第77回 優駿牝馬(G1)結果コラム

1着...シンハライト(石坂・池添)

私見では『ちょっと後ろすぎるかな?』と見ていたが、直線で前が開くとレッドアヴァンセ(田辺)と同馬に挟まれて一瞬脚が止まったデンコウアンジェたちを尻目に能力の違いを見せて優勝。奇しくも、昨年ルージュバック(戸崎・キャロットF)のリベンジをも果たす格好にもなった。

2着...チェッキーノ(藤沢和・戸崎)

道中は勝ち馬と並走して最後まで勝ち馬に自由なコースを取らせない騎乗をした戸崎は『お見事』の一語。もしも池添が少しでも直線で迷っていたら同馬がオークス馬になっていただろう。それほどに戸崎の騎乗は称賛以外の何物でもなく、『よくぞルメールからのテン乗りでここまでやった。それもクラシックは勝てない「厩舎界の福永祐一」と呼ばれる藤沢和の管理馬で!』と勝ち馬のジョッキー以上の評価を与えざるを得ない。

3着...ビッシュ(鹿戸・ミルコ)

こちらも『ジョッキーさすが!』の一語。面白かったのは、前走同馬をコカした横山典の騎乗馬(ジェラシー)まで4着に好走した事で、これだけでも「横山典が如何にワンランク下か」が明らかと言えるだろう。それにしても、今週はここまで全く良い結果の出てなかったミルコが、この大一番で馬の能力とジョッキーの技量に相応しい3着入線したのは『これがあったので手控えていたのでは?』としか思えない。【桜花賞3着馬に乗りながら見せ場もなく消える八百長福永祐一ジョッキーとは質も根性も違うとしか言えない事に大いにスッキリした!】

4着...横山典

これが競馬学校上がりの面子(主催者作成の騎手格付け)の立たせ方としか言えない。ビッシュをコカしたくせに別の馬(それも義弟の管理馬)で掲示板なのだから「これだから縁故でダービージョッキーになった奴は面の皮が厚い」と言われるのである。【ただでさえ息子がジョッキーになってるのだからライアンも亡くなった事からも一日も早く後進のために道を譲って欲しいものである】

※...馬の能力とジョッキーの実力が共に反映された非常に清々しいオークスだった。【汚点は横山典の4着だが「4着」なのでそれほど悪い汚点ではない。「3着」だったら八百長だったが...(大笑)】

読切感謝!