2017紫苑S回顧

少し内有利。テン中盤少し緩く上がり4F早い。

ディアドラ強い...!けど秋華賞向きとは思えない内容。



2017ローズS回顧

テン早く中盤少し早く上がり少し掛かる。
ラビットラン
カワキタエンカほぼ単騎。
リスグラシュー
ミリッサ進路変更ロス。
メイショウオワラ
ファンディーナ手応え良い。
モズカッチャン

全体的にパフォーマンスは物足りず。
勝利したラビットラン、ハイペースで粘ったカワキタエンカ、休み明けでそこそこのパフォーマンスを見せてきたリスグラシュー、ファンディーナ辺りはそれなりに評価出来る。
細かいことを言えば、秋華賞では先行力、コーナリング、追走力、平坦向きのキレが問われるので、適性的にはラビットランは厳しい。
カワキタエンカはキレ不足で、リスグラシューはやや先行力とキレ不足、ファンディーナは調子がどこまで上がるか。



2017函館記念予想

近年の函館芝は高速馬場でイン有利になりやすい。
土曜日もイン有利~少し内有利で、日曜日に雨が降るとの予報もある。

巴賞の回顧でサトノアレスは嫌えると説明しました。
スロー逃げのステイインシアトルも、ヤマカツライデンとマイネルミラノがいたら楽なレースにならないので軽視。

ココはインで先行出来そうで不当に人気を落としているダンツプリウスを狙います。
距離延長の資質は示していないものの、前走の巴賞は(ラップ派としては)典型的な負けて強しの競馬で高評価。
ハイペースのマイルで見せ場を作って善戦しているのを見ても、ペースが上がって前に引っ張って欲しいタイプで、今回は逃げ馬が複数いるのでチャンス。
巴賞は例年緩いレースになるためシビアなレース展開となる函館記念には全く繋がらないことが多いので、前走の負けでむしろ今回の走りに期待が持てます。

この馬が勝たなかったとしたら、前走でスタート後の反応が良かったケイティープライドも昨年くらい走ると思ってるので評価。

○2ダンツプリウス(テンで脚を使った前走から伸びしろアリ。インを一貫ペースで先行すれば)
▲4ケイティープライド(前走スタート良く、好位取れる。昨年から衰え無し)

単勝
2 300円
4 100円
計400円

回収率
 26880円/10500円



2017巴賞回顧

少し内有利。テン少し早く中盤少し緩く上がり2F早い。
サトノアレス
ダンツプリウス


上がり2Fが早くて馬群が一団となってのゴール。各馬余力を残しながらのゴールだったことが分かります。
デンコウリキの大逃げでペースが早くなったように見せかけて、実際は中盤でデンコウリキがペースを緩めて他馬が追い付いただけ。

ダンツプリウスはテンで脚を使ったのに3角でペースを緩めてしまって後続に追い付かれ、4角からスピード負けして4着。向正面からスパートを掛けていれば普通に勝てていたようなレース。ラップ派として憤りを感じる。

3角から前の緩みを利用して後方外から差を詰めたサトノアレス、アングライフェン、ナリタハリケーンがそのままワンツースリー。
もちろんペースの上がった4角で持ったままだったサトノアレスの末脚のキレ・スピードは素晴らしい。
しかしそれはあくまで朝日杯FSで見せたマイラーとしての卓越した急加速力であり、朝日杯で最後にはモンドキャンノに差を詰められたように今回もアングライフェンに差を詰められているので、持続力の強化は全く感じない。
函館記念に距離延長するなら消したい。普通にマイルのレースが向いている。



2017プロキオンS カフジテイクを嫌いたい

カフジテイクをフェブラリーSで評価を下げたように、芝スタートで先行スピードが求められる条件は苦手。
海外帰りで適性の合わない条件に出走して1番人気なら、逆張りしたいところです。

2番人気のイーデンホールはまだ能力の裏付けが足りません。

アキトクレッセントも近走内容は良いものの、播磨Sの伸びきれないレースやスピードダートの逃げ切り、超ハイペースクリスマスキャロル賞の差し切りを見ても、末脚が足りないタイプ。
適性は中京1400mとそれなりに合うと思うので、人気でなければ押さえてもいい。

東京1400m実績は中京1400mに繋がらないのでベストマッチョも軽視。

中京1400mと関連のある阪神1400m実績豊富なキングズガードも適性は合いますが、プロキオンSや根岸Sではロスの無いイン突きで3・4着で、キングズガード自身芝スタートで遅れることが多いので、カフジテイクを圧倒出来るくらいに中京1400mで期待出来るかと考えると微妙。押さえまで。

ブライトラインも適性高いが押さえまで。前走は進路無く度外視。


カフジテイクを嫌いたいもビシッと買える馬が見つからない。
さっきオッズみたらキングズガードとブライトラインのワイドがカフジテイクとブライトラインの組み合わせよりも安かった。

キングズガードとブライトラインの馬連を買うかどうか...。
安田記念のサトノアラジンみたいな強烈な妙味を感じないので、ここは「見」にします。



的中!2017安田記念

14
単勝
400円
馬連
軸14から相手8・16
ワイド
軸14から相手8・16
計800円

単勝4960円
馬連10480円
ワイド2870円

18310円

回収率
 26880円/10100円

単騎逃げ期待のロゴタイプとペースが上がればのサトノアラジンが読み通り見事ワンツー!
近走で「ちゃんと不利を受けている」ことはやっぱり大事ですね。サトノアラジンの場合舞台とペースも向きました。



