2016中山記念回顧 圧倒的な力量差を見せつけた

2016中山記念
テン少し緩く中盤早く上がり2F早い。
ドゥラメンテ4角3・4.少し膨れる。早め先頭。
イスラボニータ1角2・3.かかる。4角4.

ドゥラメンテはリアルスティール・アンビシャスより2キロ背負って、そしてその2頭より強い競馬をして勝利。
骨折明けだが、圧倒的な力量差を見せつけたと言っていい。
コーナーで手前を変えられず外へ膨れかけたり、ゴール前少しソラを使ったのか持続力不足なのかやや足が鈍ったのは愛嬌のようなもので、弱点ですらない。そんな強さに思えた。
今回底力・キレを改めて示し、このラップで楽に上がってこれた手応えを見るとスピード・持続力もかなり備えていると判断出来る。

アンビシャスはマイラーの追走スピードを見せてきたか。
マイルCSが向くはず。

リアルスティールもマイラーの資質は有るが中長距離でもパフォーマンスの下げ幅は小さい。
追記:
スローのドバイターフ、天皇賞秋とジャパンカップの走りを見ても、1800mで流れるペースはそもそも忙しい。
特に、坂での急加速力に欠ける印象があるので、後手に回って仕掛け遅れると持続力を引き出せない。
今回も後ろから勢いを付けたアンビシャスと、仕掛け遅れて少し脚を余したリアルスティールの対比が強烈に見えた。

イスラボニータは外々を回りかかってスタミナロス、コーナーでも早々に脚を使わされて持続力不足で全く伸びなかった。

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。