競馬コラム 南関にもいた福永のコピー

【東京記念の真島大輔は最低】

南関にも福永祐一のソックリさんがいた。その名は真島大輔!

東京記念は2400m戦の長距離戦であり、番手追走は本来なら理想的展開なのだが、道中で如何に自分の馬の脚を残すかばかり考えていたため思い切った逃げを打った伏兵馬に向こう正面で引き離され過ぎて勝負所の3コーナー手前でも並び掛けるまでが精一杯。結局勝ち馬の良い的にされた挙句、成れるはずの3着以内にも残れなくなってしまった。

こうしたミスをする者は、ペースの早い遅いを頭の中で具体的に構築する事が出来ない(実戦で再現する事が出来ない)ペースの違いを体で覚えていないジョッキーで、おそらく参考VTRを見ても位置取りにしか目の届かないただ免許を持っているだけの普通のジョッキーでしかない。

つまり、真島大輔とは本質ジョッキーセンスが低く、そんなジョッキーが大井で上位にいると言う事は縁故による馬頼みジョッキーでしかなく、まさしく福永祐一のソックリさんと言わざるを得ない。

たしかに、今の大井は御神本の素行不良によって人気に応えられる人材が不足しているのは否めない。そのため生え抜きジョッキーである真島大輔に多くの良い馬が回されるのも止むを得ないのかも知れない。

だが、他の南関にも他からの移籍ジョッキーや名手はいるので本来そうした上手いジョッキーに良い馬が回るようにして行かないと(ジョッキーの実力主義で良い馬に乗れる当然の序列を行わないと)、中央のように低レベルの縁故ジョッキー優遇策を取るしかない事で今回のようなボンクラ騎乗しかできない事が丸出しになる。

今回の真島大輔の4着は彼が如何にセンスが低いかの表れであり、彼もまた福永祐一の同類のただの縁故ジョッキーでしかない好例である。

おそらく、南関の主催者も彼が勝ち星ほどの実力がない事は重々分かっていると思う。何度注意しても素行を糾さない御神本を苦肉の末に切り捨てたのに結局御神本の勝ち星の大半は移籍ジョッキーの矢野が補う形になった事で、真島の実力は親の足元にも及ばないモノだったのがファンにもバレているからだ。それでもすぐに彼の代わりを同じ生え抜きにやらせる事もやれる者もいないので、厩舎も主催者も頭が痛くてやりきれないのが現状だろう。もしかすると、笹川が急遽短期間の欧州研修に行ったのもこれが事情にあるのかも知れない。

いずれにしても、真島大輔のようなジョッキーは遠からず廃れる事になる。福永祐一がそうであるように、縁故だけで現状以上の向上が見込めない低レベルのボンクラを優遇していると周りのレベルまで下がってしまう事はすでに中央でも証明されているからだ。

本人には可哀想な事だが、実力もない者がここまで優遇されてきた事がそもそも異常であり、残念ながらその存在がすでに全体的な悪影響となってしまうからには突然レース観点が開花して内田博幸や戸崎レベルにでもならない限り干されても仕方ないだろう。何しろ「南関の福永祐一」では、ジョッキーとは名ばかりのただの八百長ジョッキーなのだから!