2017安田記念予想

2017マイラーズC
テン少し緩く上がり早い。
ペースが緩い内にインの好位置まで押し上げたイスラボニータが直線で少し仕掛け遅れての勝利。
完璧な騎乗。元々持続力が無いため、仕掛け遅れるくらいがちょうどいい。
外を回って差を詰めたエアスピネルが内容上。

2017京王杯スプリングC
フラット。直線中伸び。テン少し緩く中盤かなり緩い。
レッドファルクスは強い競馬だが重馬場は向いた。
中盤の緩みで折り合いを欠き、直線でも内を突くしかなかったサトノアラジンは、次走で巻き返してもおかしくない。

出走馬の中で、前走ちゃんと不利を受けている馬はサトノアラジンだけだったので本命に。昨年の安田記念もスローを仕掛け遅れての4着なので、外差しの今年ペースが流れれば勝ち切る計算。


○14サトノアラジン(前走はペースと馬場の不利有。持続力・底力ある大型馬で、安田記念向く)
▲8エアスピネル(前走はイスラボニータより強い内容。ペースは流れた方が先行力活かせる)
△16ロゴタイプ(調子良く、先行力あるため単騎逃げ狙える)

14
単勝
400円
馬連
軸14から相手8・16
ワイド
軸14から相手8・16
計800円

回収率
 8570円/10100円



2017ダービー予想

外有利の馬場状態。

買いたくないのはサトノアーサー。
毎日杯は阪神の外回りの長い直線を、早め先頭のアルアインに押し切られたもので、差し有利の条件でも後手を踏んで差し切れないようならフルゲートのダービーで差し切れるとは思えない。

皐月賞の回顧では、クリンチャー、ファンディーナ、ペルシアンナイト、スワーヴリチャードの4頭がダービーでもチェックしておきたいとコメントしました。
馬場が外有利ならば、ペルシアンナイトは普通に評価していいでしょう。上位評価。

そして、別路線からの刺客はアドミラブル。
青葉賞はペースが流れたとはいえ最後方追走からも捲りなので、持続力こそあるもののフルゲートのダービーでは少し不安。
アザレア賞は超スローを早めに抜け出して最後は流して上がり33.5秒。持続力だけでなくトップスピードも相当。
3走前の未勝利戦はテン中盤の早い流れを中団後ろで追走して完勝。追走力もある。

青葉賞の走りだけでは追走力に不安もありましたが、未勝利戦の勝ち方はむしろペースをガンガン引き上げられても対応できるように思えます。
レイデオロやカデナ、サトノアーサーが追走力を見せていない中で、人気上位のアドミラブルだけが追走力を見せているというのは明らかな協調材料。
外差し傾向も当然歓迎で、ここは評価すべき1頭です。

強い差し馬不在の世代なのでダービーはクリンチャーか先行力もそれなりにあるペルシアンナイトかスワーヴリチャードを推そうと思っていたのですが、戦績を見てみる限りアドミラブルは間違いなく「強い差し馬」です。


・馬場が外差しと読んで

○18アドミラブル(この世代で唯一、持続力、トップスピード、追走力の3つを示している差し馬)
▲11ペルシアンナイト(能力上位。末脚あるので距離こなせる)
△4スワーヴリチャード(能力上位。左回り向く)
△5クリンチャー(能力上位。距離延長向く)

馬連
軸18から相手4・5・11
三連複
軸18から相手4・5・11
計600円

回収率
 8570円/9300円



2017オークス予想

リスグラシューは休み明けのチューリップ賞以外はレース内容を全て評価していて、馬体の軽さや末脚のジリっぽさから距離延長が向くと思っていたので当然ここでも本命。
スタートがあまり良くないのでスローで大外を回す形だと苦しいが、ヤマカツグレースやレーヌミノルはそれなりのペースで先行したい馬なので、リスグラシューに展開は向くはず。

レーヌミノルはかなり評価を迷ったが、前走は前が引っ張る流れを追走して押し切った形で、追走力を最大限活かしての勝利なのでオークスの適性とはズレると判断。

ソウルスターリングは完成度高いマイラー、アドマイヤミヤビはリスグラシューより不器用な印象で、オークスの舞台ならやはりリスグラシューが頭一つ抜けている。


14リスグラシュー
単勝500円

回収率

 8570円/8700円



2017皐月賞回顧

テン僅かに早く中盤上がり早い。
ハイペースという訳でもないので、単純にペース速い3・4コーナーで外を回した馬や動いた馬が損。
早め先頭のクリンチャー、ファンディーナ、外を回しながら伸びてきたスワーヴリチャード。
この3頭がダービーで前進すると思います。
ペルシアンナイトも、能力的にはダービーで通用するでしょうね。
カデナは適性だけで能力足りないと見ていますがどうでしょう。

それにしても、ファンディーナは4角で非常に手応えが良かったですが、直線に入ってからはダメでしたね。
フットワークの雄大さや反応の良さを見るに、スローペースで末脚を活かす競馬に寄っているんでしょうね。

この世代は差し馬があんまり強く無くて、ダービーはスローペースに強い先行馬が押し切ると見ています。
クリンチャーかファンディーナ、もしくは好位のインを取ってきた時のペルシアンナイトかスワーヴリチャードですね。
ペースが流れてくれるならリスグラシューも向いていると思います。