宝塚記念 ステップレース見解

自信のあったダービーと安田記念が不的中で少しモチベが下がっております...。
(2018年買い目収支合計14760円/3200円 回収率461%)

が、宝塚記念は最も好きなG1の一つ。
やはり重斤量を背負わされる急坂コースは力勝負になるので見ていて面白いです。
皐月賞に続きココも的中して年間回収率をブチ上げたいところ。


・ステップレース見解

2018/3/24日経賞
スパートやや早めで上がり掛かる。
ガンコ
ゼーヴィント
キセキ少し掛かる。

押し切ったガンコは素直に強い走り。
やや馬場の悪いところを走ったゼーヴィントも悪くない走りではあるが、外をぶん回したソールインパクトと0.2秒差先着。強く加点出来る訳では無い。
海外帰りのキセキはコンディションが万全ではなかった。


2018/4/1大阪杯
少し内有利。前半5F少し緩く後半5F少し早い。
スワーヴリチャード
ダンビュライトほぼ単騎。
サトノダイヤモンド
スマートレイアー

コーナーでの加速が下手なスワーヴリチャードが、向こう正面から仕掛けて弱点をカバーして押し切り。
デムーロはこういう机上の空論を実現させてしまう騎手の一人。さすがだった。

この展開で苦しいのは、スワーヴリチャードが動いてからそれを追い掛けた馬達。
ペースが引きあがってから強い馬を追い掛けるのは、なかなかに厳しいレースとなる。

むしろ前半スムーズに先行していたダンビュライト、好位のインを取っていたスマートレイアーは見た目ほど苦しくは無い展開。
サトノダイヤモンドはインに閉じ込められた時点で厳しかったが、上がりの遅さは気になる。
やはり能力が戻っていないか。
そもそも急坂での加速が効かない馬なので、コーナーを助走区間として脚使って急坂を上り切るレースをしたい。


2018/5/27目黒記念
少し内有利。前半少し緩むも後半はタイトなぺーすに。
ウインテンダネス
パフォーマプロミス
ゼーヴィント直線2度進路不利。

インの2頭がワンツー。
ゼーヴィントは不利が無ければあと0.2秒以上はタイムを詰められた。
斤量差を加味すると能力はパフォーマプロミスより上なのは間違いない。


・各馬評
ヴィブロス
2018ドバイターフはハイペースを追い込んだ2着。勝ち馬とは離されているので加点は無い。
ドバイ帰りもマイナス、中山記念を見ても追走力が足りず、2200mでペースが上がれば強調できる材料は無い。

キセキ
使い詰めてのタフな馬場の菊花賞勝利から更に香港遠征で、更に前走コンディションが戻っていないとなると、調教でニュースになるくらいの見違えるような動きを見せてくれないと厳しい。

サトノダイヤモンド
良馬場で平均ペースなら適性的には宝塚記念は悪くない条件だが、本調子に無い上、土日は雨予報。
人気薄なら調子が戻ってくるのを期待して押さえておきたいが、果たして人気が落ちるかどうか...。
この馬は能力バランスが良いのでココで勝てなくとも建て直せばジャパンカップが狙えると思う。

パフォーマプロミス
底力の裏付け無く、体重も軽めなので58キロがマイナス。

ダンビュライト
前走はスローを2番手で先行する絶好の展開も大敗。この馬は上がり勝負が明らかに苦手だ。
完勝したアメリカジョッキーCCも逃げ馬をペースメーカーにタイムトライアルのようなレースが出来たから。
重馬場でペースが引きあがったり、この馬自身が逃げるような展開なら好走出来るかもしれない。
宝塚記念の適性はあるとは思うが、それでも末脚の無さは芝G1では響くと思う。

サトノクラウン
ジャパンカップ、
有馬記念とキタサンブラックにペースをコントロールされ後方でなす術無し。
ドバイシーマクラシックは前有利のスローペースだったのでこちらも後方で終了。
タフな馬場でジワジワと能動的にスパートを掛ける展開だと強いのでデムーロとの相性が良かったが今回はテン乗りの石橋騎手。
この馬は、適性がやや平坦寄りのゴールドシップとして見ているので、重馬場の少頭数はプラス。
ダンビュライトより人気が無いなら、こちらの方が強いので押さえる。

