第78回 優駿牝馬(G1) 予想コラム

【藤沢和がまたヤラかすか否か!】

果たして重馬場のせいでソウルスターリングは桜花賞を負けたのか?

大幅に距離が伸びる優駿牝馬(オークス)で藤沢和厩舎はその真意を問われる事になる。

だが、たとえオークス当日が重馬場になったとしても、今度ばかりはさすがに負ける事はないと私は思っている。

なぜなら、今度もまた何かに負けるようであれば、この厩舎は勝ち星は多くても3才クラシックは根本的に縁のない「厩舎版、福永祐一」として記憶される事になるからだ。

『いくら何でも、西高東低の中で唯一関東厩舎で成果を残してきた藤沢和厩舎が福永祐一のような実力助手と同じに比評されるべきではない。』と私に限らず誰もが思っているはずで、何より、ソウルスターリングが牡馬も含めた今世代トップに位置する馬である事はその実績が物語っている。

それだけに、今さらながらソウルスターリングの桜花賞3着には大いに落胆させられたが、この敗戦が一般に言われている重馬場によるモノであれば同馬は3着にも成れなかったハズ。よって私は、同馬の桜花賞3着は「重馬場プラス人為の油断」と判断した。

勝って当然のレースなど一つもない事は誰もが頭では分かっているが、それまでの同馬の実績=能力を考えれば負けると思う方が異端な思考であり、どんなに気を引き締めて臨んでも自信と言う名の安心感(油断)を持って同馬を送り出したのは間違いないだろう。

これは騎乗していたルメールも同感で、自信を持っていたからこそ同馬の競馬をすれば勝てると踏んで乗ったところが、まさかの重馬場で伸びが鈍化させられ、そこに突け込んだのが同馬とのレースで次点人気に推される能力を持っていたレーヌミノルとリスグラシューだったと見た。

よって、今年のオークスはソウルスターリングの巻き返し優勝の一戦と判断して・・・

◎=ソウルスターリング(藤沢和・ルメール)

○=リスグラシュー(矢作・武豊)

▲=アドマイヤミヤビ(友道・ミルコ?)

△=ミスパンテール(昆・四位)

・・・以上、前走桜花賞組の上位入線濃厚と前予想した。

おそらく上位人気に推される馬たちなので堅い予想となってしまうが、今年の牝馬陣はNHKマイルCでも上位人気を牝馬が占めたように牡馬より強いと評せる世代であり、中でも桜花賞は現時点においてその強い牝馬が集まった最上位に置かれるレースであり、ハッキリ言わせてもらえば、オークストライアルと目されるレース(フローラS・スイートピーS・忘れな草賞など)の勝ち馬たちが台頭するには家賃が高すぎ。勢いは認められても、伏兵以上の期待をするのはさすがに無謀としか思えない。

せめて人気馬が勝っていればまだしも期待する材料になっただろうが、3連勝でG2フローラSを制した馬が12番人気ではさすがに厳しいとしか言えないだろう。