第78回 桜花賞(G1) 結果コラム

「アーモンドアイが次元の違う脚で優勝」

2着のラッキーライラックも理想的な競馬で例年であれば文句なしに桜花賞馬に成っていたと思うが、まさかそんな馬を直線でムチも使わず追いだけで並ぶ間もなく交わす馬が出てくるとは...正直、デビュー戦でニシノウララに敗れた馬がこんなに凄いとは思っていなかった。

今回の桜花賞を見れば、誰もが文句なしにアーモンドアイが次も勝つのが当たり前と思うはずで、あとは(オークスを使うなら)距離に対応できるかのみが問題になるだろう。だが、いずれにしても今春の牝馬戦線はアーモンドアイの1強と見るのが妥当だろう。

また他馬の結果から鑑みると、今回の桜花賞は2~5着まで阪神JF上位馬で占められており、2冠目のオークスではこれら2才牝馬上位組が長距離適正を活かして「どこまでアーモンドアイに迫れるか」が第一の予想ポイントになりそう。だが、アーモンドアイのあまりな能力の違いから人気落ちするのは否めず、大局的な見方をすれば「アーモンドアイvs桜花賞組とその他上がり馬」の1強図式に落ち着くだろう。

しかしながら、こと騎手の面から今回の結果を見ると、やはり日本人騎手のレベルの低さを感じざるを得ない。

ラッキーライラックの石橋脩もリリーノーブルの川田将雅も、こと乗り方に関しては100%の騎乗であったと認められる。だが、100%の騎乗をしても(いくら馬の能力が違っていたにしても)ムチも使ってない追い込み馬に並ぶ間もなく交わされてしまうのはイヤでも騎手力の差を認めざるを得ない。

もしもアーモンドアイに日本人騎手が乗っていたら、たとえ馬の能力から結果は同じであったとしても道中の位置取りは変わっていただろう。これは同じく追い込み競馬をしたトーセンブレスの柴田善臣が好例を示しており、私の予想では後方5番手よりもっと後ろに位置し、直線で他馬を横に置く事なく、もっと伸び伸びと腹の据わった追い込み競馬をすると思っていた。ところが柴田善臣はそこまで腹の据わった騎乗が出来ず、結局直線では外から被せられる形になった。それでも4着には届いているので悪い騎乗ではないのだが、いざ追い出しを掛けた時に外から合わせられる格好になったため外の馬の粘りに余計な体力を使わされた。これが最後の伸びに影響が出たので離された4着までだったと、勝ち馬の位置取りと桁違いの脚の差から推察できる。これは本質的に鞍上がペースの早遅をどこかで誤っているからで、それだけ柴田善臣も戴冠を目指していた良い意味での失敗であるが、それでもミスだからこそ3着リリーノーブルに迫れなかったと私は思えてならない。確かにこれはほんの小さな・些細なミスではあるが、結局のところ「なぜ柴田善臣が3才クラシックの1冠も獲れないのか」の一番の理由だと言えるだろう。

柴田善臣を例に挙げたが、これは競馬学校で一律教育を受けた全ての騎手に通じる事。個人技量の成長に差が出ても、基本は共通で学んでいるからにはイヤでも中央競馬の作る展開=流れに沿った騎乗になる。それでは絶対に世界で通用しないから外人騎手に太刀打ちできない現状にあり、結局は個人技量が問われる世界の舞台に臨めるのは個人技量で優れている本物の騎手ある事を示しているのだと思う。

数度の斜行で精神がやられた浜中俊しかり、ケガ復帰後は逃げ・先行でしか好走できない三浦皇成しかり、平成の複勝王で希代の良血馬潰し王である福永祐一しかり、サトノノブレスでラビットとしてでしか欧州に行かせられない川田将雅しかり、こんな大事なところで出遅れする戸崎圭太しかり、記録は作れても世界に通用する腕までは持ってない日本人ゴルファーの騎手版でしかない武豊しかり、そんな騎手たちを目標に挙げて日々の乗鞍だけに汲々としているその他の中央日本人騎手たち...この程度の騎手たちでは絶対に世界で通用する者など出て来ない。もっと言えば、学校を卒業した位で話題にされる現状が間違っているのであり、何年掛かろうとも土台となる知識と騎乗技術を身に着けた者から馬に乗れる仕組みにないから付け焼き刃の素人もどきしかいないのだ。

いつの日にか、これらを凌駕する真の騎手センスを備えた「騎手版のイチロー」と言われる騎手が現れる事を今は願って止まない。だが、学校という人材を制限する状況がある限り、たとえディープインパクトの10倍強い馬を作れても日本人騎手が夢の凱旋門賞を勝つ事は絶対に不可能と断言できる。なぜなら、真の騎手センスとは臨機応変の実戦技術が何より必要で、これを体得した上で馬の能力を活かせなければ最高峰の舞台で結果を残す事はマグレか奇跡でも起きないとムリだからだ。今の日本人騎手たちは、この臨機応変の対応力を体得する騎乗の出来ない環境で乗せられている。だから断言できるのである。これが私にはとても淋しくてならない...騎手の人手不足はやむを得ないにしても、決して人材不足ではないのに年を重ねるごとに世界との騎手力の差が開いているのを切なく感じているから......