ワーザー
やや重の2016QE2世Cでラブリーデイを置き去りにした香港のトップ中距離馬。
少し驚いたのが、スチュワーズCでマイルのハイペースを先行しての粘り込み。重馬場巧者というよりも、追走力に強みがあるタイプに思える。
香港ゴールドCは11.6-11.7秒台のラップが連続するタイムトライアルのようなレースで、これをやや早めに動いて勝ち馬を追い詰めた。
前走は直線で進路が無くかなり仕掛け遅れての6着なので度外視可能。
元々ニュージーランドで走っていたこの馬は初条件のオーストラリアでも香港でも好走しているので、外的条件の変化は苦にしない。
香港の競馬は日本の競馬より緩急が小さいため日本の上がり勝負だと厳しかったが、宝塚記念は上がりの重要性がそこまででは無いレース。
土日の雨予報も歓迎で、強いこの馬を素直に推したい。

ゼーヴィント
2017AJCCがハイパフォーマンス。
ローカルの小回りコーナーでもスイスイ動ける辺り、追走力とコーナリングはかなりのものがある。
正直、宝塚記念では能力が一歩足りない気はしているが、コーナーワークが重点のレースになればこの馬が浮上するのでは。
特に前走は不利で着順を落としているだけなので、人気薄になるなら怖い。



2018ダービー

お久しぶりです。
最近はピンと来るレースが減ってしまい、ツイッターで軽く予想する程度になってしまっております。
(阪神大賞典もカフジプリンス出ないし...。)

ただ、やはり皐月賞、ダービー、菊花賞とクラシックレースはモチベーションが上がるので予想します。
皐月賞は的中したので、ダービーも当てたいところです。


・ペース
最内にスタート抜群のダノンプレミアム。
調教も攻めており、スタート直後のペースを引き上げる要因となりそう。
更に、外に皐月賞上位の先行勢(エポカドーロ、サンリヴァル、ジェネラーレウーノ)が揃っているので、外から切り込む形で先行することになりそう。
こういう形になると、落ち着いて位置を取りにいけないのでペースが上がりやすい。

・馬場
土曜日はイン先行有利。


○5キタノコマンドール
上記の条件を見た瞬間にこの馬だな、と思った。
先行力の無さは気になるものの、皐月賞で大外を回しながらもジリジリ伸びていた走りは高パフォーマンス。
すみれSの時点では能力の裏付けが一歩足りなかったが、前走で能力を確信。
インの中団~後方でペースが上がれば恵まれるのはこの馬。

○1ダノンプレミアム
高速馬場適性もあり、タイムトライアルからキレ勝負までこなしているので崩れない。
調教も十分で、弥生賞でも脚を溜められていたので距離の心配も無い。
人気通り強い馬。

▲15ステルヴィオ
皐月賞ではキタノコマンドールほどではないにせよ距離ロスがあっての好走。
グレイルと大差無い走りにも見えたが、こちらはスプリングS、サウジアラビアロイヤルCで直線巧者ぶりを見せている。
皐月賞はコーナーで脚を使わされたのが苦しかったと見れば、ペースが上がる今回は直線まで仕掛けを待てるのでパフォーマンスを上げる。

△12エポカドーロ
皐月賞では馬場と展開に恵まれたとはいえ、後続を離して最後は流す余裕があった。
今回は条件がやや悪くなるが、能力上位は間違いない。

買い目
三連複
1-5-15 200円
1-5-12 100円
三連単
1・5→1・5→15
馬連
1-5
計600円
14760円/2600円



カピバラの2017年の馬券成績とちょっとした振り返り

カピバラの2017年の馬券成績はこうなりました。

総合計

29190円/14100円。
回収率
207%

やばい回収率を叩きだしてしまいました。
安田記念で万馬券当ててそのまま勝ち逃げした感じですが、私生活が忙しく苦手なローカル開催をほとんどスルーしたことによって回収率が上がった気がしますw

2013年から買い目を全て公開して収支を付けてみましたがマイナスに落ち込んだ年は2016年だけなので、この5年間はなかなか好成績だったと言えるのではないでしょうか。

旧アメブロ時代(2010年か2011年ぐらいから書いてたブログ)はメダルゲームのことばかり書いていて、その時期は数年間掛けてゲーセンのメダルを元手500枚から2万枚にしたりしていました。
実は2015年にも拾った10枚のメダルからラッキーが重なり数千枚にすることが出来ましたが、そのあたりでメダルゲーム熱が一気に冷めてそのゲーセンには行かなくなりました。

