派予想がおすすめだった!!

最新はエリザベス女王杯

よくよく見ると・・・・・

一番この重賞推奨馬情報↓もち無料公開の!

─────────────────────

エリザベス女王杯

サラキア5人気
3頭ドンピシャ



アルゼンチン共和国杯

オーソリティ3人気
ラストドラフト6人気



天皇賞秋

フィエールマン5人気
3頭ドンピシャ



菊花賞

サトノフラッグ5人気
3頭ドンピシャ



毎日王冠も・・3頭ドンピシャ

ダイワキャグニー4人気サンレイポケット5人気




答えを教えてくれてますね!

─────────────────────

元厩務員秋村さんを筆頭に、

やはりちょっと普通の予想サイトとは違いますね。

結論:有馬までココは毎週チェックを!

マイルCS最終見解はコチラ

↑からメール登録し各情報くまなく覗いてみてください。

おすすめは・・

◎今週の注目レース(マイルCS公開予定)

◎的中コロシアム(8週連続の無料買い目情報)

平場情報~G1戦線までココは抑えておいてください。


馬場傾向

阪神競馬場 : 開催3/8週目(=A11+B6日)、Aコース使用3/5週目。土日月開催、金小雨?

 内外フラット(~やや外伸び)で、時計レベルは土曜:少早~早↓↓??仮 好走している血統は(土曜12Rまで、計6レース)、SS系(パワー・スタミナ型多い)×12、Mr. Prospector系×3、Northern Dancer系×3で、推測される芝質は「標準的な芝(前週比:変わらず。ただし、時計レベルは大きく低下)」

 3週目 土曜現在の阪神芝をまとめると、「内外フラット(~やや外伸び)の標準的な芝で、時計レベルは土曜:少早~早↓↓??仮」

 明日にかけての天気は、晴れ。土曜と異なり北風も収まる予報。時計レベルの低下と外伸び化の進行が想定より早く、これが日曜にかけて回復するのかどうかに注目したいです。


馬場観察レース : netkeiba.com レース一覧


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ

 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


印馬の短評・適性チェック

 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)


◎ 4-7 人気ブログランキングへ(57.0kg・前走比-1.0kg/先行馬)

短評:(マイルチャンピオンシップ2020 予想)
 欧州型のスピードに優れる千八巧者~マイラー?
 ここで期待したい理由は、短いレース間隔での距離延長。
 欧州型の母系通りダッシュ力・テンのスピードは裏付けが弱く、スタート直後はゆったり加速した方が高いパフォーマンスを示しています(スワンステークス2020は58.0kgを背負い、スタート直後のダッシュに手間取る→押して先行という負荷の高い先行策)。前走からの距離延長+斤量減+終いの直線延長はすべてダッシュ力不足を軽減する要素(+ダッシュ力の重要性を下げる要素)で、仕掛けどころが下り→急坂というのもキレ(=トップスピードと急加速力)を補える好条件と言えるのでは。(シャティンは下り→平坦も小回りでキレの重要度が下がる)
 欧州型の強さから狭いレース間隔も距離延長も歓迎できそうで、人気上位馬の中では期待値が最良なのでは。
適性チェック:(誤差・プラス修正に注意。 最終更新:20'スワンS 58.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通、やや太い、やや寝る(蹄も寝る)。直飛節気味。 重めの芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、重めの芝の1700m前後◎?(2000m▲+?) 荒れ馬場○?道悪△+? 先行力:E? 底力(=ハイペース耐性):D-? キレ:F? 持続力:E-? 総合力:D-(甘め)↑?相当


○ 8-17 サリオス☆(56.0kg・前走比+2.0kg/超大型馬)

短評:(マイルチャンピオンシップ2020 予想)
 欧州指向のスピードに優れる中距離馬~マイラー?
 ここでの不安を強いて挙げるなら、キレ(=トップスピードと急加速力)不足。
 父:ハーツクライ×母系:欧州型の通りキレの裏付けが弱く、緩急の大きい展開や馬群の中からの競馬ではキレ不足から詰めが甘くなる心配があります。しかし、東京や中山と異なり、阪神外回りは仕掛けどころが下り坂かつ大回り。しかも、M.デムーロ騎手が乗るとなれば、下り坂で勢いを付けての早仕掛けからしぶとく粘る・キレ不足を補う競馬を期待しやすいのでは。内枠など囲まれそうな枠でない限り、上位に評価したいです。
適性チェック:(誤差&プラス修正に注意。 最終更新:20'毎日王冠 54.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通、太い、角度普通。直飛節。 重い芝のマイル~中距離向き、血統は中距離向き(??)で、重い芝の中距離◎?(マイル○?) 荒れ馬場○?道悪▲? 先行力:E-(甘め)? 底力(=ハイペース耐性):D-? キレ:F? 持続力:E(甘め)? 総合力:D-?相当
 母:Salomina(独)(半姉:サラキア☆)


