シンザン記念のボンクラ騎乗

シンザン記念の藤岡健一の息子(康太)と武邦彦の息子(武豊)の二人には、目が点になるどころか呆れさえ通り越し、騎手の恥とまで思ったほど酷い競馬をした。今回のこの二人は「騎手とは呼べないただのボンクラ」でしかないと感じた。

まず、「折り合って競馬出来たが伸びなかった」という信じられない敗戦コメントをした藤岡健一の息子だが、これが本当に折り合っての敗戦だったら問題はない。それなら単に能力のない馬を1番人気に推してしまったファンの見る目がなかっただけだからだ。だが私には、どう見ても鞍上が早目に先頭に立ちたくないだけで早いペースでもないのに無理に馬を抑えたために馬が走る気をなくしたのが敗因であるとしか見えなかったし、思えなかった。なぜなら、仮に折り合って先頭に立ったのなら、ケガもしてないのに1番人気に推された馬がその後一気に先手を取ったシゲルノコギリザメの影も踏めないほどタレるはずがないからだ。つまり、「折り合って競馬出来たが伸びなかった」というコメントは、「折り合って走っている事と走る気をなくしている事の区別がついてない」という最悪のコメントである事に本人が気づいてない事の裏返しなのである。

このコメントを読んだ時、『この子は騎手なら最低限知っているはずの馬の事が分かってない!』という事に唖然とさせられた。すでに何千回かの実戦経験をし、おまけに腐っても一度G1を勝っている騎手が、馬が走る気をなくしている事と折り合っている事を同じと感じて手綱を握っているなど信じられなかったからだ。この程度の感覚しか持ってない者が騎手を名乗り、あまつさえ重賞で人気馬に乗れる現状だから史上最大の大ボンクラでしかない福永洋一の息子がヤラセでリーディングになれるのだろう。これを恥と思わないようではアスリートではない。アスリートなら勝たせてもらって喜ぶのではなく、己の腕で馬を勝たせてこそ喜ぶべきなのだから。

また、これにも増して呆れたのが武邦彦の息子の騎乗である。控えるのは作戦もあるのでやむを得ないとは思う。だが、ミルコ騎乗のジュエラーがフワフワ走っているのが見て取れたので『ジュエラーよりは脚が使えるだろう。さて、どんな末脚をみせてくれるだろうか』とワクワクしながら見ていたら、勝負所の3・4コーナーで前が壁になる事確実な馬群の真ん中に馬を置いただけで全く伸びる事なく馬を潰してしまった。

こんなに武邦彦の息子が相馬眼がないとは思ってもいなかった。こう言っては酷すぎると思う方もいるだろうが、武邦彦の息子が走るたびに中央勝利記録を更新している事が世界で通用しない騎手を生んでいる最大の要因であると言わざるを得ない。つまり、大して上手くもない騎手がレベルの低い中央騎手界でズバ抜けた記録を作っているだけだからフランスでもその他でも世界では全く通用しないのである。

今回の騎乗を見る限り、「やはり武邦彦の息子も福永洋一の息子と同じ」と判断せざるを得ない。「天才」どころか「天災」でしかない。それも「天災」なら避けて買わなければ済むが、この天災どもは分不相応の良い馬に乗せてもらっているから、少しでも彼を高評価しようと思う気持ちがあると馬への期待から額面上で狙わない訳にいかなくなる。エアスピネルなどその最も顕著な例である。これも、もっとボンクラの福永洋一の息子がいる所為(せめて武邦彦の息子は上手い騎手であって欲しいという比較上の願い)もあるからなのだろうが・・・

いずれにしても、もう武邦彦の息子は騎手として一流扱いすらできない。福永洋一の息子と同じという事は、これまでの勝ち星は低レベルの騎手を相手にして稼いできた「井の中の蛙」という事であり、また、横山富雄の息子や川田・浜中のように岩田や外人が勝ち癖をつけたのを回してもらってG1を勝つ「馬泥棒」の類の騎手でしかないからだ。

中央騎手界にとって今年のシンザン記念は、「過去の一流がただのボンクラだった事」、「藤岡健一の息子は乗っている馬の様子すら分かってないボンクラ以前のアマチュアレベル」というのが分かってしまった最低のレースであり、これこそ競馬学校とはボンクラしか育成できない税金の無駄遣い機関である事を証明したと言える。

そこで私は考えた...ボンクラ騎手たちが高額賞金を助け合って分け合っているから世界で通用しないのは当たり前。しかも、より騎手の安全を図るため馬の事を知る前に位置取りの仕方を教え込まれているため、武邦彦の息子・福永洋一の息子・横山富雄の息子がさも一流のように見せかけるヤラセが横行してきたのである。ならば、今ある騎手への進上金をもっと減額し、アマチュアレベルは騎手で食っていけないようにすれば良い!...ルールをどんなに改正しても学校で教え込まれた癖はすぐに直せはしない。それなら、卒業後に徹底して馬の事を知るため、まず助手見習い期間を設けて助手の給料で生活する現実的な厳しさを叩き込んでからレースに乗れるようにするのである。今いるボンクラ騎手を少しでもマシにするにはコレ以外に策はない。今回のシンザン記念だけ見てもすでに騎手の思考が間違っているからには、馬に乗る事が如何に多くの期待と夢とともに責任を負っているのかをイヤでも自覚するので自ずとレベルも向上するだろう!!