競馬にハマった最初のきっかけは毎週日曜日の夕方にテレビで競馬番組を見ている父の影響によるものですが、競馬に本気で関心を持つようになったのは、詳細なレース展望を無料で動画で公開していた大谷内泰久氏、ニフティのコラムで知的な対談を繰り広げていた夏目耕四朗氏と半笑い氏、競馬をスポーツライクに分析されていたマームード氏、そして毎週欠かすことなく競馬に対する分析をブログを書き続けていたあみー氏らの予想や考察に触れたところが大きいと思います。
上記の方々の考えを知れば知るほど、競馬というものは、競馬予想と言う名の一つの壮大な実証実験を体験できる素晴らしいものだと思うようになっていきました。

何億ものお金が動くレースで、何億もの期待を背負った競走馬達がこれから繰り広げていく攻防の様子を、自分は手に取るかのように分析することが出来る。

もちろんそれは錯覚かも知れませんが、競馬予想の時点から既にそういった優越感を感じていた気がします。



今もそういう気持ちはもちろんあります。
ありますが、それは以前ほど強い思いでは無くなってしまったように思います。
その要因は一つでは無くて、忙しくなったことや他の趣味をいろいろと見つけたこともありますし、多くのレースで常軌を逸したスローペースを見せられたことや馬場傾向の変化で過去のラップ傾向が全く使えなくなってしまったことで、競馬予想の「点が線で繋がる」楽しみが減ってしまったこともあります。
あと一つ付け加えておくなら、あの時のメダルゲームと同じように、ある程度のことが分かってしまってそこから探求心を駆り立てられなくなってしまったというのもあると思います。

次は阪神大賞典あたりで帰ってこようかと思います。
それでは!

2018.2.4



2017ホープフルS予想

ジャパンカップ、有馬記念のマイナスが900円で、合計
29190円/13800円。


ホープフルSはあんまり予想する気はなかったが、出走馬を見ていたら買いたい馬が2頭見つかったので予想してみる。

☆ステイフーリッシュ
13.3 - 11.2 - 13.0 - 13.4 - 13.5 - 12.8 - 12.4 - 11.7 - 11.1 - 11.3
中京2000mの新馬戦。ドスローからペースが上がった4角を楽な手応えで大外を回し完勝。最後は流す余裕もアリ。この上がりの鋭さはなかなか。
月曜日に中山競馬場は雨が降っており、タフな中山2000mに変わればステイゴールド産駒の伸びしろもあると思う。
血統と騎手のせいか、インパクトのある勝ち方をした割りに人気が無い。

☆シャルルマーニュ
急坂の中京、小回りの小倉、重馬場で好走しているように、中山は走ってこそいないが示している適性は中山向き。
前走東スポ杯ではやや早いペースを追走しながらルーカスと僅差の3着。ルーカスは休み明けだったので今回はパフォーマンスを上げて来るだろうが、中山ならシャルルマーニュも適性で伸びしろを見せて来るので、人気の差が過剰に開いているのは間違いない。

☆13ステイフーリッシュ(前走上がり2F優秀。キレるステイゴールド産駒。中山で更にパフォーマンスを上げる)
☆8シャルルマーニュ(急坂の中京、小回りの小倉、重馬場で好走しており、中山適性高い。前走ルーカスと小差)

単勝
13 100円
8 100円
馬連
8-13
計300円

総合計
29190円/14100円。


来年からはブログよりもツイッターでの予想が多くなると思うので、興味ある方はチェックしといてください!
カピバラのツイッターアカウント



2017ジャパンカップ回顧

少し内有利。中盤少し早い。
シュヴァルグラン最内。
レイデオロ4角3.
キタサンブラックほぼ単騎。落鉄。
マカヒキ直線躓く。
サトノクラウン早めに動く。4角4.5。
シャケトラ3.5.

紛れの無いペースで流れ、能力上位の3頭が浮上。
京都大賞典では高速上がり4Fを押し上げて3着だったシュヴァルグランが、今回はインをロス無く先行し勝利。
キタサンブラックやサトノダイヤモンドと善戦するも勝利の無い戦績であったが、恵まれれば逆転できるくらいの能力は持っていた。
レイデオロは追走力も成長と共に身につけてきた。

シャケトラは宝塚記念で強かったのに今回は失速。
外を回されたし、直線入り口の手応えも悪くなかったので復調の兆しはあるか?
というより調教師の話で左回りは骨折の影響からか真っ直ぐ走れないらしい。今回もフラつくシーンがあった。
買い続けても元を取れる馬だと思っているので、少しだけでも有馬記念では買いたい。



2017秋華賞回顧

悔しいくらいに好レース。リスグラシューはとうとう大きなレースを一つも勝てないままクラシックが終わってしまった。

少し内有利~フラット。中盤かなり早く上がりかなり掛かる。
ディアドラ最内。直線外。
リスグラシュー4角3・4.
モズカッチャン0→2・3.

