2017シルクロードS予想

スプリンターズSでソルヴェイグが3着、シュウジが4着、そしてナックビーナスやレッツゴードンキが近走で好走していることから考えても、2016キーンランドC組はかなりレベルの高いメンバーが集まっていた。
そのキーンランドCを制したブランボヌールはスプリンターズSでビッグアーサーに寄られて少し不利を受けている間に前の進路が狭まり、十分に追えないまま11着。
11着と言っても0.3秒差で、十分に追えていたら3・4着まで着順が上がっていてもおかしくはない。

シルクロードSの現在のオッズはソルヴェイグが4.2倍、ブランボヌールが10.3倍なので、これは明らかに前走の額面の着順が評価された形。
妙味アリ。

キーンランドCの勝ち方も大外から捻じ伏せたもので、京都のようにレース後半の持続力が問われるコースにも対応できると判断する。


NHKマイルでシュウジ以上に粘っていて、キーンランドCでシュウジに勝利した時「やられた!」と思ったので、今回は買います。


12ブランボヌール(スプリンターズSゴール前追えず。キーンランドC好内容)
単勝
12 300円

回収率
 2160円/1700円

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。