2017中山記念予想

中山の芝は少し内有利な印象。

リアルスティール
天皇賞は「スローの2000mを外から差して好走」
ジャパンカップは「スローの2400mを先行して最後少し失速」
追走スピードから考えると、平均ペースの2200mがベストだと思われる。
1800mならスローで外から仕掛けていける展開が望ましい。昨年の中山記念のように仕掛け遅れると能力を出せない。
その点で戸崎騎手は不安。
天皇賞秋の内容はどう見てもアンビシャスより上だが、コース適性はやはりアンビシャスに分がある。

アンビシャス
天皇賞秋は伸びにくい内を走らされ4着。
昨年の中山記念の走りは好内容だったので、ここでもリアルスティールと互角の評価。

ネオリアリズム
香港マイルは流れたペースを2番手で追走し最後は失速。
頭が高い走りだからか、平坦実績が多い。
中山金杯で伸びきれなかったのを見ても、中山は合わないのでは。

ロゴタイプ
香港マイルは流れたペースのインを先行して見せ場ある5着。好内容。
昨年の中山記念は中盤で一気に流れが早くなったがコーナーで緩んで直線で再加速する競馬になってしまった。
高速馬場で緩急が無いペースなら、昨年の2・3着馬との差が今年は詰まる。

ヴィヴロス
ドバイへの叩きで調子も上がっていないようなので、一線級と戦うには厳しい。

ツクバアズマオー
本格化したステイゴールド産駒。
前走内容はペースが流れた恵まれもあったので、メンバー強化されると足りない。

ヌーヴォレコルト
2016年の4月から能力に陰りを見せてきている。

マイネルミラノ
単調なペースに強いのでラップ派としては一貫ペースになりやすい中山1800mでこの馬を気にかけない訳にはいかない。
勝利した函館記念は単調な5Fスパート戦で、2着した新潟記念も追走スピードを問われる競馬。
1800mなら巴賞のようなタイムトライアルのようなレースができる馬だと思います。


リアルスティール、アンビシャスの2強。
条件揃えばロゴタイプ、ノーマークで恵まれればマイネルミラノをチェックしておきたい。

マイネルミラノの単勝は絶対押さえときます。


○4リアルスティール(能力上位)
○7アンビシャス(能力上位)
△9ロゴタイプ(中山巧者)
☆2マイネルミラノ(単調なペース得意。中山1800mはラップ適性抜群)

単勝
2 200円
馬連
2‐4・7
三連複
4‐7‐2・9

計600円

回収率
 2560円/3700円

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。