中央競馬2018年度を振り返って。

有馬記念が終了し、2018年度も最後のホープフルSを残すのみとなった今年の中央競馬。

色んな活躍馬が出てきたが、何と言っても今年はアーモンドアイがダントツの活躍を見せた。

デビュー戦だけ2着と汚点を残したが後は無人の野を往くが如し。特に私が圧巻だったのは戸崎でも勝ってしまったシンザン記念で、ここまではまだ普通の馬だと思っていた所だが、馬場が荒れた中でも全く苦にせず、しかも戸崎に乗り変わって桁違いの末脚で後続を完封してしまった。

そこからは知っての通り、ジャパンカップではほぼ完璧な騎乗をしたキセキを初の番手追走で押さえ込み、蓋を開ければ世界レコードで勝ってしまうと言う否の打ちどころない勝ち方をした。

もちろんこれだけの馬は滅多に出ない事は間違いなく、私的な意見ながら「中央競馬を走らせる意味はもうないので、今後は世界でどれだけ活躍できるか」を期待せざるを得ない。

馬に関してはアーモンドアイ一色と言えるが、こと騎手に関してはいくら批判しても尽きる事がないくらい外人ジョッキー一色と化してしまったのが憐れでならない。

武の4000勝達成も今では低レベルでの記録でしかない事が明確になり、福永のダービー制覇も作られたものでしかない事は憐れを越えて憤りすら感じる出来事。

つまり、日本人騎手は「ジョッキー」と言うには烏滸がましく、ボンクラがより低レベル相手に一流面しているだけの下手の集まりとしか言えない。

道理で誰もが同じような騎乗しか出来ない訳で、有馬記念も展開と馬場を味方に縁故騎手の池添がギリギリの所でレイデオロを凌いだだけ。

喜びはよく分かるが、それまでダービーも菊花賞も満足に乗れないから信用されてない事の裏返しでしかない。

もっと酷い事は、それでもまだクズしか育成できない事に固執するJRAの愚かさで、特に第3期生(武)以降は世界どころかどんどん下手になっていく一方でしかない。

だったら、門戸を広げることでより騎手に適した人材を得るようにすべきであり、無意味な学校制度など廃止してもっと早期の教育を図るのが道理も利にも適っている立派なアスリート作りになる。

こう言っては元も子もないが、今の藤田ナナコなどただの客寄せパンダで、実際には騎乗におけるセンスなど全くない。逆にセンスがあったらもっと勝ち星も増えて当然だし、そんな女にも負けている男など不要であると誰もがすぐに気付く。実際、冷静な人たちは藤田ナナコなど眼中にも置いてなく、「またバカな奴らが藤田ナナコに馬券を使ってるよ」と覚めた眼で見ているのである。

これは池添も福永も同じで、武の敷いたレールだけをただ付いて行った者たちが世界中から信用されていないから馬主が嫌でも他のジョッキーを連れて来なければいけなくなったのである。

競馬学校上がりではせいぜい川田が唯一頑張っている存在と言えるが、それも所詮は学校上がりだから優先されているだけの事。浜中俊などは己の自滅で潰れた間抜けな騎手でしかなく、岩田康誠や内田博幸、おそらく遠からずの戸崎圭太なども使い捨ての騎手としてしかJRAは見ていないからこんなザマになるのである。

いずれにしても、今後は世界中から日本の高額賞金を目当てにもっと外人ジョッキーがやって来るだろう。しかも彼らはアスリートなので日本の「騎手」では当然のように相手にならない。相手にならなくてもレースは一人一つしか乗れないので隙間を埋めるように先輩騎手が大勢を占めるようになる。当然、残りの席を下手な騎手が穴埋めするが、ここに藤田ナナコのような下手でも女という事で優遇される人間が入れられるのでは満足な結果など出せるハズはなく、当然のように巧くなる要素などどんどん無くなっていく。

こんなザマを生んだのも競馬学校と言う悪しき存在があるから。百害あって一利なしの競馬学校などスグにでも廃止して門戸を広げる事をしなければ絶対にアスリートは作れないだろう。

武がすでにジョッキーではなく「ただの騎手」である事がすでに世界中が知っているのだから!

(武が名手ならミルコやルメールは神様レベルになる。ならばデットーリは海王様だ!笑)