第78回菊花賞(G1) 結果コラム

【次世代の低レベル顕著な結果】

今さらながら外人ジョッキーの勝利への貪欲さとそれを可能にする技量の高さを見せつけられた。
ただ、これ以上に競馬学校騎手の不甲斐なさと技量と精神力の低さを感じさせられた。
具体的には・・・
出遅れが幸いして2着という藤岡佑介のミス&ラッキー入賞。
不良馬場と距離、絶好の展開が味方した和田竜二のラッキー入賞。
直線の見せ場だけが救いだった遠征競馬ド下手厩舎の義兄弟コンビの人気裏切り。
自身が乗って負けさせた馬がミルコによって菊花賞馬になったエセダービージョッキーバ川田のサトノアーサーの見せ場も作れない惨敗。
特にバ川田の凡才ぶりには「さすが斜行騎手浜中俊に劣る騎手。福永と併入でエセ丸出し!」というのが今回の結果と騎乗でよく分かった。
このバ川田に比べれば、たとえ結果は悪くてもTV馬として逃げた四位、結果的に先行馬全滅の要因を作った池添と津村の方が自分の競馬をしたと褒められる。

たしかにこんなひどい馬場では当然ながら個々の騎手の腕前を問うのは難しい事で、この点は見せ場もなく惨敗した言い訳にはなる。だが、ここまでの穴、それも一方は本来ミスしているのに2着になってしまうのにはどこかにもっと不甲斐ない騎乗をしたジョッキーがいるからで、今回はその実力通りにバ川田とそのモノマネ対象の福永がサトノの両頭に乗っていた事がこの結果を招いた陰の悪因と言える。普段から仕込みと見紛う競馬しかできないからこんなザマになるのだろう。

いずれにしてもミルコとルメールの上手さはもう動かしようはなく、彼らの良い所を盗んで向上すべき次世代の代表のバ川田レベルが、結果を求めるあまり最もマネてはならない福永をマネている(勝つためではなく好走するために能力ある馬を安易に後方待機にして着を拾って結果を残したと誇る騎手としての根本意識が間違っている)のでは「いい加減に恥を知れ!」としか言えない。この程度が次世代代表だから、満足に真っ直ぐ追えないマガルくんが体感の修正もせずに今だに乗り続けているのだろう。

ハープスターの尻つぼみでイヤな予感はしていたが、バ川田ですらこの程度では今後はもっと外人ジョッキーの必要性は高まるだろう。
ひいては、どんなにレベルの高い馬を創っても日本競馬の夢である世界の芝大レース(凱旋門賞)制覇は果たせないという事を暗示する。技量も精神力も優った騎手たちが地元の意地と国家の威厳を誇るために騎乗するレースを日本の馬、しかも自国の騎手が乗って来ない馬に勝たれたのでは世界中に恥を晒すようなモノ。それこそいくら馬の能力で劣っていても騎手の意地でも勝たれる訳にはいかないのだから。

競馬学校という必要のないモノを作ったツケがこれほど悪い結果を招くとは思いもしなかったが、これを解消する即効的な術は今の日本競馬にはないので、もしも夢を叶えたいと願うなら、逆にミルコやルメール並みの欧州出身でない名手の外人ジョッキーを招くしかないだろう。
よって、今は香港を主戦にしているモレイラをすぐにでも招くのが唯一の手立てと断言する!
ミルコやルメールがそうであるようにモレイラも通年騎乗になればバランスを考慮されて勝ち負けさせられるだろうが、それでも人気でも伏兵でもここ一番で期待通りや期待以上の結果を残す事は間違いない。何しろ本来騎手と呼ばれるに値するには1着を獲るための貪欲な勝利意識とそれに見合った技量がなければ通用しないのが海外の競馬と騎手界であり、モレイラはそれが出来る現状唯一の非欧州出身ジョッキーなのだから!