カワキタエンカはこんなペースで逃げて見せ場をつくるんだからすごい。
ディアドラのルメール騎手、3・4角で完全に脚を溜め切って直線で進路を素早く見つけた。素晴らしい騎乗。
能力的には、ハイペースを追走して早め先頭のモズカッチャンと外々を回って差を詰めたリスグラシューは勝ち馬と差が無いと思う。

京都外回り2200mなら、小回り実績を重ねてきたディアドラよりも、明らかに広いコース向きのリスグラシューが向くと思う。もちろん、差せる馬場で上がり勝負にならなければの話だが。
モズカッチャンもポジションの有利が活かせそうなら侮れない。



2017宝塚記念回顧

デムーロ劇場のようで、結構良いレースでしたよね。

フラット。中伸び。中盤早い。
サトノクラウン少し動いて先行勢を刺激。
ゴールドアクター最内。
ミッキークイーン外後方。
シャケトラ1.

少頭数で先行勢が6Fロングスパート。後方待機馬が有利になる。

ミッキークイーンは流れ的には恵まれたが好レース。

シャケトラはこのレースに至るまで受け身のレースをしてきた印象だったが、宝塚記念で見せた追走力と最後の粘りはG1級の能力だ。
天皇賞秋では不良馬場大外枠でノーチャンスだったが、今後買い続ける価値は高い。迷ったら買える馬。



2017京都大賞典回顧

夏から秋の競馬をあまり見てなくて、スマートレイアーが京都大賞典を勝ったと聴いて違和感が凄かったのを覚えています。

少し内有利。テン中盤上がり少し早い。L6F目5F目が緩いやや中弛みの平均ペース。
スマートレイアー最内。
トーセンバジル最内。
シュヴァルグラン4角3・4.早めに動く。

ロス無く立ち回ったスマートレイアーは恵まれたのもあるが、ラストのキレはなかなか。
妙味は無さそうでも、能力上位。



収支

菊花賞
+2310円
天皇賞秋
-600円

回収率
 29190円/12900円



2017天皇賞秋 展望

ネオリアリズム
クイーンエリザベス2世C
26.73-26.77-24.99-22.39-22.41
超絶スローペースを察したモレイラが3角手前でネオリアリズムを先頭に立たせて押し切った。神騎乗。
ネオリアリズム自身かなり掛かっていたので、一刻も早くマイペースで走りたい様子だった。
溜めに溜めたとはいえ、レース後半のラップはおそらく11.1-11.3-11.0-11.4みたいな感じで、破綻するかどうかスレスレのラップで押し切ったのは素晴らしい。ドバイワールドCのヴィクトワールピサを彷彿とさせる走り。

休み明けも走る方だし、重馬場も苦にしない。
良馬場の天皇賞秋ならちょっと末脚が足りないが、今回は普通に狙えそう。
マイペースとはいえモーリスを完封した札幌記念を見ても加減速の小さいペースは得意だし、マイルCSは距離が短いはずなのにハイペース耐性の高さで好走した。

重馬場でロードヴァンドールがペースを引き上げれば、東京でもこの馬の持続力が上だと思う。

サトノクラウンは重馬場歓迎も距離短縮マイナスで、リアルスティールは血統的にキレが増してきて重馬場マイナス。
キタサンブラックは宝塚記念は調子落ちとゴリゴリのスパートで競り落とされただけという敗因があり、ここでも普通に上位評価していいと思う。ワンターンの2000mより向いてるコースはあると思うが、位置さえ取れれば安定。

サトノアラジンは2000mもこなせるがパフォーマンスを上げて来るロジックは無い。
グレーターロンドンも対応するのは間違いないが位置取りがネック。
ソウルスターリングは能力未知数、シャケトラは外差し馬場なら一考。

○ネオリアリズム
△キタサンブラック
▽シャケトラ
単純に強い馬が軽視されてるので、ネオリアリズムの単複を200~300円買う買い目でいいのでは。
たくさん雨が降って欲しい。

買い目はツイッターで書く予定。