勘違いに一言!(武豊の不倫報道)

「武豊が美馬怜子と手をつないでいた」...このニュースは武豊の不倫として取り上げられているが、正直な所、武くんほど名声があるなら競馬番組などでつながりのある美人の美馬女史と一度や二度のちちくり合いがあったとしても別に大した問題じゃないと思われる。単に武くんが嫁さんに対してバツが悪くなるだけである(笑)。したがってミヤネ屋で宮根誠司氏が武くんを擁護した事も全くおかしいとは思わないが、ただ一つ宮根誠司氏が勘違いの一言を述べたので「それ」だけは訂正すべきと思われた。

「それ」とは、「天才なんだから...」と言う一言である。

たしかに武くんは過去にない様々な記録を作っているが、この大半は腕の未熟な過去の騎手たちや一部を除く今の未熟な騎手を相手に馬に恵まれて成し遂げられた記録であり、本物の天才と呼べるイチローなどと比べれば比較にならないほどレベルの低いものである。つまり彼は天才ではなく、少しだけ並みの騎手たちより上手いというだけの騎手でしかないのである。これは彼の跡を継いでるくせに武くんの半分しか結果の出せない福永を見れば小学生でも分かることである。だから馬に恵まれない他の騎手たちはもちろん、後輩騎手たちも武くんはまだしも「福永さんのようになりたい」とは口が裂けても誰も言わないのである。彼らにもプロとしての矜持=プライドがあるからには、ただ馬に恵まれているだけで勝ち星を稼いでいるような騎手に対してリスペクトする気持ちが起こる方がおかしいからだ。ましてや今の中央には本当に天才と呼んで良いミルコやルメールが通年騎乗しているのである。馬主とけんかしてちょっと良い馬に乗れなくなっただけで勝ち星を激減させている者が天才である訳がない。本物の天才とは環境が変わってもキチンと結果が残せる者の事である。

それでも私は福永のアンチではあるが武くんのアンチではない。少なくとも武くんは福永ほど周囲のお陰で勝たせてもらっている未熟者ではない事は跡継ぎの福永と比較して1・5倍の勝ち星と記録を残している事でも分かるし、また何より少なくとも競馬学校卒業生のパイオニアとして位置取りの取り方や道中の手綱の捌き方などで後輩の指針となっているだけでも立派な騎手として認めるに値する。

だが、今の競馬は「世界と比較して騎手の技量を表現すべき」であるはずで、その視点で見れば、残念ながら中央競馬の全ての記録を塗り替えている武くんでさえ死んでも「天才」とは呼べない。たしかに中央を代表する騎手だが、厳密に言えばそれはあくまで「競馬学校卒業生」という狭い括りの中での比較でしかなく、それで彼を天才と評してしまっては、騎手の世界には天才が掃いて捨てるほどいる事になってしまう。単に表現の誤りと受け取ってもらって構わないが、武豊を「天才」と言うのはこと今の騎手の世界では間違いであるとだけ言いたかったのである。

ちなみに過去に何度も書いているが、武豊が天才であれば天才よりも海外で結果を出している岩田は大天才となるだろうし、ミルコやルメールなどは神様と呼ばれてもおかしくない事になってしまうし、デットーリに至っては海王様になってしまう。

家族じゃないので女の事など別にどうでも良いが、MCが安易に天才と呼んでいるのに違和感を覚えたので「表現には気をつけましょう」の意図でコラムした次第(重箱の隅を突くようで申し訳ない...苦笑)。