第76回 桜花賞(G1)結果コラム

1着...ジュエラー(藤岡・ミルコ)

最後は首の上げ下げでジュエラーが桜を制す。

私的にはPOG指名のシンハライトが負けたので大いに無念でならないが、チューリップ賞組が上位と見た点はズバリだったのでこのワンツー決着は大いに納得した。

ただ一つだけ言わせてもらえれば、「石坂先生、これがあるから鞍上には重々気を付けて欲しい」と言いたい。やはりオルフェーブル降ろされ騎手ではいくら馬の能力で上回っていてもこんな目に遭うとしか言えない。

2着...シンハライト(石坂・池添)

未熟者を背にしている馬は本当によく頑張ってくれた。本当に鞍上がもう少し腕達者だったらと思わずにいられない。

今さらながら、鞍上が外人だったらと結果が結果だけに悔しくてならない。

4着...メジャーエンブレム(田村・ルメール)

よくこのローテと展開で4着になったと言える。また、逆にやはりこの厩舎では桜花賞など獲れない事がはっきりしたとも言える。

昨年のルージュバックと同じく、桜花賞馬になるにはそれ相応のローテが確立されているのに王道を逸れて臨戦させているからには、関係者は納得済みだとしても厩舎は分相応として3着にも入れないのだろう。

※3着馬に八百長ジョッキーが入ったのが汚点。

成績的には3着になってもおかしくない馬なのは認めるが、福永のような八百長ジョッキーがルメールに先着させてもらえる事は中央騎手界の恥なのでいい加減にしてもらいたい気持ちしか湧かない。

本来「福永」という名は、中央競馬の名手の代名詞だったのだが、この息子のせいで「複勝王」「馬殺し」「八百長ジョッキー」の代名詞になってしまったと思わずにいられない桜花賞になったのが残念でならない。

...ボクシングの亀田と福永祐一はスポーツ選手の括りに入れてはならない。競技そのものを侮辱する事になるので!

同じヤラセでももっと清々しい者を好走させるようにと主催者に願ってやまない!(ウララちゃん=藤田菜七子の方が遥かにマシ)

読切感謝!