第77回 桜花賞(G1) 結果コラム

【物差し馬と縁故騎手に屈した藤沢和!】

良馬場だったら......おそらくルメールと藤沢和以下の関係者は今回の3着に思わず天を仰いだだろう。

しかしながら、1頭に負けたならまだしも2頭に負けたのでは同馬の実績では大敗と同じに受け取られても仕方ない。

私も含めてほとんどの競馬ファンが同馬が連対を外すとは思っていなかったので、同馬が3着に終わった事に何とも言えない虚しさと競馬の怖さを覚えたのだから。

それにしても勝ったのが斜行騎手の乗り変わりであるレーヌミノルだったのには正直驚いた。

安定した結果を残している馬なのであわよくば2着はあるかもは考えた。だが、浜中の斜行による乗り変わりだったのでまさか勝ってしまうとは到底考えられなかった。

いずれにしても今回の優勝で一つ証明された事は、同馬が前走斜行したのはやはり浜中の体感が進行方向に真っ直ぐ向いていないか、手綱捌きが甘いかのいずれかの悪い癖を持っていると言う事で、ある意味最悪の形で自身の未熟さが証明されたと言えるだろう。

しかしながら、体感にしても手綱捌きにしても修正すればどうにかなるモノなので、いい面当てになってしまった今回の桜花賞をバネにして今後の活躍に繋げれば良い。おそらくこれほど悔しい思いはもう死ぬまでないだろうから。

何よりどんな理由があるにせよ、ソウルスターリングを3着で終わらせて2年連続の人気裏切りとなった関東厩舎のルメール騎乗を上回るガッカリ感はない。しかも、2着に縁故で4000勝している騎手に食い込まれては実力上位のメンツも疑われて然るべし。「もしかしてルメールは春のクラシックでは人気を裏切るために起用される騎手じゃないか?」とさえ思われたほどで、来週の皐月賞も藤沢和のレイデオロが無残に負けるのではないかとの危惧すら抱かされた。

だが、ルメールほどの騎手が競馬学校騎手に劣る道理はないので、今回の3着はあくまで天候のせいであるとして今後は再びソウルスターリングが勝ち続ける事を期待してやまない。

それにしても、本当に競馬は怖ろしいとつくづく思い知らされた......もちろん、ミスエルテで見せ場も作れなかったバ川田も含めて!(苦笑)