第68回 安田記念(G1) 結果コラム

【根本的実力上位騎手の良い結果!】

おそらく多くの人たちが、今回のモズアスコットには色んな観点から只ならぬ優勝の雰囲気を感じていたのではないだろうか...!

出走馬登録の段階では除外対象だったため嫌でも計算外にせざるを得なかった馬が土壇場になって出れる状況になり、しかも連闘という決して有利ではない状況でありながら何故か鞍上には名手ルメールが乗って来れるという異常さが目に付いていたからだ。

したがって、今回の予想ほど前もって馬を絞り込んだ人ほど痛い目に遭った事は容易に計り知れる。

それでも、1着ルメール、2着(横山典弘が乗ってない状況の)戸崎圭太、3着ミルコで、「名手2名の間に能力ある先行馬に比較的技術力の高い日本人騎手が入る」という純粋な騎手力が表れた結果に、競馬学校の低レベルの仕込み系騎手が来れなかった事は良い傾向だったと私は思った。

当然の事だが、名手とはその腕を見込まれているジョッキーで、結果を出す事によって一般の騎手たちのお手本となるために呼ばれている存在である。つまり、彼らの騎乗から追って伸びるには道中の位置取りや手綱捌きをどうすべきか、人気・人気薄に乗った時の戦略の立て方はどんなものか等、後進の教科書としての存在意義で招かれている訳で、よって、彼らが多くの勝ち星を挙げるのは必然である。戸崎圭太以来の勝つ事でお手本となるために呼ばれているジョッキーだからだ。

それにしても、ルメールが空いたのは藤沢和雄厩舎の取り消し馬が出たからであり、4着で終わったサトノアレスに何だかとても同情心が湧いた。

やはり先週のダービーが鞍上の心理に影響したのかも知れないと思ったから。福永に先にダービージョッキーに成られた事で力んだのかも知れない...蛯名らしいと言えばそれまでだが!