第77回 菊花賞(G1)

【秋華賞から学ぶ遠征競馬の不利】

「サトノダイヤモンドvsディーマジェスティ&3着争い」...マカヒキが凱旋門賞に進み、リオンディーズが故障引退で、春の有力馬2頭の一騎打ちと目される今年の菊花賞の図式を考えれば「」のように置き換えられるだろう。

しかしながら、秋華賞におけるビッシュ(鹿戸)の大不発を見てしまった直後だけに、『果たしてディーマジェスティは無事に能力を発揮出来るだろうか?』と疑念を抱かずにはいられない(と言うのが頭を過ぎる)。ディーマジェスティが初の遠征競馬だからだ。

たしかにディーマジェスティが強いのは認める。いくら人気薄だったとしても皐月賞で当時の3強を千切った内容はダービーで1番人気に推されて当然のモノだからだ。だが、ケチを付ければになるが、そのダービーが3着で終わった事を考えると、ビッシュの例(鹿戸厩舎のレベルが反映したとしても)を教訓にするとなおさら心配になってしまう。いくら菊花賞に相性の良い蛯名正義でも、根本的にはジョッキーの腕だけでは馬を勝たせる事の出来ない者なのでダービーの二の舞を演じても一向におかしくないからだ。仮に遠征競馬でも能力は落ちないとしても、ダービーで落鉄した(と公表された)サトノダイヤモンドに敗れている事実があるからには相対的に見ても同馬の分が悪いのは否めないだろう。

そこで、図式とは別に「ディーマジェスティをあわよくば負かせる馬はいるか」と言う事柄が派生すると思われる。よって今年の菊花賞は、「ディーマジェスティよりも先着出来る馬は何か」を見つける事が予想のポイントになると判断する。

そこで、現時点のシルシは...

◎=サトノダイヤモンド(池江・ルメール)

○=ディーマジェスティ(二ノ宮・蛯名)

▲=シュペルミエール(木村・北村宏)、ジュンヴァルカン(友道・ミルコ)、レインボーライン(浅見・福永)。

△=ミッキーロケット(音無・和田)、レッドエルディスト(笹田・四位)、エアスピネル(笹田・武豊)。

...とする。

果たして、秋華賞では遠征馬が完敗したがディーマジェスティもその影響を受けるのか?それとも大方の見方通りサトノダイヤモンドとの一騎打ちになるのか?

3分もの長い競争が見られる菊花賞はそれだけでも楽しさ長持ちでワクワクするレースだが、今年は近年稀なハイレベル世代だけに「好走馬=今後の日本競馬の牽引役になる」と思われる事からも大事なレースになるだろう。