第50回 共同通信杯(G3)結果コラム

1着...ディーマジェスティ(二ノ宮・蛯名)

ハートレーが勝った時のヒモ好走が限界だと思っていた馬と騎手のコンビがまさかの1着になってしまったのには大いに驚かされた。しかも今回の人気馬に騎乗していたのが先輩の横山富雄の息子と同期で技量上位のはずの武邦彦の息子だったので余計に驚かされた。

ただし、これで同馬がクラシック候補に名乗りを挙げたと思ってはならない。なぜなら、人気馬より下手なジョッキーで勝ったのは、展開・位置取り・馬場状態の全てに恵まれた以外に理由が付けられないからには、能力があっての勝利とは絶対にならないからだ。いずれにしても、勝ち馬より強い競馬をした2・3着馬の方が今後はより好走する可能性が高いと思われるので、腕なし蛯名のマグレ勝ち馬など今後気にする必要はない。今回はボンクラ息子の凡走によるラッキー勝ち。到底リオンディーズやサトノダイヤモンドに勝てる訳などないから!

2着...イモータル(須貝・戸崎)

人気薄だった事で自ら競馬を引っ張っていったのが幸いしたが、差されたのがルメールだったらまだしも、追えない腕の恵まれ蛯名の馬では今回の2着は低レベル馬たちによるマグレでしかない。同馬の好走は鞍上からも予想できたので結果的には悪くはないが、追えないジョッキーの乗った馬が勝ち馬では同馬もクラシックには出るだけの賑やかしにしかならない。(路線変更を勧めます!)

3着...メートルダール(戸田・ルメール)

位置取りが後ろ過ぎたと言えばそれまでだが、そもそもこの厩舎の馬にルメールが乗ってくれるだけでもメッケモンで、競馬によくある「騎手のお陰で3着に来れた」というのが正しい見解。いずれにしても2着馬はともかく、蛯名のような馬群も捌けないくせに他人の騎乗を危険と論じるようなただの縁故ジョッキーの乗る馬に負けているからにはもうこの馬も先が知れたと言えるだろう。

※横山富雄の息子と武邦彦の息子の実力が出ただけ!

ともに福永洋一の息子に勝ち星で劣っている縁故ジョッキーの実力がモロに出たと言える。特に前走がマグレ(ヤラセ勝ち)だった武邦彦の息子の馬より、横山富雄の息子の馬は調教師の慢心が生んだ大敗と言えるだろう。

「バレンタインデーだから「ハート」は良い語呂でしょう」...などとノタまって鞍上に周りの援護と蛯名の下手くそ相手にダービーを勝たせてもらった他人の馬泥棒ジョッキーである横山富雄の息子を乗せるからこんなメに遭うのだ。

師は、この失態をよくよく反省して馬主さんに平謝りするしかなく、今後はこのようなボンクラ競馬学校ジョッキーなど起用しないよう自厩舎で騎手を育てる事に留意すべきだろう。そうすれば今回のような墓穴を掘るような事はなくなるはずなので!(馬の事を第一に考えない騎手など所詮はただの助手と変わらないのだから!)

読切感謝!