2016武蔵野S回顧

テン2F僅かに早く上がり4F早い。緩急小さく、少しスロー。
タガノトネール
ゴールドドリーム4角2・3.
カフジテイク4角4・5.
キングズガード4角3.
モーニン4角1・2.

スピードダートの東京1600m実績あるゴールドドリームが2着。

カフジテイクは芝スタートで遅れる感じがあった。

モーニンは物足りない走り。59キロと内に閉じ込められたのが苦しかったか。
とはいえチャンピオンズCでも直線でモタついていたので、キレ・スピードの衰えがあるのかもしれない。

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。