第77回 菊花賞(G1)結果コラム

【勝つべき馬がハイレベル世代を証明】

やはりダービーは落鉄が響いた事をここで証明したサトノダイヤモンドとルメールのコンビ。先ず、ルメールが一度も降りてない馬が無冠で終わらなくて良かったとホッとした気持ちが胸に込み上げた。

いずれにしても、同馬がこの世代の牽引役として今後の競馬を引っ張っていく事になると思うので、来年は是非ともマカヒキのリベンジで凱旋門賞に行って欲しいと願ってやまない。

また、伏兵視されていたレインボーラインがエアスピネルをゴール前で捕まえて2着に入ったが、伊達に札幌記念で古馬相手に3着になっていない事を示したと言えるだろう。

同馬を伏兵に狙っていたので「生まれて初めて福永祐一が馬券で役に立った」と内心驚きで一杯。やはり競り合う相手が競馬学校レベルなら2着になってもおかしくないと今回の事でなおさら納得させられた。

なお、惜しくも3着になってしまったが、エアスピネルも実力を見せたのはさすがと言える。神戸新聞杯では後方待機の直線競馬を試みたものの同馬の気性に適わなかったと判断し、今回は元の直線で先頭を狙う競馬をしてあわやのシーンを作ったのには、伊達に春のクラシック全てで掲示板を確保しただけの事はあると思わず感心させられた。それに、笹田厩舎がクラシックにこだわった事が報われたのが何よりだったとも思った。

それでも、ハナ差でも福永に差された事からもやはり同馬の適性は中距離と思わざるを得ないが、今世代は間違いなくハイレベル世代であるので、3才クラシックは勝てなかったけれども同馬の能力ならいつの日か必ずG1馬になれると思う。同馬をクラシックにぶつけ続けた厩舎にも頭の下がる思いがした。

なお、ディーマジェスティについては多くを説く必要はないだろう。同馬はビッシュよろしく、環境の変わる初遠征が不安通りにマイナスに出ただけだと思う。逆に、能力があるからこそサトノダイヤモンドマークの競馬が出来たのであり、サトノダイヤモンドとのジョッキーの実力差に、初遠征のマイナス材料が重なって直線で引き離された所を複勝狙いの福永に差されたと見ておけば良いだろう。

同馬は今回4着と初めて馬券対象から外れてしまったが、それでも今回先着された2・3着馬とは臨戦状況と立場が違っていたので敗れたのであって決して乗り方や仕上げが悪かった訳ではない。たしかにジョッキーをもっと追えるジョッキーにすれば良いとは思うが、今回の蛯名は全く悪くなかったので同馬もサトノダイヤモンドと共に今後の競馬を牽引する馬だと断言する。

それにしても、どうも大レースに人気で遠征する競馬学校ジョッキーは人気を裏切る公算が高いのが残念である。

ちなみに、今回一番注目していたのがシュペルミエールだった。

だが、同馬に関してだけは鞍上の北村宏が向こう正面の坂の上りで上がっていった事が最後の伸びを欠いたと言わざるを得ない。おそらくジョッキーは後ろすぎると思ったのだろうが、向こう正面で脚を使って位置取りを良くしようと図った事で結局馬に2度のスパートを要求する形になってしまったからだ。昨年のキタサンブラックよろしく、インで我慢していたまでは絶好の競馬だっただけにこれだけが惜しまれてならない。

しかしながら、今年の菊花賞はどの馬もほぼ能力を発揮出来た良いレースだったので、それが何よりも良かったと思った。

特に、今回敗れたディーマジェスティには「鞍上に名手が乗ったらどこまで活躍するか」との能力の高さを感じたので、是非とも今後は鞍上を強化して世界に挑戦して欲しい。凱旋門賞はムリでもその他なら勝つチャンスは絶対にある筈だろうから!