第77回 桜花賞(G1) 予想コラム

【1強か、それとも一騎打ちなるか!】

「競馬に絶対はない」...よく語られるこの格言は大方は正解である。だが、ごく稀に「それでもこの馬はキレない」と言う強い馬が出てくる時がある。ここまで無傷のソウルスターリング(藤沢和)はこの稀な馬となる可能性の高い存在で、また少なくともたとえ負けたとしても2着は外さない不動の軸馬と言える。したがって今年の桜花賞のテーマは「ソウルスターリングに勝てる馬がいるか否か」であり、自ずと対象になる馬は絞られる事になる。

この対象になる馬も現時点では2頭しかいない。アドマイヤミヤビとカラクレナイであるが、これも未対戦と言う条件での話であり、実質ソウルスターリングを負かせる対象馬はアドマイヤミヤビだけと言って良いだろう。何しろ鞍上動向を見れば、アドマイヤミヤビもルメールからミルコへの騎乗変更馬であり、カラクレナイはそのミルコから田辺への騎乗変更だからだ。したがって推して考えた場合、今年の桜花賞は限りなくソウルスターリングの1強状態に近いとなる。

そんな1強状態に近いソウルスターリングだが、昨年は見事にメジャーエンブレム(田村厩舎)をトバしているルメールである点が唯一気になる材料。だが、昨年のメジャーエンブレムは王道ローテのチューリップ賞ではなくクイーンCからの臨戦だった事で新興勢力だったジュエラー・シンハライトなどと完全な未対戦状態だったが、ソウルスターリングはさすがにメジャーエンブレムのような弱い相手に勝ち星を積む2流厩舎のマネはせずにチューリップ賞を見事に完勝して来た。これだけでも厩舎が違えば生産者の扱いも違う良い証拠であり、逆にアドマイヤミヤビの方が普通に裏街道ローテを経て来た形。はっきり言って、もしもこの状況で昨年と同じように負けてしまったらそれこそ騎手自身の腕が低い事になってしまう。それだけにルメールの実力からすればこの可能性は極めて低いと言わざるを得ない。ましてやアドマイヤミヤビの能力をルメールは体感しているだけに、たとえミルコが相手筆頭として肉迫して来ても今回ばかりは負ける訳にはいかないハズ。

よって現時点でのシルシは・・・

◎=ソウルスターリング(藤沢和・ルメール)

○=アドマイヤミヤビ(友道・ミルコ)

△=ミスパンテール(昆・四位)

△=リスグラシュー(矢作・武豊)

△=ミスエルテ(池江・川田)

△=カラクレナイ(松下・田辺)

・・・以上とする。

思うに、いくら伏兵が台頭してくるチャンスがあるレースだとしても、今年の桜花賞においては◎が負ける材料がほとんど見当たらないだけにこれ以上の不動の軸馬はいない。逆にアドマイヤミヤビが連対を外すと考える方が穴狙いの正着だと思う。ただし、アドマイヤミヤビの鞍上は乗り変わりと言ってもミルコであるからには、日本人騎手は束になって挑まないと何かが同馬に先着するのはそれこそ至難の業。それが現実の今の騎手の実力差であり、先週の大阪杯のように武豊をアシストするため太宰が離れた番手でペースを調整し、マカヒキを伸び伸び追い込ませないよう外を被せに行った福永の後方アシストを誰が行ってミルコの2着を潰せるかに注目している。これが出来れば、たとえ1着は不動でも2・3着は伏兵が入ってそれなりの美味しい配当になるだろうから...(がんばれ組織競馬!)