2016産経大阪杯回顧 宝塚記念で買いたいのは

フラット。テン2F緩く中盤少し緩く上がり早い。
アンビシャス単騎。
キタサンブラック単騎。

スローペースなのに前の2頭がノンプレッシャーで推移する楽な展開。
一番大きなミスをしたのはヌーヴォレコルトの岩田騎手。中盤から3・4コーナーにかけて馬を抑え込み、不用意に前の2頭との間隔を広げてしまった。マークするべきところを放棄するような競馬。

ただそのヌーヴォレコルト自身も以前ほどのキレを見せてはくれなかった。以前の俊敏さが有ればもう少し早い上がりを繰り出せたはずで、ラブリーデイはともかくイスラボニータにまで差し込まれたのは末脚のキレが鈍っているからとしか思えない。

池添騎手はそんな岩田騎手に構わず外から徐々に仕掛けて行った。前の2頭には届かなかったが、ショウナンパンドラにとって最低限の走りは見せた。

ラブリーデイはヌーヴォレコルトの後ろで下手をすれば勝負圏外に消え去る可能性も有ったが、直線だけでなんとか差を詰めてきた。最後はデムーロ騎手が諦めて流していたので、もう0.1秒なら詰める余地が有った。
58キロを背負ってこれなら、衰えは全く感じない。

キタサンブラックはジェンティルドンナを見ているようだ。
展開利を作り出して、その中でキッチリパフォーマンスを発揮してくる。
展開を支配できる馬は強い。

アンビシャスは新味を出しての勝利なので価値は高いが、更に距離延長する宝塚記念はさすがに厳しいと思える。
今回も横山騎手の好騎乗と展開利が有ったからこその勝利なので...。


宝塚記念で買いたいのはラブリーデイ。

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。