第76回 皐月賞(G1)結果コラム

1着...ディーマジェスティ(二ノ宮・蛯名)

昨年同様に共同通信杯からの参戦馬が皐月賞を制したという結果だが、多分にジョッキーたちの「らしくない騎乗」が目についたのが残念でもあり驚きでもある。

それでもこのメンバー相手に勝った同馬は一躍ダービーの主役に名乗りを挙げた事になるので、ロートル厩舎の2流鞍上と軽視したわが身の不徳を大いに反省するばかりである。

それにしても、いくら展開がドンピシャにハマったにしても3強たちに1馬身差以上つけた同馬の能力には驚かされた。これでスマートオーディンや戦線離脱したハートレーの評価も見直される事になるので、3強対戦で堅い決着と思われた皐月賞から一転、ダービーは混戦模様となるだろう。

正直、ケチならいくらでも付けられる優勝馬とジョッキーのコンビだが、3強相手にこれだけの着差をつけた内容を考えると蛯名悲願のダービー制覇の可能性が高い事は否定できないだろう。あとは、ダービー本番で蛯名の実力が出ない事だけが課題だろう。

2着...マカヒキ(友道・川田)

弥生賞の競馬を踏襲するしかなかった事が却って幸いした。全てはミルコのやりすぎ先行競馬のお陰だが、まさか2強の前に国内一流・世界3流の川田と同等並みの蛯名の馬がいるとは思いもしなかっただろう。

それでもテン乗りで連対まで来れた事は川田にしても上出来であり、馬の能力のお陰と言えどもダービー初制覇の望みは川田にも残っていると言えるだろう。あとは、今回のような届かない位置取りにならないよう乗れるかが川田の課題だろう。

3着...サトノダイヤモンド(池江・ルメール)

一言で言えば「思ったより弾けなかった」になるが、3着に残った事でギリギリながらもダービー制覇の可能性を残したのが救いである。

ただ、私的に言わせてもらうと「ルメールはここを勝つ気で乗ってないのか?」の騎乗に見えたのが大いに物足りなかった。まさかダービーのための叩き台にしたとは思いたくないが、叩き台にしては後方待機のマカヒキに並ぶ間もなく差されてしまったのも大いに物足りない末脚であり、これだけ頭の良い馬に中途半端な競馬をさせたのがとてももったいないと思った。

たしかに最大の敵であるリオンディーズを目標にする競馬になったので仕方ない3着とも言えるが、マカヒキはまだしも蛯名の馬にも引き離されたからには「この馬もいつものサトノのお仲間」と思うしかないだろう。

同馬の結果を見て、自身の相馬眼が間違っていた事が一番悔しくてならない。

5着降着...リオンディーズ(角居・ミルコ)

勝つための先行策であった事はよく分かるが、それにしても掛かり過ぎた観は否めない。おそらく誰もが今回の同馬を見て「もっと抑えろよ」と思ったはずで、同馬こそ鞍上のミルコが末脚勝負に徹するべきだと感じただろう。

それでも、このペースで3コーナー手前で先頭に立って小差の降着5着はある意味異常な能力なので、気性の問題はあるもののまだダービーで巻き返すチャンスは残っているだろう。

4着繰上り...エアスピネル(笹田・武豊)

正直、こんなに接戦出来るとは思ってなかったので、今回の掲示板は偉いとしか言えない。

だが、同馬の能力では3強+ディーマジェスティには通用しない事も今回の繰上り4着が示していると思うので、やはり同馬のためにもNHKマイルCに進むのが理想だろう。今年の世代レベルの高さからすれば、その後の安田記念までも勝てるかもしれないのだから。

※予想は外れも・・・

能力上位と思っていた5頭が全て掲示板を占めたのが不幸中の幸いで、不幸だったのは鞍上未熟・厩舎ロートル・横山典が潰したハートレーが高評価になる事から消した八百長競馬学校ジョッキーの一員である蛯名が完勝してしまった事。

でも、これで蛯名が悲願のダービーを取って間もなく引退するのなら別に構わない。どうせ順番で勝たせてもらうしかないのが今の競馬学校ジョッキーのシステムなので!

読切感謝!