▲↑ 8-16 ヴァンドギャルド

※ 時計レベルの低下と外伸び傾向の進行はプラス要素。前走からパフォーマンスを大きく伸ばす必要がありますが、ハマったときの単穴候補として。
短評:(富士ステークス2020 回顧)
 前後有利、内外フラット~やや不利?(馬場が不明瞭) 展開-馬場と適性がやや一致? 末脚の重要度が高い標準的な芝×中締まりの一貫~前掛かりラップの中で前を追いかけずに末脚を溜めたことで、芝1400m寄り・米国型の追走スピードが重要になったハイペースでも末脚をある程度発揮できたと思われます。(末脚の重要度が高い&適度に時計の掛かる馬場は向いていた印象)
 血統は米国色が薄く(父:ディープインパクト×欧州型の母系)、スピード性能の重要度が高まるとパフォーマンスが低下しそう。マイルチャンピオンシップ・阪神芝1600m外では「起伏の減少+終いの直線の短縮」がマイナスで、仕掛けどころが下り坂はプラス。マイナスの影響の方が大きい?
適性チェック:(誤差&プラス修正に注意。 最終更新:20'富士S 56.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通~少し長い(胴は少し短い)、太さ普通、角度普通。直飛節気味。 標準的な芝の1800m前後向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝のマイル◎?(1800m○?) 荒れ馬場・道悪▲? 先行力:F(甘め)? 底力(=ハイペース耐性):E? キレ:E-(甘め)? 持続力:E-? 総合力:E~E(甘め)?相当


△ 2-4 グランアレグリア

短評:(スプリンターズステークス2020 回顧)
 前後かなり有利、内外有利、展開と適性(能力-距離)がやや一致? 内外フラット→やや外伸びの標準的な芝×額面のスピードを問う極端な前傾ラップを後方から進めた(後方に置かれた)ことで、芝1200m×ハイペースでの前半のスピード不足を軽減しつつ、持ち味の全体的なスピード・ややワンペース気味の末脚を発揮できたと思われます。
 マイルチャンピオンシップ2020では起伏が穏やかになることで「底力(=ハイペース耐性)の優位ダウン&軽快なスピード・キレの重要度アップ」が課題。桜花賞2019の優勝のように、4角先頭など早め早めの競馬が勝率を高めるのでは(目標になるリスクを追ってでも)。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:20'スプリンターズS 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(胴はやや短い?)、太さ普通、角度普通(蹄はやや寝る)。直飛節気味。 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、標準的な芝の1400m前後◎?(マイル○↓?) 荒れ馬場▲??道悪▲-? ゲート:▲↑? 先行力:D-?(甘め。末脚に寄せて発揮可) 底力(=ハイペース耐性):C-? キレ:E? 持続力:D-? 総合力:C-?相当
 母:Tapitsfly [米]=5歳時に芝マイルG1を2勝


▽ 4-8 インディチャンプ

短評:(マイルチャンピオンシップ2020 予想)
 米欧混合のスピード・末脚に優れる千四巧者~マイラー?
 ここでの分かれ目は、スピードが生きる「馬場×展開」の揃い具合。
 祖母:トキオリアリティーのスプリント色を父:ステイゴールドでマイル寄りに修正している...といった能力・適性を示していて、そのスピード性能を生かしやすい「馬場×展開」が揃うのかどうかが好走の分かれ目になると思われます。揃えば能力を発揮しやすい好条件、揃わなければ末脚・レース後半の能力不足から詰めが甘くなる心配があります。なお、近走ではレース前半のスピードが低下している心配があり、過去の実績に見合う走りが難しくなっている可能性あり。
適性チェック:(マイナス修正に注意。 最終更新:20'安田記念 58.0kg)
(誤差注)ツナギはやや短い、太さ普通、角度普通。直飛節気味。 標準的な芝のマイル以下向き、血統はマイル前後向き(??)で、標準的な芝の1400m~マイル◎? 荒れ馬場・道悪▲? 先行力:F? 底力(=ハイペース耐性):C-(甘め)? キレ:D-? 持続力:E? 総合力:C-(甘め)~D↑?相当
 半妹:アウィルアウェイ
 祖母:トキオリアリティー(おじ:ネオリアリズム、リアルインパクト、アイルラヴァゲイン)


◎検証OK~~重賞攻略には・・・

あの本格派予想がおすすめだった!!

最新はエリザベス女王杯

よくよく見ると・・・・・

一番この重賞推奨馬情報↓もち無料公開の!

─────────────────────

エリザベス女王杯

サラキア5人気
3頭ドンピシャ



アルゼンチン共和国杯

オーソリティ3人気
ラストドラフト6人気



天皇賞秋

フィエールマン5人気
3頭ドンピシャ



菊花賞

サトノフラッグ5人気
3頭ドンピシャ



毎日王冠も・・3頭ドンピシャ

ダイワキャグニー4人気サンレイポケット5人気




答えを教えてくれてますね!

─────────────────────

元厩務員秋村さんを筆頭に、

やはりちょっと普通の予想サイトとは違いますね。

結論:有馬までココは毎週チェックを!

