第62回 大阪杯(G1) 結果コラム

【根本的な考え方の違いが生む騎手のレベル差】

右回りの不安に外枠発走と二重の不利にあったスワーヴリチャードだが、蓋を開ければ、金鯱賞と同じ流れになった事で右回りも枠の不利も全く関係なしに楽に勝ってしまった。スワーヴリチャードが勝つ事自体はその能力から全く妥当な結果であるが、この結果を生んだ一番の要因は何と言っても「ミルコと他騎手とのレベル差」にある。

前走の金鯱賞において、サトノノブレスのスロー逃げに対応して向こう正面から早めに番手まで押し上げてゴール前でキッチリ交わして勝っていたが、まさか今回においても全く同じ競馬になるとはミルコ自身が一番驚いたはず。その証拠に今回ミルコは、右回りの不安以上に目に見える不利である外枠を考慮してスタートをワザと遅らせてレースの流れがどう動くか様子を見る形を取った。すると、大方の予想ではもっと早いペースで流れるであろうと思われた序盤の位置取りがすんなりヤマカツライデンの単騎逃げで収まってしまった。様子を見ていたミルコは「これなら金鯱賞と同じ競馬をすれば良い」と思ったようで、全くその通りに乗って右回りの不安と不利を一挙に解決してスワーヴリチャードを勝たせた。

この反動を食ったのが戸崎乗り変わりで臨んだサトノダイヤモンドとアルアインで、金鯱賞で先手を取ったサトノノブレスが全く前に行かなかった事でもっと流動するはずのペースが早々にスローペースに収まったため、サトノダイヤモンドは直線まで終始インコースに包まれ通しで競馬にならず、アルアインは動くに動けない形になってスワーヴリチャードを捕まえ切れずに逆に僚馬ペルシアンナイトに捕まる結果になってしまった。

この結果は人気が示すように池江厩舎も考えていた理想の結果とかけ離れた内容だったはずで、差し競馬になってペルシアンナイトが好走する形になるなら当然サトノダイヤモンドも好走すると思っていたはず。まさか戸崎がインに包まれ通しになり、ただ追走しているだけのボンクラ息子がまたまた胡散臭い得意の流れ込みで僚馬アルアインを交わす結果になるとは池江師自身夢にも思っていなかっただろう。何より、サトノダイヤモンドが満足な競馬が出来ていない点が師としては不満の残る結果だったろう。

この結果を生んだ最大の原因=最悪の戦犯はサトノノブレスに騎乗した幸英明にある。ステイヤーの遅い逃げ馬でしかないヤマカツライデンがあっさり先手を取ったからミルコは前走と全く同じ展開でレースを進める事が出来たのであり、アルアインが僚馬ながら金魚の糞よろしくバカでも出来る追走競馬のペルシアンナイトに交わされる羽目になったのも、全てこの幸英明が「結果うんぬん以前に馬の特徴を活かして前に行く」という若手でも出来る自分の仕事をできなかったため。これにより、同馬主であるサトノダイヤモンドにしわ寄せが起きたのである。道理で凱旋門賞でラビットの仕事をしたのが川田将雅である訳だと大いに納得させられた点でもあるが...

では、ここまでミルコと日本人騎手との実力差があるのは何故か...今回の結果からすぐに判ったのは、外人騎手はたとえどんな時でも常にペースに対応する心構えで騎乗していると言う事である。

今回の大阪杯を例にすれば、ミルコはスタートを遅らせて展開がどう動くか様子を見て乗った。これに対し、他の日本人騎手は大方は騎乗馬の脚質通りにスタートしたが、ただ一人幸英明だけが本来前に行くべき所をしなかった(...もしかすると出来なかった=本当は彼には馬を行かせる技術そのものが不足しているのかも知れない)。そのため、とろいヤマカツライデンの単騎逃げで早々にスローペースに収まってしまった。ここで上記の日本人とミルコの心構えの差が発揮され、ミルコは自らレースの流れを騎乗する馬のペースに持ち込み、他の騎手たちはただ一人の外人に良い様に振り回される形になってしまった。

つまり、ミルコたち本物のプロ騎手=外人ジョッキーは、何時でも「瞬時の判断」=騎乗馬の走りやすいペースにするための瞬間的判断で位置取りを確保する=騎手の対応力=これが勝つための騎乗の仕方を取っているのであり、過去の脚質に沿って騎乗する事だけで精一杯の日本人騎手たちとは根本的に鍛えられ方が違っているのである。

この観点で捉えれば、横山典弘が突然馬を逃げ・先行させて好走させたりできる事の方が騎手が本来取るべき行動であり、過去の脚質に拘って乗っている事の方が馬の良さを考えていない事になる。なぜなら、脚質とはペース(レースの流れ)における単なる位置取りの事でしかなく、ペースは変動して当たり前のモノなので、それに対応して変化させるのが騎手として当たり前に取るべき行動となるからだ。この点において、ミルコたち外人ジョッキーはごく当然のように対応して乗っているだけであり、逆に日本人騎手たちはバカの一つ覚えよろしく乗っているだけ。これではミルコたちが本気で勝ちを取りに行く騎乗をすれば良い様にやられるのも当然だろう。

こうした事例は何時でもよく目にするモノで、昨年の香港において、ネオリアリズムに騎乗したモレイラがスタートで出遅れたにも拘わらず、ペースが緩んだ所を見計らって一気に捲って先頭に立って同馬を優勝に導いたのを覚えているはず。

言い換えれば、日本人騎手は騎乗技術を優先するあまり、真の意味での「馬に全力・能力を発揮させるペースを読んで動く」という騎乗が出来なくなっているのであり、これこそがバカの一つ覚えしか出来ない騎手しか出て来ない原因である。

「騎手のセンス」とは技術はもちろんだが、何より問われるモノがこの「ペース判断に沿って取るべき瞬時の対応力」であり、福永洋一さんがハードバージやエリモジョージなどで天才的と呼ばれる騎乗を見せた事の根本はすべてこの点にある事は誰もが認められるだろう。

ところが現在では、この根本から離れているのに気付かず、今回の2着馬(ペルシアンナイト)のようにただ追走して流れ込んだラッキーなだけなのに、それで仕事を果たしたと勘違いしている輩がいるからミルコのような本物の騎手とのレベル差がどんどん広がる一方なのである。

現在の日本人騎手は、騎乗数をこなす事ばかりで自分が乗る馬の能力がどの位あるかも把握し切れていない状態で乗っている。今回の戸崎がこれに該当する訳だが、これでは戸崎がどんなに優れたジョッキーの素質があってもここ一番では良い結果が望める訳がない。ましてや今回は、暗にアシストとなるべき幸英明が「若手でもやれる事を20年以上のベテランのくせに満足に出来なかった大ボンクラ騎乗」をしたのでは、挙句でただ決め打ちで追い込み競馬しただけのミッキースワロー(横山典弘)に外から被せられて何も出来なくて当たり前。

今回の大阪杯は、騎手センスの捉え方の違いがよく判ったレースであり、日本人騎手がなぜ外人に勝てないのかその根本を見せつけられた好例と言えるレースだった。もちろん予想が外れた事は悔しいが、仕事をしなかった騎手がいて、それに左右される騎乗しかできない騎手がいて、おまけにその漁夫の利を得たのが日本騎手界のレベルを50年停滞させる間違った思考で騎乗する世界一の馬潰しジョッキーであった事が何にも増して残念だった。