マイルCS最終見解はコチラ

↑からメール登録し各情報くまなく覗いてみてください。

おすすめは・・

◎今週の注目レース(マイルCS公開予定)

◎的中コロシアム(8週連続の無料買い目情報)

平場情報~G1戦線までココは抑えておいてください。


控えめ~厳しい評価の馬(馬番順)


1-2 レシステンシア

短評:(マイルチャンピオンシップ2020 予想)
 パワー・欧州指向のスピードに優れる千四巧者~マイラー?
 ここでの不安は、高いレベルでの距離の長さ≒末脚不足。
 芝1400mのハイペースを番手から押し切れるように、レース内容も足回りの特徴もマイル以下向き。終いの直線が長いマイルでは常に距離の長さ≒末脚不足の心配があります。血統的にも末脚の成長は期待しづらく、ハイペース(=前後不利)でもスローペース(=末脚不足)でも厳しいレースになってしまうのでは。
適性チェック:(早熟気味? 誤差&プラス修正に注意。 最終更新:20'NHKマイルC 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通~やや短い(胴はやや短い)、太さ普通、やや立ち~立ち。直飛節。 標準的な芝のマイル以下向き、血統はマイル以下向き(?)で、標準的な芝の1400m◎?(マイル▲?) 荒れ馬場・道悪▲+? 先行力:E-? 底力(=ハイペース耐性):E-? キレ:F-? 持続力:-(不明。低い?) 総合力:E-?相当
 母:Malacostumbrada [亜]、半兄:ミッキーブラック


3-6 ラウダシオン

短評:(マイルチャンピオンシップ2020 予想)
 全体的なスピードに優れる千四巧者~千五巧者?
 期待値を下げそうな要素は、欧州指向の末脚不足。
 血統(父:リアルインパクト×母父:Songandaprayer×母母父:Cat Thief)のイメージ通り米国型の影響を感じる優れたスピードを見せていますが、レース後半の能力・末脚の裏付けは弱いまま。末脚の重要度が高まっていると(例:時計レベルの低下、外伸びの進行など)、期待値が低下すると思われます。
 一方、開幕週の高速馬場が続いているようなら、自身の米国型のスピードを生かしつつ他馬の末脚を削ぐことが可能。当日の馬場傾向に合わせて評価を調整したいです。
適性チェック:(誤差&プラス修正に注意。 最終更新:20'富士S 56.0kg)
(誤差注)ツナギはやや短い、やや太い、角度普通(蹄はやや寝る)。標準飛節? 重めの芝のマイル以下向き、血統は短~マイル向き(?)で、標準~重めの芝の1400m~1500m◎?(マイル▲+? 1200m▲-? レース内容から芝質の幅を広く修正) 荒れ馬場▲+?道悪▲-? ゲート:▲-? 先行力:E~E(甘め)? 底力(=ハイペース耐性):E~E(甘め)? キレ:F(甘め)? 持続力:F? 総合力:E~E(甘め)?相当 おば:スナッチマインド


5-9 カツジ☆

短評:(スワンステークス2020 回顧)
 前後・内外とも有利、展開-逃げと能力適性がやや一致? マイルのハイペースで見せていたバテにくい末脚を、芝1400mのスローペースで逃げて発揮。近走の二桁番手追走とは一変させた見事な騎乗。しかも、外伸びになりきっていない馬場での後傾の中締まりラップ=外を回す差し馬の位置取りの不利を大きくするもので、これまた見事! ≫カツジ×岩田康誠騎手
 カツジ自身は父:ディープインパクト×母系:欧州型(ただし、母:メリッサは北九州記念2010を優勝した短距離馬)で、芝1500m前後でテンをゆったり入ってバテにくい末脚を発揮できる条件向き。マイルチャンピオンシップ2020でも他に逃げる人馬がいないようなら...ですが、レシステンシアがいると実現困難?
適性チェック:(誤差に注意。 最終更新:20'スワンS 56.0kg)
(誤差注)ツナギはやや短い、やや太い、寝る。標準飛節? 重めの芝のマイル以下向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、重めの芝の1500m前後◎? 荒れ馬場○?道悪△? 先行力:F(甘め)~F-↑? 底力(=ハイペース耐性):E? キレ:F(甘め)? 持続力:E-? 総合力:E?相当
 母:メリッサ、全兄:ミッキーグローリー


芝/直線距離の比較(Aコース)

 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


芝/高低差の比較

 中山(5.3m)>京都外(4.3m)>中京(3.5m)
=函館(3.5m)>京都内(3.1m)>小倉(3.0m)
>東京(2.7m)>阪神外(2.4m)>新潟外(2.2m)
>阪神内(1.9m)=福島(1.9m)>新潟内(0.8m)
>札幌(0.7m)


ダート/直線距離の比較

 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


ダート/高低差の比較

 中山(4.5m)>函館(3.5m)>中京(3.4m)
>京都(3.0m)>小倉(2.9m)>東京(2.5m)
>福島(2.1m)>阪神(1.6m)>札幌(0.9m)
>新潟(0.6m)


 

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△